株の出来高売買代金|ランキング上位100銘柄と日経平均から相場を見る

この記事は約5分で読めます。

デイトレにおいて、個別株の売買代金、出来高、日経平均の売買高は、目の離せない大事な指標です。

個別株については株ツールのランキングで、日経平均構成銘柄個別・全体の売買高もネット上で確認します。

今がチャンス相場なのか否かを理解するのに必要な方法です。



デイトレと売買代金

売買代金はデイトレーダーにとっては、切っても切り離せない大事な指標。

相場全体の売買代金が活況な時には、相場の核となるような、売買代金が集中する銘柄が一つや二つ現れます。

それだけでなく、マザーズ・ジャスダックの売買代金も追従するように上がります。

記憶に新しいのは、アベノミクスの初期、2012年の終わりから2013年5月の時期。

連日売買代金は活況となり、東証一部だけでなく新興株の売買代金も相当盛り上がりました。

私は監視銘柄を売買代金で絞ることが多く、概ね100銘柄程度をピックアップすることが多いのですが、その時期にはいつも通りの銘柄選定方法ですと、倍くらいの200銘柄程度にまで膨れ上がりました。

実際に、日経平均の日足チャート10年分を振り返ると、2012年12月から2013年6月までの出来高が、他の時期に比べ突出して大きくなっていることがわかります。

売買代金ランキング上位の銘柄

売買代金上位の銘柄は、値動きも大きくなることが多く、デイトレードに向いていることが多いです。

ただし、これは絶対ではありません。

全体的な傾向としてはそうだと言うだけ。

当然、全体相場の売買代金が活況になれば、デイトレード向きの銘柄が増えることになります。

逆に、本日のように今一つ売買代金が盛り上がらない日もあります。

むしろそういう日のほうが多いです。

特に、相場全体の核となる、売買代金が突出した銘柄が少ない日は、デイトレが相当上手い人でないと儲けることが難しくなります。

売買代金ランキングで100銘柄をスクリーニングする

デイトレ向きの銘柄を選ぶ際には、各市場の売買代金上位を占める銘柄の中から、値動きの大きそうな銘柄をセレクトすれば大丈夫です。

大丈夫と言うのは、銘柄を選ぶやり方はそれで大丈夫と言うことであり、それで儲けられると言う意味ではありません。

相場の常として、どんな銘柄であろうとも値動きは謎に満ちていますから。

簡単に大損をすることが出来ます。

その点は要注意です。

毎日それらの銘柄の値動きを良く観察し、どうやったら着実に利益が出るかを考える必要があります。

簡単に手を出してはいけません。

スクリーニングのコツとしては、選び方はその人、その人のやり方で良いと思うのですが、銘柄の合計が大体100銘柄になるようにすると良いです。

その理由は、銘柄数がそれ以上多いと、場中に抽出作業をする際、時間がかかり過ぎることが多いからです。

200とか300をツールに登録するとなると、どんなやり方をしようと時間が掛かってしまいます。

それに、監視銘柄は多ければ良いと言う訳ではありません。

もちろん視野は広ければ広いほど良いのですが、そこから何を持って銘柄を抽出するかです。

それがデイトレーダーの能力を決めます。

日経平均の売買高も確かめる

本日は相場全体の売買代金が今一つで、盛り上がっている銘柄も少ないことから、私自身のデイトレは様子見の日。

お昼休みに日経平均の売買高を確認したところ、やはり盛り上がり不足。

持越株でも利益が出ておらず、今月の損益もわずかにプラスであるにも関わらずの様子見です。

日経平均の盛り上がり不足については、売買高の棒グラフが出ている日足チャートを確認すれば分かります。

他の日に比べ、棒グラフの長さが短かそうだったら、盛り上がり不足です。

日経平均のチャートは、探せばネット上にもありますし、東証のサイトでも昼12時に市況データが更新されます。

もちろん証券会社の株ツール上で確認できれば、それでOK。

盛り上がり不足の日のほうが多いです。

下手に手を出しても儲かりはしません。

(私の場合はですが…。)

本日も日経平均の日足は持ち合い、三角形のペナント型に近い形状です。

下に落ちるか、上抜けするまで待っても何の問題もありません。

ここから下に抜けると、2月のように爆下げする可能性もありますし、上に抜ければ4月のように上昇相場になる可能性もあります。

ただし、経験則によると、上抜け・下抜けがはっきりするまでは結構時間が掛かります。

持ち合いの膠着チャートは比較的長く続く印象。

その間、焦って手出しをしても私の場合、儲かった試しがありません。

(それでも懲りずに買い持ちしますが…。)

チャンスだけ参戦するには売買代金だけ見ていれば良い?

何かで読んだのですが、相場の“買い” を理解するのに10年、“売り” を理解するのに10年、一人前の相場師になるには合計30年かかると言う話です。

それでは人生終わってしまうじゃないか、と思いましたが、そのくらい確実に儲けると言うことは難しいと言う訳です。

どこかの才気あふれるトレーダーのように、数年で億って名を馳せる等と言うのは夢見ないほうが良いです。

私はあきらめました。

本日、朝から大引けまで様子見で、4712KeyH、4385メルカリ、4386SIG、4387ZUUなどを監視していましたが、ちょっと手が出ませんでした。

他にも急騰銘柄で1ティック狙う先月やっていた手法も、控えておきました。

今月はわずかにプラスの損益ですので、ここはチャンス待ち。

残り4営業日で何とか大損をしないこと、それだけに注力。

これも経験則。

本当に本当のチャンスだけインすれば良いと。

今月も残すところ4営業日となりましたが、何とかプラスを維持したまま来月につなげたいところです。


広告

本日のトレード結果

【デイ新規建代金合計】なし
【デイ売買銘柄】(買建)なし
(売建)なし
【デイ損益合計】0万円
【持越決済】+0.2万円
【本日のトータル結果】+0.2万円
【今月の損益】+4.7万円
【持越ポジション】買建2銘柄(新興株×1,東証1部×1)
【含み益】なし
【225オプション】ポジションなし


広告