局在的な強固さの方法

この記事は約5分で読めます。

相場においては、頑強な上げに乗ること。

これくらい安心感を保ちつつ、危ない橋を渡らず、利益確定できる方法はありません。

強固な上げこそ、トレードの命であります。

逆に言えば、弱いところで立ち回るくらい不安で、危険なものはありません。

そんなやり方をしたところで、ワンショットを増量することはできないのです。

いつまでたっても相場のオアシスには近づけず、相場と言う名の荒野でさまよえる、永遠のジプシー。

すなわち、損失ジプシーからの離脱。

これがトレードにおける重要テーマであります。

そのテーマに沿い、本日、相場の感想文は以下。

スポンサーリンク

まず切る

本日、朝方、当方は日経採用銘柄、大型株のうち、局所的に強い銘柄で買い放置。

この手法を採用し始めて、しばらく経ちます。

しかし、簡単に利益が出る訳ではありません。

含み益水準に達しても、なかなか利確できはしない。

日経は徐々に戻りましたが、意外と個別株は上がらない。

寄りでは、昨日からの持ち株のぶん投げ。

含み損で買い持ちしていたので、ギャップアップしたとは言え、損失。

しかし、ぶん投げた直後、あっと言う間にグイグイ上げていきました。

仕方ありません。

こういうのはあきらめたほうが良いです。

切って、より安心感のある手法で取り返す方がよほど良い。

切らないで頑張ってしまって、ナンピンして下に行かされるとか、本当に意味がありません。

それより、買い放置を決めこめる銘柄を探すことであります。

強さが局所的に偏在する場所を探し、それを信じ、買い持つのであります。

局所的偏在こそ

強さは局所的に偏在します。

強い銘柄をしっかり選べていれば、そのうち上がるのであります。

そこはやっぱり経験則です。

いったん微妙に下がったりしても、やはり強い銘柄は強い。

にしても、日経がプラ転しているのに、利確ができません。

今朝はそうでした。

含み益に達していても、こんなもんで利確していたら、次の損でやられてしまう。

頭を押さえてくるアルゴがいるな、と思いました。

日経がグイグイ戻しても、移動平均線上に押しつけられてしまいます。

アルゴってのは、個人にとっては害しかないです。

無理矢理に利益をもぎ取って、株価を無駄に下げさせる性質があります。

強い銘柄に限って、そいつはやってくる。

しかし、そこは放置して我慢。

経験則では、強い銘柄はある程度長く持っても平気です。

強い銘柄放置

強い銘柄は、いずれ上がって来ます。

日経が戻ってきているなら、なおさらです。

本日前場、当方はその思いで、ずっと忍耐。

1時間半は忍耐するつもりで。

そして、希望価格で利益確定。

やったね。

このやり方で当面行こうかな、と、その思いを強くしました。

移動平均プラス数%の攻防であります。

本当に強い銘柄だったら、たいてい利確できると思いました。

しかし、アルゴが利ザヤを抜いて行くと言うのは、何とかしないとあきまへんなぁ。

アルゴの功罪

アルゴの圧倒的優位性は、言い換えれば個人が不利益過ぎると言うことです。

目に見えない速度でトレードとか、ありえないです。

将来、もっとコンピュータが進化したら、証券会社は東証に吸収されるか、あるいは1社に統合されて、一ヵ所だけで全てをやりくりしてくれるようになってほしい。

半分公的な機関になって、公平性の維持に努めてほしいです。

ふとそう思いました。

そうしたら、アルゴがなくなるような気が。

それはないか。

巨体をもって、もの凄い開発費用をかけて作った超速売買が、自分だけ儲けようと言うのがおかしいのです。

巨体だろうが個人だろうが、公平性を保ってほしい。

個人から薄く抜いて行って、最終的にこっちが砂漠の砂にされるってのは、どんなもんでしょうか。

何とかしないとあきまへんなぁ。

それか、アルゴから頂く手法を開発するしかない。

アルゴから頂く手法

対抗策は巨体から頂く手法。

アルゴはある一点で、ぶっこんできます。

もちろん機関銃のように細かく分散しているのかも知れません。

しかし、図体はデカい。

そこに乗っかるわけです。

むこうが一瞬にして数千万、あるいはそれ以上儲けるのなら、こちらがそこから10万円頂いても、それほど痛くはないでしょう。

アルゴは現在、至るところに神出鬼没であると思います。

ですが、値動きの素直なところなら、個人でも頂けるような気がします。

少し前の海運株のような、めちゃくちゃに動くところは難しいです。

刈られてしまいますから。

刈られないように耐えるにしても、けっこう含み損を我慢しなくてはなりません。

そうではなくて、一貫して徐々に値上がりする銘柄。

そこにヒントがあるんじゃないでしょうか。

大型株の安堵

本日、デイの勝ち額はたいしたことはないですが、上記のように考えてきて、少しほっとした気がします。

勝ち額が少ないと言っても、新興株でデイをしていたときよりレバが効かせられるので、利益額は今のほうが大きい。

利益率は小さいですが。

やはり、東証1部のデイは強いな、と思いました。

値動きが激しい株は、チャンスはたくさんありますが、ドツボにハマる機会も多い。

多すぎる。

あれは難しいです。

難しいところで取っても少しも偉くはありません。

相場とは、簡単なところで取ること。

そんな思いであります。

本日、デイ勝ち、スイング負け。

トータル益で、なんとか無難に消化。

来週もこの調子でお願いしたいです。

クソ株、ストップ高など、ざっと持ち越し。

良い週末をおむかえください。