株式相場見通しは“閑散に買いなし”|出来高なしのノーポジ投資法!

この記事は約6分で読めます。

閑散に買いなし。

閑散相場に売りなし。

良く聞く株の格言。

株でノーポジ、休むも相場を実行することは意外と難しい。

機会損失に焦りは禁物。

売買代金ランキング上位の銘柄が減ったら要注意。

チャンスは限定的であると肝に命じ、様子見に徹するのも1つの方法です。


スポンサーリンク


“休むも相場” は機会損失の焦り

夏です。

暑くて頭がぼーっとします。

こんな状況下で連日、ほとんどノーポジ(買い持ち、売り持ちなし)状態が続くと言うのも、儲ける機会を失っているようで焦りを感じます。

「相場全体を見てください、全体を」とおおせられたのは、かのBNF氏だったか。

記憶は定かではありませんが、確かに相場が頑強に上がっていく中で買い持ちポジションをガチホ(がっちりとホールド)するのが、儲けるための大事な手法である訳です。

それで、本日はどうだったか…。

本日はSQ(先物などの精算をする日で、主力株の出来高が急増する)日であったため、売買代金が増加したとは言うものの、何か相場に力不足を感じます。

今日だけではなく、ここ数日、夏枯れ的な流れを感じていました。

夏枯れ相場については、下記もご参照ください。

夏枯れ相場はいつから来る?3つの休暇期間に共通する注意すべきポイント

2018年の夏休みはいつから?恒例0休、休むも相場態勢に入らざるを得ず

SQで儲けようと力んで打ち砕かれる男

株を始めたばかりの頃、SQだから何だとやたら気にしていましたが、最近は全く気にしません。

儲けられる時は儲けられるし、儲けられない時は何をやってもダメ。

SQだからどうだと言うことは、私に関する限り、関係なし。

それで、今日も誰かがツイッターでSQがどうのこうのと言うまで、全く忘れていました。

と言うよりも、SQ日は東証1部の主力株の売買高が上がってしまい、株のツールの売買代金ランキングのうち、“全市場” のランキング上位50位から新興株が弾かれてしまう感じになります。

私としてはやりにくさを感じます。

私、新興株と材料株ばかり見ていますから。

いろいろな別のランキングで新興株の流行っている銘柄を探す必要が出てきて、面倒くさいだけ。

正直なところ、SQ日なんて無いほうが助かります。

ふだんは先物オプションもやりませんので。

そして、仕方ないなぁ…と思いながら、東証1部の主力株を眺めていたら、どうも弱いです。

今一つ売買代金が少ない。

先物オプションは私の場合、相場が大きく動いたときに、主にヘッジとして使うことが多いです。

独特の難しさがありますが、相場が上下のどちらに行っても対応できることは魅力です。

225オプションと日経先物の連動性!初心者相場考!株とどっちが難しい?

日経平均の偏った銘柄寄与度に疑念

上がっているのは、主力の01系銘柄(銘柄コード下2桁が01の銘柄に代表される、主力級の銘柄群)ではソフトバンク、ファストリ、ソニーばかりが目立ち、他の主力株の日足は微妙に垂れています。

一応、陽線が多かったですが、日足チャートが下向き傾向と言うか…。

日経平均、ジャスダック指数、マザーズ指数の日足を見ても、それほど勢いよく上がっているチャートでもありません。

むしろ、ここがら下げたらいつでも下げ相場に入れるくらいの日足。

このパターンは私、苦手です。

長く相場を見ていると、これが結構多いです。

ここ数日、日経平均は急騰していたので、ツイッターなどでも空売りで新たに入る声はあまり見られない印象でしたが、私個人としては空売りをしたいと思いました。

閑散相場は実は年間の中では結構なウェイトを占める

そうは言っても、ここからさらに上に抜けると上昇相場になる可能性が高くなりますので、まだ分かりません。

ジャスダックとマザーズの指数が追随してどんどん上がったら、そこから買おうと。

結局分からない、それが結論。

新興株の売買代金を見ても、どちらかと言うと減少傾向です。

もう夏枯れ相場そのままじゃないですかね。

私の勝手な見方ですが…。

7月の中旬から夏枯れ相場になっているようでは、8月末までの真夏相場が思いやられますが、まあこんなもの。

年末年始、ゴールデンウィーク前後もそうですし、相場の活況がずっと続くほうが珍しい訳で。

つくづくアベノミクス初期でガンガンに儲けられなかった自分が恨めしいです。

あんなチャンスはなかなか来ませんので。

アベノミクス初期から数年。相場の難しさは相変わらず、一筋縄ではいかないことを実感せざるを得ませんが…。

株ルールその1“期待はしない”|アベノミクス恩恵値がさ銘柄も海の藻屑

相場が大きく動いてからインする機会は意外に少ない

相場と言うのは7~10年周期くらいで山と谷が来ますので、今度はリーマンショック的な下げが来る可能性も無きにしもあらずです。

そうなったらなったで、空売りやオプションを織り交ぜつつ対応するしかありませんが…。

どっちにしても相場が大きく動いたらそれについて行くだけです。

チャンスがないのにいくら自分から動いても無駄です。

やればやるほど負けますから。

もう、それだけは経験則で嫌と言うほど学びました。

どうせ儲からないなら手を出さないほうが良い。

それが相場の実情。

つまり、ノーポジは最強の資産増強手法と言うことです。

(ずっとノーポジだと永遠に増強しませんけど…。)

年に数度の完全ノーポジ・ノートレ

と言う訳で、本日は昨日からの持越ポジションなし、デイトレなし、明日への持越ポジションもなし、完全ノートレ・ノーポジ状態と言う、年に数回しかない状態となりました。

来週月曜は祝日ですので、3連休。

連休前はこういうことも多いです。

今気づきました、月曜の祝日。

夏枯れ相場+3連休前の相乗効果で閑散と言うことだったのでしょうか。

ふだんは適当に動く新興株が少しはあることが多いですが、それが今日は見つかりませんでしたので。

来週の週初もあまり期待ができません。

学生の夏休み期間直前ですから。

とは言え、動く株があればすぐ入れる態勢は継続したいです。

全然儲けが足りませんので。

皆さんはいかがでしたでしょうか?

才気あふれる方なら楽勝で儲けられたのでしょうか。


広告

本日のトレード結果

【デイ新規建代金合計】(買建)なし
(売建)なし
【デイ売買銘柄】(買建)なし
(売建)なし
【デイ損益合計】なし
【持越決済】なし
【本日のトータル結果】なし
【今月の損益】+11.3万円
【持越ポジション】なし
【含み益】なし
【225オプション】ポジションなし


広告