振り落とされない方法

この記事は約4分で読めます。

買い銘柄を手にする時、よくある失敗。

それが振り落とされること。

上がる銘柄に限って、グイグイ来たかと思うと、いきなり急落します。

いきなり厚めの含み損となりますので、切ろうかどうか、かなり迷うことになります。

持っている銘柄が上がり続けるなら、売る必要はなし。

しかし、そのままドン下げる場合も少なくないのであります。

はて、どうしましょう。

持つべきか、持たないべきか。

スポンサーリンク

振り落としの下げ幅

上がり続けた株の急落。

その下げ幅たるや、5%は見ておく必要があります。

もちろん、5%の下げで済めば御の字。

場合によってはもっとブチ下げる。

それも直線的に。

投げるべきか、投げざるべきか。

日々悩み続けざるを得ない。

場合によっては、特別売り気配に巻き込まれることもあります。

そんな経験を経て、投げる基準、損切りのルールが大事だと気づかされます。

当然ながら、戻るとわかっていれば、カットする必要はなし。

戻るのなら、買い増しても構わないのです、理屈の上では。

しかし、わからない。

わからないから悩むのであります。

損切り基準の例

上がるか上がらないか。

それはどの銘柄の、どんなタイミングにおいても明言はできません。

買いが入り続ければ上がるし、誰かがまとめてぶん投げてくれば、思い切り下げます。

しかし、他の誰かの動向なんて、あらかじめ読めやしない。

すなわち、最終的にカットするか否かの基準は、当方の場合、勘であります。

ダメだと思ったら、仕方ない。

しゃーないのでぶん投げる。

これが損切りルール。

なんか、適当だな。

ただ、後から振り返れば、概ね10%下げる前には降りていることが多い。

降りなきゃダメよ、と自分に言いきかせる。

10%もやられたら、感覚的にはアウトです。

負けも負け、大負けです。

では、3%くらい下げたら切れば良いのか?

その答えはノーであります。

値動きのある株、小型株ではそのくらい、しょっちゅう動く。

したがって、切ってばっかりになります。

当方の場合ですが。

損切り貧乏。

ですから、損切りするなら4%から10%の間が多くなります。

それも、戻りそうなら何とか耐えたいところ。

戻るかどうかの判断

戻るかどうかは相場の神のみぞ知る。

しかし、何とか目鼻をつけ、値動きを当てる確率を上げたいのであります。

勘を冴えさせる必要があるわけです。

この場合、当方が概ね気を付けている点は以下。

  • 分足
  • 日足
  • 出来高
  • 上に来ているか

分足・日足については、パッと見の印象。

パッと見が悪い場合、投げて来る人が増えそう。

まあ、このパッと見判断をやっている人は多いでしょう。

あとは出来高。

出来高が薄いと逃げられない。

少なくとも、そう考える人は多そうです。

あとは、上に来ているか。

カッ飛んで上げている株のほうが、さらに上がる。

そんな当方の思い。

何かアバウトだな。

しかし、そんな緩めの基準と言えども、しっかり守るには条件が要ります。

玉がデカくては

どんな基準を守るにしても、玉がデカくてはやりにくい。

図体がデカければデカいほど、ルールは守りにくくなります。

守ったとしても、損が大きすぎて、気分が落ち込みます。

落ち込むなんてもんじゃない。

やってられんわ、となるわけです。

1回のトレードで落ち込むのは、総合的に考えてメリットなし。

聖杯とは、百戦錬磨の上に成り立つはかないものであります。

百回やる前に落ち込んでいたのでは、お話にならないと。

そういうことであります。

すなわち、玉は小さく。

ワンショット極小もあり。

玉が小さければ小さいほど、振り落とされる確率は下がります。

そして、振り落とされずにストップ高までついていく。

これが当方の目的であります。

いや、S高に達しても売らない。

翌日のギャップアップまでもぎ取る。

できればその次の日まで。

これは、玉がデカくてはなかなか達し得ない境地であります。

図体のデカいところにS高女神なし。

図体デカいところに

図体デカいところにストップ高の女神なし。

われながら、ヘンなことを言いますな。

しかし、これが本音であります。

相場の前では、小さくショボくれて目立たぬように。

ある意味、ドМの心境で。

そこを経て、何とかストップ高を持ち越すことができるのであります。

仮に運よく上手くできたとしても、一寸先は闇。

その後に上がるなんて保証はどこにもない。

すなわち、相場の女神はドSで、ついていく方はドМ。

こんな生活、いつまでやるんでしょうか。

やってられんわ、と。

さて、本日のトレードはデイ負け、スイング勝ち。

スイングは昨日、たまたまストップ高を買えていたのですが、玉が小さく利幅イマイチ。

デイもIPOで余計なことをしてしまい、損失。

削りまくり。

あきまへん。

今日も小さくしょぼくれている。

当方のそんな日々が続いて行くのであります。