おいしい銘柄を残らず監視する方法

この記事は約4分で読めます。

相場は網羅的にウォッチしなければなりません。

1銘柄を見逃したために、機会損失となることは多い。

なぜグイグイ来る、楽勝銘柄を見逃してしまうのか。

おいしい銘柄は残らず監視する必要があります。

視野の広さにおいて、誰にも負けないようにする。

そのためにやっていることは、当方の場合、以下であります。

スポンサーリンク

値動きを見逃さない

動意づいた銘柄は一つも逃さない。

監視下において、1銘柄も、です。

それが当方の切なる思い。

なぜなら、1銘柄で10倍取れるなどと言う、相場の暴挙。

これが日々起こり得るのであります。

例えば、低位株の場合。

1日に平気で2割、3割上がることがあります。

それどころではなく、50円の株が80円になって、6割上がるなんてことも。

これを逃がして、0.1%をこそぎ取るスキャルピングなど、愚の骨頂。

見逃しはトレーダーにとって、忌むべき行為に他なりません。

これを防ぐためには、低位株のみならず、直近IPO、新興株の急騰株など、各方面のフィルターから網羅的に捉える必要があります。

日々更新する銘柄群

売買高によるセレクト

当方が日々更新する銘柄は、売買高が上がっている銘柄群であります。

売買高に着目すれば、動意づいた銘柄を概ね捉えることができます。

実は、この売買高上昇銘柄群は、数にして結構多い。

手際よく拾う必要があります。

東証プライムの銘柄群については、売買高だけでセレクトしていくと多過ぎになる傾向があります。

プライムに関しては、新高値銘柄にスポットを当てる、など、絞り込みが必要であります。

爆下げ銘柄

なぜ爆下げに注目するのか?

その答えは、急に反発することがあるからです。

爆下げ銘柄については、東証プライムだけでも、日々数銘柄程度は出るものです。

相場が悪くなりますと、この数が増えてきます。

例えば、311の震災直後においては、とんでもない数の銘柄がストップ安をつける事態となりました。

このような極端な日も

  • ストップ安
  • 新安値

などに着目して、日々登録銘柄を更新するすべが必要であります。

登録を固定している銘柄群

当方が固定的に登録している銘柄群の例は、以下。

主力大型50

主力の大型株は、相場の全体的な方向性を判断する際に使います。

方向感は、日経平均やダウ平均を見ているだけでは、今一つつかめません。

ある程度、個別を見る必要があるのです。

ただし、主力大型だけでも数はかなり多いですので、50程度に絞り込んでいます。

これより多く監視をしますと、当方の場合、一周して見て回るのに負担が感じられます。

短時間に一周できないからです。

IPO150

新規IPOが追加されるごとに、あらたに監視銘柄を増やしていきます。

IPO株は値上がりにおいて、もっともグイグイ来るセクターです。

当方の場合、新規上場後1年程度の銘柄は、全て監視することとしています。

その場合の数は、トータル150銘柄程度です。

低位300

低位株は局所的に上がる場合があり、その場合は最も値上がり率が高い。

平時は動かない銘柄がほとんどですが、動き出したら凄いのであります。

300円以下の銘柄を全て登録すると、その数は概ね300程度となります。

正直300は多いので、見るのが苦痛であります。

登録銘柄数

上記のように登録していきますと、トータルでは常時監視が600、その他に固定的に登録し、たまに見返す銘柄が800程度となります。

合計登録数にして概ね1400。

常時監視600

上述のグイグイ来そうな銘柄、この候補が合算して約600。

この程度なら、1日の中で何とか目を通せる範囲です。

その他800

登録だけしている、と言う感じで、あまり見返さない銘柄が800。

これらはセクター別に整理しています。

1年のうち1度も見返さないこともあります。

たまに思い出したように見直すと、いつの間にか上場廃止となって、空欄になっている銘柄があります。

目的はグイグイ上がる銘柄ですので、動かない銘柄をいくら監視しても意味がないと考えています。

動く銘柄の数

日々相場を見ていますと、平時では、動く銘柄は概ね600程度です。

この程度を監視していれば、視野の広さにおいて、他の相場参加者に後れを取ることはないような。

(あくまで感想。)

ただし、311の震災時や、リーマンショックの大底でめちゃくちゃな相場の日などは、この限りではありません。

そんな日は、監視すべき銘柄の数が急増必至。

より絞り込みを強化し、精選するなどの工夫が必要となります。

以上が当方の相場感の下地となる、監視銘柄に関する思いであります。

さて、本日の結果はデイなし・スイング勝ち。

勝ちと言っても昨日PTSで薄く買った銘柄のみ。

利益薄すぎ。

相場はじわじわ上がり続けたのに、つれー。

新興株ずらっと買い持ち。