相場に悩まない手法

この記事は約4分で読めます。

うんつく言いながらも、悩まない。

そして、相場について行く。

淡々と。

そのコンセプトを、以下に公開いたします。

ご注意ください。

真似をするとケガをします。

ですが、正直に書かせて頂きました。

参考にしてはいけない、危険な手記であります。

スポンサーリンク

前提

いかなる時にも、急落はやってくる。

非情な相場において生き残るためには、まずは急落への対処法。

大事なお話の一つであります。

急落の度にやられていたのでは、生き残ることはできません。

では、どうすれば良いのか。

まず第一に、食らわないこと。

もちろん、持ち株が下げたのに食らわないなんてことは不可能です。

そこを何とか、微損で済ます。

これが後に、損失分を取り返す前提条件となります。

大損をして心が折れてしまっては、取り返せるものも取り返せなくなります。

では、大きくやられずに済むためには、どうすればよいのでしょうか?

ワンショットを小さく

ワンショット極小。

こうすれば確かに傷は小さくて済みます。

しかし、儲かりません。

損もしないが儲けもなし。

ただし、このデメリットは利を伸ばすことで対処できます。

小額でも延々利益を引っ張れば良いのです。

確かにこのやり方、難易度は高い。

ですが、失敗しても痛手は少ないのであります。

そして、ワンショットを少しでも大きくするためには、さらなる次の条件が求められます。

相場が下げても上がる株

仮に全体相場が下げたとしても、上がる株は存在します。

寄り付きからぶち上げ、そのまま上がり続ける株も。

この銘柄に乗ることができれば、ワンショットは大きくても平気です。

しかし、そんな銘柄、なかなか探せません。

どうしますか?

ここは研究が必要です。

全体が下げた時に上げた株をピックアップし、考えるのであります。

これ買えば大丈夫なんじゃね?と。

空売りはやらないのか

相場が下げるなら、空売りをすれば良いのでは?

全くその通りです。

ただし、下げるとわかっているなら、のお話ですが。

こちとら、わからないから困っているのであります。

明日の全体相場など、わかりゃぁしない。

すなわち、明日下げると判る人が空売りをやれば良し。

全てが解決。

お話、終わり。

当方、判らないのであるからして、観念しつつ、次の第二手に進むこととなります。

第二手

すなわち

  • ワンショットを小さく
  • 利を伸ばし
  • 相場が下げても上がる株を選ぶ

と言う前提をクリアする。

これで初めて、急落に入り直す準備が整います。

準備が整ったところで、第二手に移行。

急落が来たところで、次の手法を使います。

上げにインする

上げた株は、そのまま上がり続ける。

そう見込むのであれば、今日上げた株を買えば良い。

それもガンガンぶち上げた株を。

上がった株はいきなり下がるのではないか?

確かにそうです。

しかし、下がると判るなら空売りをすれば良い。

判らないから、上がり続ける可能性に乗るわけであります。

上げたんやから、明日も上がるやろ?と。

下げにインする

下げた株のリバウンドを狙います。

下げ切ったのだから、リバるでしょ、と。

しかし、下げ続けるものは、さらに下げ続けるのではないか。

一理あり。

まさにそうであります。

ですから、下げ切った株を狙います。

下げ切っているのだから、リバウンドするでしょ?と。

違いますか?

これらの第二手に移行することができた時、明日の相場に対し、いくらか悩まなくて済むようになるのであります。

全体相場に関わらない

全体相場に関わらないで済むなら、それに越したことはなし。

日々、同じ作業を繰り返せばよろし。

相場とは、常にストレスとの戦いであります。

したがって、いかに無用なストレスを減らし、余力を研究に回せるか。

これが大事になってきます。

悩んでばかりでは一歩も前に進めない。

これは相場も人生も同じであります。

さて、その成果ですが。

本日のトレード、昨夜PTSで買ったクソ株は、首尾よくGU。

しかし玉が小さいので全然たいしたことはなし。

デイトレは前場、急にトイレに行きたくなり、仕方なしに早めに損切り。

結果、微損で助かる。

いやあ、ほんとに助かったぁ。

もし、そのままホールドしていたら、厚めの損切りをさせられていました。

ウ◯コで助かるトレード。

なんやこれ。

そう、おわかりでしょうか。

これが当方の研究成果であります。

くやしいが、そうとしか思えない。

買い持ちはクソ株のGU来そうなやつをいくつか。