超短期売買の検証|いつ買ったら上手く行く?株の高い安いの意味再考

複利で逆転するか、それとも退場するか

超短期売買においていつ買ったら上手く行くのか?

一筋縄ではいかないテーマ。

試行錯誤の過程をご紹介します。

スキャルピングでは結局自分が買った後に値上がりしてくれないとダメ。

下がったら負けです。

高い・安いはスキャではその意味で絞られてくる事になります。


スポンサーリンク



安く買って高く売る?

本日午前9時00分、前場寄り付き、私のスキャルピング売買はまた始まりました。

ここ数営業日のデイトレードでは、天井で買ってスキャルピングして降りることを繰り返しています。

今までは少し押したところで買うとか、初動でインするとか、何とか天井でジャンピングキャッチすることを避けるための方策を念頭に入れていました。

理屈で言えば、少しでも下で買って上で売る方が理にかなっているとの考え方です。

ところが、それで事実、勝てていません。

少しでも安く買おうとしても、売る値段がさらに下になってしまいます。

結局、上で買って下で売ってしまっているのでは、儲かる訳もないです。

つまり、安く買おうと言う考え方は誤りであるとの結論。

高い・安いは人間の思惑

では、高い値段で買えば良いかと言うと、それもまた違います。

高い安いは相対的なもので、人間の勝手な思惑であり、結果論に過ぎません。

それらを先取りすることもできません。

もう、高い・安いと言う考え方をやめました。

チャートを見るのもヤメ。

板の値動きだけを見て売買。

値上がりしそうになった時に、すかさずついて行くことだけを考えています。

不思議なことに、値上りしそうになる瞬間と言うのは、株価が上がっていて天井に近いところ。

そんな調子ですから、コワくて生きた心地がしません。

高い・安いの思惑に乗る

もちろん株価が安値圏にある時、強烈なリバウンドで上がる場合もあります。

しかし、昨日終値比でマイナスの株は、ストップ安の値段に近づいていると言うことです。

もし何かあったら、ストップ安張り付けを食らうかも知れません。

そもそも、特別売り気配を食らったら、損切りをすることも不可能になります。

特別売り気配に巻き込まれたとしても、ストップ安に張り付けられる前に損切りできる可能性のある価格帯。

それはやはり、株価が昨日終値比でプラス圏にある株です。

そして、その方針に従ってスキャルピングをした結果…。

このおっさん、調子に乗ってる?

注意すべきは、ストップ高を連発したような株。

IPO株で初値がつかずに売り出し価格の倍、あるいはそれ以上の株価で初値をつけるような銘柄。

そういう銘柄は、急騰している途中でいきなり特別売り気配になる場合があります。

つまり、上がり過ぎた株にも要注意。

スキャ手法、開眼希望

まだこのやり方を取り入れてから、数営業日ですから。

そのうちワンショットが大きくなったところで、思い切り下げを食らって、大損しそうです。

スキャルピングトレード、開眼を切に希望します。

「それで、今日、いくら儲かったのよ?」

複利の雪だるまと大損の格闘

勝率がある程度高ければ、徐々にワンショットの金額を増やしていくことによって、一回のトレードの利益は段々に増えて行きます。

その増え方に複利が効いてくるのであれば、利益は雪だるま式に増えます。

雪だるま式に増えると言っても限界はありますが…。

しかし、ワンショットが大きくなったところで思い切り損切りを食らい、結果的に大損すると言うのば良くあるパターンです。

私のデイトレードは今までそれですから。

ですから、損切りをするならとにかく速く降りなければなりません。

そこの判断がとても難しいです。

スキャルピング検証のキモとは…?

損切りをする場合も、少しでも上でカットしなければなりません。

そのためには、下げのスピードが少しでも遅い局面でインする必要があります。

そんな都合の良い局面なんてあるのでしょうか。

そう考えて、結局はいろいろな人がどんどん買ってくる瞬間に買いを入れるしかないのだと、そういう結論です。

誰かが買ってくるからこそ、下げる場合もじわじわと下げてくれます。

皆が同時に売って来たら、直線的に爆下げするか、特別売り気配になってしまいます。

考え得るもっとも買いが集まる瞬間。

それを求めてスキャルピングの検証を続けたいと思います。

それで、本日のトータルの儲けですが…。

注目記事

株価動向の予測の仕方|株式あるある|投資家になるための2ポイント

日経平均の高値・安値とは?デイトレ風情が思う失われた30年の秘密

米国中間選挙と日経平均株価リバウンドの相関性|4つのアノマリー確認?

