ヤバい相場で勝負する方法

この記事は約4分で読めます。

世界の情勢が混沌を極め、実に危険な様相を呈して来ました。

いわゆる、ヤバい相場であります。

ヤバい相場はノーポジ。

それも一つの方法ではあります。

しかし、当方、こういう時こそポジションを張る習慣。

なぜなら、不思議に値動きが悪くない。

ヤバい相場こそ、グイグイ来る。

そんな傾向が無きにしもあらずなのであります。

以下、素人の相場感想文につき、ご注意を。

スポンサーリンク

上がる株を全て買う

どれが上がるかわからない。

であるからして、候補銘柄は全て買う。

分散買いによって、リスクを低減するのであります。

目が効く人であれば、ある程度の確率をもって、上げを取ることができます。

すなわち、この手法においては、目が効くようになる必要があります。

そうすれば、確率によって、利益が手に入るのであります。

全ては確率であります。

確率が悪くなれば負けるし、良ければ勝てる。

そして、日々、確率を上げるためにデータを集める。

これがスイングトレーダーのルーティーンであります。

では、どのようにしたら確率が上がるのか。

極端を狙う

極端な値動き狙い。

素っ高値でも良いし、爆下げからのリバでもよろし。

その中で、どこかで値幅をガッツリ取れないか。

これを日々意識しつつ、監視するのであります。

ずっと横ヨコの銘柄を見ていても、上がるタイミングはなかなかやってきません。

グイグイ上げるからこそ、そこからちょっとだけ頂くことができるのであります。

そもそも少ししか値動きがないのであれば、頂ける可能性もわずかになってしまいます。

であるからして、ヤバい値動き、グイグイ来る値動き。

極端の中のチャンスを、目を皿のようにして探すのであります。

地味株を見逃さない

では、地味株はダメなのかと言えば、そんなことはありません。

地味な目立たない株、あるいは、主力株で値動きがあまりない株でも、平気で1日に3%くらいは動くものであります。

3%も取れれば十分であります。

ですから、地味株も見逃さない。

極端な値動きの株と、地味株の両方からチャンスを探す。

これにより、候補銘柄を増やすことができます。

横ヨコ・プラマイゼロと言うのも悪くありません。

損さえしなければ良いのであります。

そして、持ち株の中から、偶然グイグイ上がる株が出てくることを期待する。

日々、横ヨコ以上、爆上げ以下の銘柄を探し続け、その精度を上げて行く。

ただし、下げたら仕舞いであります。

下げたら仕舞い

スイングトレードにおいては、下げたら降りる。

何のために分散して買いを入れるのでしょうか。

やられた時の被害を少なくするためであります。

分散しているからこそ、下げた銘柄はさっさとぶん投げ。

逆に言いますと、ここで下手に耐えてしまうと、傷口を広げる結果となります。

ナンピン買いは原則、禁じ手であります。

むしろ、ナンピン買いをしないで済むよう、トレード手法を組み立てなければなりません。

さもないと、勝負をどんどん先延ばしすることになり、挙句にドカンとやられる可能性を増やしてしまうのであります。

ナンピン買いは何のヘッジにもならない。

ヘッジをするには掛け捨て保険がよろしゅうございます。

プット買い

相場が思い切り下に振れる可能性がある。

そうなった場合には、安いプットを買っておくのがよろしゅうございます。

最初からこのプットは捨てる、この考えのもとに、掛け捨て保険としてプット買い放置をするのであります。

安いプットはいくらでもありますので。

当方、今やアレが暴発する危機にあると見て、とりあえずプットでヘッジをかけています。

実に、掛け捨てのまま、過ぎ去ってほしい。

さて、本日のトレードは、デイなし・スイング勝ち。

1銘柄が大幅下げしやがったので、トータルの儲けはいまいち。

デイはいりませんな。

スイングで勝てるのなら、デイ意味なし。

プットについては、爆益などまったく望んではおりません。

そのうち1円張り付きで結構であります。

今回の場合、ヘッジが功を奏すればするほど、世界が終わりに、と言うことにもなりかねない。

かの国がやらかさないことを祈ります。

いろいろ買い持ち。