上がってんの買ってくしかないっぽい

この記事は約3分で読めます。

当方、長らく悩んだ末の結論。

それは上昇株に乗ると言うこと。

結局のところ、それしかありません。

特に、相場が上がり始めたら、この一手であります。

相場が上がっているのに下げている株を買うほど、効率の悪いものはないのであります。

なぜか?

これにまつわる、当方の相場感想文は以下であります。

スポンサーリンク

流れに乗るとは

「当たり屋につけ」

「当たり屋にちょうちん」

この相場格言をご存じでしょうか。

いささか物騒な格言であります。

当たり屋とは、相場において、予想が当たっている者を指します。

予想を当てることは難しい、しかし、当たり屋につくことは易しい。

当たり屋にちょうちん買いを入れることで、流れに乗ろうと言う、この魂胆。

ちょうちん買いとは、誰かの買いに追随して買いを入れることです。

なぜちょうちん買いが発生するのか?

流れに乗るためです。

流れに逆らったところでロクな目に合わない、相場とはそんなものであります。

上がりを買う

したがって、上がっている株を買う。

結論としてはそういう事になります。

しかし、これが何ともやりにくい。

上がった株は、すでに高くなっています。

高値づかみの心理障壁。

流れに乗ると言うことは、ストレスに耐えると言うことであります。

買いにくいものを買えて初めて利益が出る。

まことに相場は皮肉なものであります。

この心理障壁をどう乗り越えれば良いのか。

ちょうちん踏み上げ相場の模索であります。

踏み上げ相場とは

ちょうちん買いが入り、空売りの筋が踏み上げる。

相場名物であります。

空売りの名手は、こう言います。

相場には勝てない、と。

強情を張ってカネにモノを言わせ、相場を抑え込もうとした筋は、たいてい大きくやられます。

担がれたなら、すぐ切らなければならない。

これが空売りの筋の鉄則となっているのであります。

なぜそう言えるのか?

世の中は買いより空売りの者の方が遥かに少ないからです。

空売りとは、株を借りて来てから得る仕組み。

借りて来れない限りは売れないので、自動的に少数派とならざるを得ない。

そんな手筈となっているのであります。

手法の手の内

空売りは多勢に無勢、との結論であります。

多勢に無勢とは、多人数に対し少人数では勝ち目がないと言うことです。

すなわち、相場上昇時には長いモノに巻かれるべし、と。

これで長らくやっております。

しかし、残念ながら、これだけで全てが上手くいくとは限りません。

いくらか有利となる程度。

なぜなら、注意すべきは、流れに乗ったばかりに、濁流の煽りを受け、ポシャる現象です。

流れの中のカオスは、泳ぎの名手でさえ、溺れさせ得るパワーを持ちます。

流れに乗ってポシャる

まず、この動画を見てください。

全国大会連続出場、全国2位の泳ぎ手。

そもそも、この川の流れは、濁流と言った類いのものではありません。

この泳ぎ手は、恐怖を感じたと言っています。

一見何でもない川において、ひとたび入り込んだら、完ぺきに御することは難しい。

流れとは、そういう類いのものです。

表面だけを見ただけでは、その深みのカオスはわからないのであります。

相場で言えば、一撃退場もあるよ、と。

そんな思いで、当方も流れに飛び込んでみました。

本日の結果はスイング勝ち。

玉は小さかったのですが、1銘柄ストップ高張り付きを持っていたので、そこそこの利益。

難しい相場が続きますな。

素っ高値、再度いくつか買いで引け。