行って来いを耐えるコツの実況中継|含み損が辛くて相場が張れるかよ

この記事は約4分で読めます。

デイトレの含み損がつらい場合の対処法。

“つらい”感情を分析すると、目の前の含み損が現実のものとなることに耐えられない訳です。

戻るとわかっていればつらくはありません。

戻っても戻らなくてもどちらでも良ければ、そのような抵抗感は感じませんので。

スポンサーリンク

なぜデイトレで含み損になってしまうのか

本日も寄り付き直後に買ったデイトレの玉が、いとも簡単に含み損。

4764 SAMURAI、5940不二サッシをひたすら握力で抱え、あっという間に含み損額-1.5万円。

1ティックずつ抜いて行くなどの小細工はしていましたが。

寄り付き後に降りたスイング玉の処分で、すでに-1.5万円やらかしてました。

これでトータル-3万円。

スイング玉決済の内訳はよく見ていませんが、とにかく全部まとめてブン投げ。

その後、分足とマザーズ指数を見ながら、2銘柄サムライと不二サッシを抱えたまま、何も出来ず。

結局、上がると思うから買っている訳で、下がるとわかっていれば最初から買っていません。

つまり、上がるまでは持っているしかなく、切るなら切るでその時点で対処するしかありません。

つらい含み損ポジションをどこまで耐えるべきか

どこまで含み損を耐えるかは、

1.日足・分足の雰囲気

2.全体相場の雰囲気

3.懐具合

の総合判断で決めるしかありません。

「懐具合で相場を張るな」と言われますが、実際の話、懐具合は多いに関係あります。

追証になっているのに、取引を続けることはできないですから。

誰かが買えば株価は底を打ちます。

買って来なければ上がらない。

自分と同じ読みの人が多ければ、上がる。

いずれにせよ、急落を食らったら切るしかありません。

何をどう言っても、油汗が出たら切るしかない訳です。

そして、結局のところ、判断の根拠は、“雰囲気”。

スポンサーリンク

どのポイントで損切りすべきか

切った途端にリバウンドし始めるなんて、良くあることで、結局、損切りの位置が正しいかどうかは、懐具合との相談な訳です。

セオリーには反するかも知れませんが。

とにかく、握力で耐えると決めたら耐えるしかない。

それが「行って来い」の恐怖で、サムライの株価570円くらいの位置では本当に切るか切らまいか悩みました。

それでも持っていた理由は新興株指数が上がっていたからです。

耐性を高めるにはポジションを軽く

建玉をもっと小さくしておけば良かったと思いました。

どっちにしろ儲かるかどうかは運。

耐えるしかないのに、玉が大きいのは無意味です。

握力で上がるまで持つと決めているに過ぎないだけ。

忍耐できない含み損額になったら投げるざるを得ない。

玉は小さければ小さいほど良いです。

これ私の勝手な理論。

スポンサーリンク

対処法はナンピンをしないこと

同様の理由でナンピンも私的にはダメです。

せっかく玉が小さいのに、そこから玉を大きくしては意味がない。

一度分足が崩れただけで、大損しますから。

結論は握力です。

握力で運を引き寄せる。

11時15分、買ってから2時間でやっとサムライがリバウンドしてきました。

逆に不二サッシは急落。

悩んだ挙句の含み損-1.8万円。

結局はある程度下がったら損切りするしかない。

それが全てです。

運に対して握力で勝負を挑んでいる。

それが私のデイトレ。

曙ブレーキが急騰しストップ高に張付いているのも見逃していました。

見事なまでの分足チャート

この状況から、持ち株が急落したら100%損切り。

爆損の瀬戸際。

何で新興株全体がそこそこ上がっているのに、私の持ち株だけ何で下がるのでしょうか。

自分としては逆張りしたつもりはないのですが、ここまで下がると逆張りしている格好になります。

その後、前引け間際、ブン投げた位置はご覧の通りです(下図)。

本日の場中、持ち株2銘柄の分足概略図

後場になってから、2銘柄のうち1銘柄は急騰、リバウンド。

1銘柄はさらにダラダラ下げ。

損切りして良かったのだか、悪かったのだかも不明。

前場で心が折れ、息絶えて、気づいたら夜に…。

ブログ更新、遅れました。