リスクとチャンスが背中合わせである理由|儲かるか否かは時の運か?

特別売り気配からのギャップアップティック足

デイトレーダー。

リスクとチャンスの板挟みの中、生きる日常。儲かるか否かそれは色々。

どれだけ運を引き寄せ勝ち逃げできるか?

毎日それを考え価格差と言う利益の源泉を追いかけます。

本日も値動きの大きい株に吸い寄せられ握るマウス。

命運を分けるクリック音の行く末は?


スポンサーリンク



利益とは価格差を取ること

結局のところ、株は安く買って高く売る、それしか儲ける方法はありません。

複雑な投資手法を使ったところで、よくよく考えてみると、安い値段と高い値段の価格差を取っているに過ぎません。

(価格差)=(高い価格)-(安い価格)

単なる引き算です。

価格差があるところに利益の可能性が…。

言い換えると、値動きのないところに利益は生まれにくいと言うこと。

何らかの値動きがあり、価格差が生まれさえすれば、そこに投資の機会が生まれます。

言い換えるなら、それが裁定取引。

裁定取引については 日経レバETF|デイトレブログ想定外のアービトラージに羨望のまなざし の記事もご覧ください。

価格差が大きい銘柄を探すと

利益を得たいなら、価格差。

そうなると、値動きが大きいIPO銘柄へと目が移ります。

上々直後の新規公開株は、ややもするととんでもない値動きになります。

チャンスが転がりまくっているかに見えるIPO株ですが、同時にとんでもないリスクもあります。

食らったら仕舞いですから。

本日のIPO銘柄

公募価格 初値
4425Kudan 8560 成立せず
9434ソフトバンク 1500 1463

(単位:円)

本日初値がつかなかった4425Kudanは8000円台の気配値で終え、1単位100株で80万円以上。

値がさであればあるほど、小額資金の参加者は買いづらいです。

人気があればあるほど買いづらく、損をした時のリスクも大きいとは、資金需要の摩訶不思議。

チャンスあるところにリスクもあり。

値がさのIPO株においては、この程度の水準はまだ安いほうで、過去にはもっと凄い値がさ株はいくらでもありました。

デイトレ損切りの目安とは?HEROZ大損?損失雨ざらしでスイングに期待 では、1単位が450万円の値がさIPO株での、とんでもない爆下げの事例をまとめました。

値がさ株とは何?

