爆上げ銘柄で食らわない方法

この記事は約3分で読めます。

急落を食らい、そのままストップ安張り付け。

なんと怖ろし相場の鉄槌。

最悪の場合、S安連発で逃げられないなんてことも。

この爆下げ罰ゲームを何とか避ける事、これ、短期トレードの急務。

そのためのマイルール。

すなわち、3倍相場は離れる。

このルール、長らく実践中であり、そこそこの効果ありと考えています。

ただし、これで全て安心と言う訳ではありません。

かえってチャンスを逃してしまい、地団駄を踏む場合もあります。

実に相場は難しい。

スポンサーリンク

なぜ3倍相場なのか

短期に3倍まで上げた株は危険、との判断。

従いまして、当方、3倍上げたクソ株には手を出しません。

忌むべきドカン大爆下げ。

何より、これを避けることが急務であります。

上げ相場は恐ろしい。

急激な上げほど危険性は増します。

ストップ高が連発し、値幅制限の上限が撤廃された場合など、一日で100%上げるなんてこともあります。

IPO株も要注意です。

初値をつけた時点で、すでに高すぎる場合も少なくありません。

この場合、売り出し価格から換算し、3倍を超えていないか、チェックするなどをしています。

相場とはまことに皮肉。

濡れ手にアワで手に入れた利益も、寄らず値つかずのストップ安を食らっては、何の意味もないのであります。

そもそも、利益を失うだけなら問題はありません。

もっともまずい事象、それは、利が乗ってもいないのにとんでも下げを食らうこと。

過去の例では、数日でストップ安を差し挟み、7割下げなんてこともありました。

したがって、この3倍相場を離れるルール、以下のきわめてまれな例を除き、当方は常時かたくなに守ることを常としています。

3倍で必ずしも離れない例外

ストップ高張り付きの状態

ストップ高に張り付いて引けた場合、ギャップアップの可能性に賭け、持ち越す場合があります。

しかし、そんな銘柄を買える場合はまれ。

実際の話、S高張り付けで引け、翌日S安気配なんてこともなくはない。

危なすぎるのであります。

そもそも、3倍相場から離れている筈なのに、その3倍の頂点でストップ高をつかめる筈もありません。

従いまして、これは例外中の例外であり、たまたま乗れた場合は必ずしも降りない、と言う程度のものであります。

下のほうから持ち越している

3倍相場のスタート地点から持ち越している場合。

十分に利が乗っているのであれば、すぐに利益確定をする必要がありません。

しかし、下からホールドして3倍と言うのも、なかなかにして達成困難。

急激に3倍も上げる株はボラティリティが大きすぎるのです。

このため、たいていは振り落とされてしまう。

すなわち、このケースもまれ。

それほど心配する必要はないと言うわけであります。

3倍まで上がる期間

ゆっくり、何年もの期間をかけて上がる場合は、たとえ3倍上がったとしても、それほど気にする必要はありません。

値固めができているためです。

値固めとは、ある程度の出来高をこなし、時間も経過し、マーケットに株価がしっかり周知されている状態を言います。

この場合は、正当な評価がなされた結果であると考えることもでき、急落を心配する必要はあまり高くありません。

では、どのくらいの期間を経て3倍上がるなら良いのでしょうか。

それはよくわかりません。

しかし、3倍相場が数営業日で達成された、など言う場合、これはなかなかに危ない、と言うことであります。

リスク低減のためには、このような株を避けておく。

それが当方の習慣であります。

さて、本日のトレードですが。

思い切りデイでやられました。

スイングの利益は思いのほかショボかった。

海運株がたいしてギャップアップしませんでした。

このため、デイで利益をすっ飛ばし、涙。

明日こそ、この雪辱を果たしたい。

目が血走った状態で持ち越し継続。