職場で最善のホワイトデーお返し成功例|シンプル過ぎるお薦め必勝法

この記事は約6分で読めます。

ホワイトデーの返礼品の選び方。

経験上うまく行ったやり方をご紹介します。

要はその時、もっとも喜ばれる気の利いた一品。

時とともに流行りすたりがあるのは世の常。

お目当ての品の絞り込みにかかってください。

ご健闘をお祈りします。

ホワイトデーのお返しで女性を喜ばせる最善の手法とは

【結論】

知り合いのうち最も美人だと思われる女性に、ホワイトデーのお返し品で

  • 何が一番良かったか?
  • 何が一番うれしかったか?

を聞きます。

その品をそのままホワイトデーのお返し品とすればOKです。

この方法は、ホワイトデーに限らず、あらゆる女性への贈答品・プレゼントにおいて使えます。

【理由】

ホワイトデーに限らず、異性から多くの贈り物をもらっているのが美人さん。

少なくとも不美人よりその機会は多いです。

従って、美人ご本人に直接、何が一番良かったか・うれしかったかを聞くのがよろしいです。

【注意点】4選

女性から女性に聞いてはいけない

女性から女性に聞いても必ずしも詳細データは得られません。

なぜなら、女性同士の中でやっかみを買われることを無意識に恐れているからです(後述)。

美人の場合は特に、他の女性に本当の事を話すことはありません。

後々の面倒ごとを警戒するためです。

賢い美人の使える情報ほど、女性同士の中では差し控えられる傾向あり。

現実は皮肉。

他の女性がいないところで聞いたほうが良い

他の女性がいたばかりに口をつぐむ、そういう美人女性は多いです。

なぜ複数人で固まっている女性が多いか、おわかりでしょうか?

不思議な力学が働いた結果、グループで行動することが多くなります。

グループでいる場合、女性は簡単に口を滑らせることはできません。

美人女性を一本釣りして情報を聞き出さなければならないとは、男性諸君も気の毒ですが…。

水商売関係の美人のデータは特殊なのでパス

水商売関係で働いている女性には、美しい方が多くいらっしゃいます。

しかし、彼女たちがもらう贈り物は、比較的高価な場合も少なくありません。

このため、得られるデータは高額品に偏る傾向があります。

そのような方面で働いていない美女。

そういう方のデータを参考にしたほうが、安上がりに済むデータが得られます。

不美人な女性に聞いてはいけない

不美人な女性に情報(ベストのお返し品)を聞いてはいけません。

なぜなら、異性から義理や手抜きのお返し・贈答品ばかりをもらっていることが多いためです。

その結果、偏ったサンプルから無理矢理にベストの品を抽出した結果になることが多いです。

男性側としては、女性に本当に喜ばれる品をセレクトするのが目的ですから。

抽出結果が偏っていますので、聞くだけ無駄です。

(厳しいことを言うようですが…。)

男性ならわかる気合いの強弱

群を抜いた美人の場合、男性が気合いを入れた贈り物・プレゼントをしていることが多いです。

  • 少なくとも不美人の場合よりはその傾向が強い。
  • 贈り物をもらう機会も不美人に比べ多い。

このため、美人と不美人ではその抽出結果(ベストな贈り物の選定)にかなりの開きが出ます。

当然ながら、

  • ネット上の贈り物ランキング
  • ホワイトデーお返しランキング

などを信用してはいけません。

なぜなら、その原稿を書いているご本人が

  • 美人か否か不明
  • 性別さえ不明

この状態では、データの信頼性はかなり心もとないと言えるからです。

もちろんこの記事では、普遍的な方法論を取り上げているのでOK。

美人の知り合いの情報を活用する

私の場合、偶然と言うかラッキーなことに、親戚の関係者に結構な美人がいました。

(ちなみに私自身はブサイク。)

親戚だったために、ブサメンな私でも気軽に質問をすることができました。

そして、女性と言うのは不思議なことに、男性に対しては自分がもらって一番うれしかった品を事細かに説明してくれます。

なぜ美人は男性に自分の戦利品を詳しく教えてくれるのか?

男性からこんなに良い贈り物をもらったと言う話は、女性同士ではあまり明らかにできません。

美人ですとなおさら、その傾向ありです。

他の女性のやっかみを買ってしまうことを、無意識に恐れています。

しかし、男性からはやっかみを買うことがないので、詳しく教えてくれると言う仕組みです。

実は男性側は、信頼性の高いであろうデータが聞き放題。

聞く機会があればの話ですが…。

女子勢が本気で喜んだらガチの歓声が上がる

男性のホワイトデーは奮発しないセオリー

男性からすると、たいていの場合、ホワイトデーごときで奮発したくはありません。

単なる義理ですし、面倒くさいからです。

適当に安く済ませておこう的な。

しかし、私が実力以上の奮発をした威力は、思いのほか凄かったです。

美人の親戚からベストのお返し品(後述)を聞き出した私は、その品をそのまま同僚の女性たちに配りました。

すると、思いもよらぬ効果が。

スイーツに女性の人だかり

そのお返し品は、単なるデパートで買ったスイーツ(後述)でした。

そのスイーツが置いてあるテーブルの周りには、歓声とともに女性職員たちが集まりました。

「これどうしたの?」

「これ誰から?」

そう聞こえて来ただけで、大成功だと思いました。

私の職場では、お菓子などの食品(旅行のおみやげ等)をやたらと職員同士で持ち寄る習慣がありました。

安くて軽量なお菓子が配られることはしょっちゅう。

男性職員がスイーツを持ってくることも、交代制で一年中。

しかし、そんなに歓声を上げながら女性職員が集まるようなことは、その時までただの一度もありませんでした。

「なんでお菓子ごときでそんなに喜ぶの?」

と思いましたが…。

その時、美人は女性が喜ぶツボを一番良く知っていると言う事が証明されました。

後日談:スイーツの奇妙な報酬

その件があってからしばらくの間は、私に対する女性職員の不思議な行動が見られるようになりました。

どうも後から聞いた話によりますと、「私がおカネを貯めこんでいる」との間違った情報が行きかったようです。

おカネが余っているからスイーツを奮発したのだと。

それに気づいたきっかけは、ハンガーにかかっている私のコートやスーツのタグを見て、ブランドを確認する女子が現れたからです。

「人のスーツを裏返して、なにタグ確認してるんだよ?」と思いましたが。

ネクタイをつかまれてひっくり返され、ブランドを確認されたこともありました。

身の回り品を全てチェックされる結果に…。

実際の話、おカネを貯めこんでなどいませんでしたので、無用の疑いをかけられました。

スイーツの報酬を約束する美女

それでもホワイトデーのお返しの報酬としては、望外のプラスだったと思います。

自分についての評価に何も進展がないよりは、いくらかマシ。

皆さんもこの手法、やってみてはいかがでしょうか?

ちなみに私がその時ふるまった品は、“キハチ” と言うブランドのスイーツです。

未だに“キハチ” が有効化どうかはわかりません。

とりあえずその時はウケが抜群でした。

今のことは、今の美人に直接聞いてみてはいかがでしょうか。

「“KIHACHI” ってどうなのよ?」と。

女性が喜ぶ最も効果的なお返し品の選び方

世の中には必勝法と言うモノがあります。

必勝法は誰も口外しません。

なぜ私がここで、そのやり方をお教えしたか?

それはあなたにモテてほしいからです。

なおかつ、公開しても効果が減ずることのない、普遍的な手法だからです。