値がさ株と言う語に明確な定義はありません。

大体の意味としては、価格帯が1000円以上の株。

ワンショットの建て代金が相対的に大きい株です。

例えば、本日が上場予定日であった2銘柄も値がさ株。

“瞬トレ” の誘惑

今回、IPO株にしては安い価格帯の9434ソフトバンク。

小額でデイトレ売買を回転させる派としては、願ってもみないワンショット15万円以下の株。

IPOにしては珍しく、午前9時直後に初値がつきました。

残念ながら公募価格割れ。

そして寄り付き後、いきなりどんどん下げ。

公募価格より下で寄り付くと、たいていのIPO株は冴えない値動きになる場合が多いのですが、このソフトバンク。

とんでもない売買代金。

寄り後1分と経たないうちに1000億円以上。

何がどうなってこの売買代金になっているのか、さっぱりわかりません。

株ツールの価格表示がもの凄い点滅状態。

「コレ、瞬トレ、イケるのやないか?」

「適当にインしても1~3円ずつ抜けるのではないか?」

“危ない誘惑” ここにあり。

なぜ危ない誘惑なのか

その瞬間、いきなり特別売り気配。

インしていたら即座にやられていました。

助かったのは運。

特別売り気配の後、さらなる下落が来るのか、それとも多少はリバウンドが入るのか。

それも運。

リバが取れれば勝ち、特売り等を食らえば電気椅子送り。

判断の時間、数秒。

特別売り気配への買い、勝手に手が動きました。

肩をすくめザラバを立ち去る男

特別売り気配からのギャップアップティック足

瞬時に+4%。

こんなデイトレ、この数年、したことありません。

瞬時に今月、月次プラ転。

もの凄くラッキーな瞬トレ、達成。

ツキを全部使ってしまったかも。

こういう時は下手に追撃買いを入れると、たいてい爆損させられます。

午前10時にはまだ早かったですが、早めのデイトレード撤退。

肩をすくめる欧米人のポーズでザラバを後にしました。

これも経験則。

私のデイトレ10時撤退ルールについては デイトレーダーも株初心者も10時停止を遵守できない?習慣リスクの恐怖 を。


広告


12月19日のトレード結果

めずらしく、以下の損益の数値に赤い文字がありません。

(マイナスは普段、赤文字で表記。)

2営業日連続で建て代金は少額。

それで月次損益プラスへ。

やはりデイトレは手数ではないのかも…。

年末相場、このまま損なしで乗り切りたいと思いました。

【デイトレード新規建売買代金合計】
(買建)概算80万円
(売建)なし
【デイトレード売買銘柄】
(買建)9434ソフトバンク
(売建)なし
【デイトレード損益】+1.7万円
【スイングトレード損益】+1.5万円
【本日のトータル結果】+3.2万円
【今月の損益】+2.3万円
【持越ポジション】新規買建1銘柄(東証1部)
新規売建2銘柄(主力株)
【含み益】なし
【225オプション】ポジションなし


広告


勝てない仕組みと理由を研究

  1. テニスの厚いグリップ・薄いグリップ

    IPOのスケジュール|私のデイトレ参戦法|これで爆下げを食らいました

  2. IPO株でのデイトレードの急落

    直近IPO初値寄り付き後の注意すべきデイトレード|こわすぎやばい

  3. 下ひげ陽線の図

    IPOセカンダリ―の方法!1枚引けに買い持ちのビビり具合が半端ない

  4. X2から等距離の2点を決める

    売買代金とIPO株|インを決める私の方法|これでドカンを食らいました

  5. 2本の陽線上昇のチャート

    IPOスケジュールに値動きを取る|デイトレするならコレをやれ?

  6. 滝壺へ落下の曲線グラフ

    値がさ株デイトレ損切りで途方に暮れる!IPOワープ上げ下げの恐怖

  7. 10本目チャートまで作成したチャート

    IPOの値幅とリスク皮算用とは?1枚買いで持越すGU手法がヤバい

  8. 急騰後急落する1分足チャートの拡大イメージ図

    IPO一発把握|デイトレ豆知識3分OK!これで値動きについてける

  9. 運動場の中央に円の中心を描く

    即金規制の銘柄でデイトレをしない理由|指をくわえて1日傍観する男

  10. ストップ高をつけた後にストップ安をつける分足チャート

    IPO株で利益を出す方法の考察|株歴15年これで大損ぶっこきました

  11. カイジ風の筆者びびり顔

    即金規制のIPO株で私がぶっこく5つの理由|悶絶顔がヤバ過ぎ恐い

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. 900円→1000円の値動きを示すチャート

    2019年11月第3週|日々のトレード結果|損切り連続への忍耐力

  2. 最も合理的な買い・売りポイント

    2019年10月月間損益|デイトレ下手クソ 元の木阿弥すってんてん

  3. 難易度の低い上昇トレンドのチャート形状

    2019年11月第2週|日々のトレード結果|高値更新追っかけたい

  4. ピボット値、高値、安値の関係

    2019年10月第5週~11月第1週|日々のトレード結果|勝つで!

  5. 価格差と現実の利益

    2019年10月第4週|日々のトレード結果|不屈の精神投げ捨て?

  6. 2019年10月第3週|日々のトレード結果|閑散相場つれーつれー

  7. デイトレに適したボトムスの選び方|崖っぷちのパンツに合理性ありか

  8. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年9月月間損益|デイトレード年間損益マイナスが見えて来た

  9. コツコツドカンを図示すると…

    2019年10月第2週|日々のトレード結果|退場秒読み御開帳相場

  10. 波間で溺れる人の図

    2019年10月第1週|日々のトレード結果|オレまだやるの相場乙

広告
広告