株の買い時|10月に下がる?スイングトレード経験則|私の相場アノマリー


広告


11月14日のトレード結果及びポジション

この利益、ギャグですか?

それとも、中学生のお小遣いですか?

持ち越し株が明日ギャップダウンしたら、簡単に消し飛ぶ利益。

我ながらなかなか豪快です。

逆の意味で…。

【デイ新規建売買代金合計】(買建)概算210万円
(売建)なし
【デイ売買銘柄】(買建)1435TATERU、3655ブレインパッド、3928マイネット、4393バンク・オブ・イノベーション、6235オプトラン、9450ファイバーゲート
(売建)なし
【デイトレード損益】+0.4万円
【スイングトレード損益】なし
【本日のトータル結果】+0.4万円
【今月の損益】-4.1万円
【持越ポジション】新規買建2銘柄(新興株×2)
新規売建なし
【含み益】なし
【225オプション】ポジションなし


広告


勝てない仕組みと理由を研究

  1. コツコツドカンを図示すると…

    少額資金でデイトレード|12連続勝ち株式投資の蜜の味その手の内は

  2. 経験則をどう身に付けるか

    株で1日1000円稼ぐ実況|デイトレ ネガティブ連鎖の闇を打ち破れ

  3. 飛行機から急落下する人の図

    損切りタイミング同値降り 私のやり方|引け後に漏らす含蓄あるお言葉

  4. 急騰する1分足チャートの拡大イメージ図

    株のスキャルピング手法で注意すべき症状|100勝10敗でとんでもない目に

  5. 4本目の足が下落しているチャート

    スキャルピングの手法|初心者向けコツとは?10分5億円銘柄当て株売買

  6. 利き手によるサービスの違い

    ティックトックがウザい?じゃ見なきゃいいじゃん(フリックしまくり)

  7. 3本の陽線上昇のチャート

    スキャルピング手法|信用取引で30万資金無限回転、ストップ安に震える

  8. 売り・買い交換ボタンシステム

    株と欲とツイッターの日々|思わず手が出てブログ絶筆!何コレ恐い

  9. デイトレードのスタート・ゴールと分かれ道

    PTSでスキャルピングどうよ?わいらの行着く先は株式投資熱中症か

  10. 日経平均株価とトヨタ自動車の20年間のチャート比較

    株を副業としておすすめできない7つの諸事情【実体験版】がエモい

  11. 損切りと大損の包含関係

    投資失敗の包含関係|3つのトレードコントロールで勝ちまくる方法論

  12. ニューヨークダウが-300ドル以上下落の分足

    株のデイトレーダー生活メリット・デメリット8選|ヤバすぎ悲鳴涙の日々

  13. 順張りスキャルピング

    スキャルピング手法成功への布石|直近22営業日に試した2つの手法とは?

  14. 経験則をどう身に付けるか

    長期投資と短期投資の比較|どちらが優れているか?優位性を明らかに

  15. 川で流れから離脱する方法

    株の損切りルール|おそるべき生き残りの手口は地震・火事にヒントが

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. デイトレに適したボトムスの選び方|崖っぷちのパンツに合理性ありか

  2. 2019年10月第3週|日々のトレード結果|閑散相場つれーつれー

  3. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年9月月間損益|デイトレード年間損益マイナスが見えて来た

  4. コツコツドカンを図示すると…

    2019年10月第2週|日々のトレード結果|退場秒読み御開帳相場

  5. 波間で溺れる人の図

    2019年10月第1週|日々のトレード結果|オレまだやるの相場乙

  6. 同心円を追加した図

    2019年9月第4・5週|日々のトレード結果|月末プラ転お祈り相場

  7. ジリ上げ後に急落するチャート形状

    2019年9月第3週|日々のトレード結果 “女心と秋の空” …

  8. 孤独に傘をさす男のシルエット画像

    2019年9月第2週|日々のトレード結果|台風一過コツドカ急先鋒

  9. トレードの結果の分類図

    2019年9月第1週|日々のトレード結果|閑散相場から脱却への道はい…

  10. デイトレの休日|無の空間から帰還できず涙する 2019年8月月間損益

広告
広告