ショボ勝ちは損切り相当

この記事は約3分で読めます。

しょぼい勝ちの何がまずいか。

トータルで負けるからです。

損は大きく、益が少ない。

これが大方の負けパターンであるからして。

すなわち、チマチマ勝っては胸をなでおろす。

これが最も注意すべき相場の病であります。

爆益なくして勝ちは続かず。

聖杯は大きく取ることにあります。

スポンサーリンク

薄利に聖杯なし

塵も積もれば山となる、これは損をしないことが前提となる格言であります。

サラリーマンである限り、労働の対価がマイナスとなることはありません。

だからこそ、コツコツ積み重ねる意味があるのであります。

しかし、ある日突然全てが奪われる。

それどころか大きなマイナスを食らう。

これではチリツモの意味がないではありませんか。

相場においては、この突然の大ヤラレが比較的頻繁に起きるのであります。

薄利に聖杯なしとは、この意味においてであります。

別の表現で言えば、以下となります。

爆上げ取れずして

相場においては、爆上げを取ることで、全ての解決の糸口となることが多い。

すなわち、爆上げを取らずして相場は成らず。

ザラバでは、日々15%上げる銘柄、20%上げる銘柄が存在します。

5日で倍もあるよ、と。

にも関わらず、なぜそのうちの数%すら頂けないのか。

トレードが下手だからであります。

下手なもんだから、0.1%をかすめ取るようにしてトレード巧者のような顔をする。

これが精一杯なのであります。

なぜ精一杯なのか。

精一杯の理由

なぜ、そんなに頻繁に野山に出て、背一杯に葉っぱを食べねばならないのか。

草食動物であるからです。

草食動物は、そのエネルギー効率の観点から、大量のエサ、すなわち植物を捕食しなければなりません。

常に野山に出て、日がな一日、精一杯、葉っぱを食す必要があるのであります。

葉っぱは栄養が少ないので、大量に捕食し、時間をかけて消化しなければなりません。

このため草食動物は体の容積に占める胴体の比率が大きい。

葉っぱを胃にためこみ、一生懸命に消化吸収しなければならないのであります。

しかし、ヒグマに出会ったら最後。

一撃ワンパンを食らい、むさぼり食われるのみ。

これが世に言うベア相場であります。

ヒグマ到来ベア相場

ベア相場とは、ブル相場の対義語であり、弱気の下落相場を意味します。

ぺんぺん草も生えないベア相場にて、草食動物はエサに窮してしまう。

窮するどころか、ヒグマさんの前に成すすべなし。

みずからがエサとなる。

これがヒグマ到来ベア相場の心であります。

熊さんに出会いたくないものですな。

さて、本日のトレードは、デイなし・スイング勝ち。

またショボ勝ちやった。

もう知らん。

ショボ勝ちは損切り相当。

そう思って、落ち込みながらテケトー買い持ち。

ストポ銘柄などアレな株ばっかり、ぶち上げ狙い。