物色の矛先を探す方法

この記事は約3分で読めます。

相場とは、思惑通りに動いてくれるかどうか。

思惑を外したら負けです。

そして、買いで入るなら、インした後にさらに買いが入ってくれる必要があります。

相場に援護してもらわなければ、勝てやしないのです。

相場の援護とは何か?

物色の矛先です。

自分の買いの後に大量の資金が入ってくる。

この見極めが物色の矛先探しであり、相場が思惑通りに動いてくれるか否かの試金石なのであります。

当方のその思いは以下のようなものであります。

スポンサーリンク

物色とは資金の集中度

物色とは、より資金が入ってくるかどうかです。

資金が入ってこない所に相場はならず。

すなわち、より多くの注目を集め、徐々にあるいは一気に、集中的に資金が入ること。

これを読まずして、思惑通りに動く相場はありません。

では資金が集中するとは何か?

売買代金か?

残念ながら、その答えは一言で説明しにくいのであります。

何かの指標を見れば、その答えがわかる類いのものではありません。

一筋縄ではいかない、複雑かつ曖昧模糊とした資金の流れ。

これを読み、そこに乗る必要があるのであります。

その方法の代表格が、コアとなる銘柄に注目することであります。

コアとなる銘柄を探す

コアとなる銘柄は、相場を牽引する、あるいはそう錯覚させるほどに目立つ銘柄。

グイグイと陽線が立っていることが多い。

陽線のみならず、売買代金もかなり多い。

しかし、売買代金だけでは判断がつきません。

そのような単一の要素で抽出すると、相場の偏りを無視することになるためです。

例えば、主力の大型株は元から売買代金は多い。

これが相場本来の偏りです。

したがって、単一項目だけで判断すると、その偏りをそのまま受け入れざるを得ないのであります。

結果、コアとなる銘柄を見逃しがちとなります。

すなわち、単一でない複数項目について比較し、優劣を判断する目が必要です。

複数の銘柄群を比較する

まず、候補銘柄を抽出する。

ざっくりと大まかに、コアとなりそうな銘柄を拾っていくのであります。

このうち、より注目度の高いと思われる銘柄を選別していきます。

例えば、原油株と商社にきていると思われる場合には、双方を比較します。

そのとき見るのは、次により資金が来そうな分野はどちらなのか。

最終的には相場勘、と言うことになります。

知識や経験はもちろんあった方がよろしい。

しかし、知識や経験が全てかと言えば、そんなことはありません。

なぜなら、我々は相場のプレイヤーだからです。

プレイヤーには必ずしも知識と経験は必要ありません。

それが求められるのはプレイヤーではなく、コーチの方だからです。

大事なのは本能であります。

本能とは何か

結局のところ、次に買いが入る先を探すに必要なものは、本能であります。

なぜなら、マーケットは必ずしも理屈で動いていない。

野性の本能がマーケットを突き動かすのであります。

ブルとベアの本能。

ブルとは雄牛、ベアとは熊を指します。

彼らが理屈で動く筈もありません。

そして、われわれは彼らのフィールドに分け入っていくプレイヤー。

野性と人間の本能のぶつかりあい、と言うことであります。

ブルもベアも頂くぜ、と言う気概。

さて、本日の結果はスイング勝ち。

原油株あたりがグイグイ来てくれました。

日経がほぼ横ヨコ、まあこんなものですな。

持ち株は下げた銘柄もあり、横ヨコのものもあったので、トータルの利幅はたいしたことありません。

毎回大きな値幅を狙ってますが、当たるのは5回に1回ぐらい。

5回に1回でもガツンとイケるなら無問題です。

次いきましょ次。

相場は先へ先へと進みます。

物色の矛先を求めて。

原油元売り、商社、自動車、機械、不動産など、主力大型株ざっと買い持ち。