サポートラインの経験則

この記事は約4分で読めます。

サポートラインって、どうなんすかね?

当方、この語はあまり好きではありません。

好んでこの語を使う人はパスするようにしております。

そのあたりの諸事情を以下にまとめました。

スポンサーリンク

サポートラインの真実

「このVWAPがサポートラインになっている。」

「200日移動平均線がサポートだ。」

ちまたでは専門家と呼ばれる人も含め、もっともらしくこの表現を使っています。

しかし、このサポートライン、本当に機能しているのでしょうか。

当方の感覚では、サポートラインが機能している感じがすることもあるし、全く機能していないこともあります。

当たるもハッケ、外れるもハッケ。

つまり、口に出して言うだけ無駄。

そんな、丁半博打的サポートラインは、サポートでも何でもないのです。

正直に言いましょう。

サポートラインなんて大嘘であります。

全ては大口が握っている

デカい玉をブン投げて来る者がいれば、そこにサポートラインがあったとしても、いとも簡単に抜けて行ってしまいます。

すなわち、サポートラインが機能するか否かは大口が握っています。

「抵抗線」なんて言い方も同様で、上に抜ける場合についても抵抗もクソもあったものではなく、抜ける時は抜けるし、ダメな時はダメ。

たった1人か2人の挙動に左右されるのは、はたしてサポートと言えるか?

そう問いたいのであります。

小型株であれば、弱小個人のぶん投げでさえ、どんどん下がって行ってしまうことがあります。

先日、とある人が「この部分の下げは私の売りです。」とユーチューブで語っていました。

損切りでぶん投げて無限奈落。

分足チャートを見ると、彼が投げた少し後に同じくらいのダラ下げが発生しており、もう一人誰かが投げたのだとわかりました。

この例のように、小型株では2人も投げれば大きく下がってしまいます。

もはやそこにサポートラインがあったかどうか、それは関係ないのです。

大口が全てを握っているし、場合によっては弱小個人のブン投げで、いくらでもサポートは打ち破られると言うことになります。

サポート論の人の話

当方が長らく株をやっていて、サポートラインが機能したと実感したことはほとんどありません。

むしろ、そのラインを少しでも割った時には、鬼のように抜けて行ってしまうことも少なくはないのであります。

おそらく、そのサポートラインを意識している人が「ヤバい」と思ってぶん投げて来たのかも知れません。

ただ、そんな事情はこちらには関係ありません。

そうかと思えば、じわじわと微妙に下げる場合もあり、一体これは何なんだと。

なぜそんなにサポート、サポート言うのか、と。

当方、サポートと言う語を使って解説をする人の話は、聞き流すようにしています。

「あー、また言ってんなぁ」と。

一目均衡の雲なども同様。

雲を抜けた、抜けない。

「雲をつかむような話、言ってますね」と。

サポートラインが機能する場合

もしサポートラインが機能するとするならば、出来高が大きく、より多くの人が参加している銘柄。

しかも当日に売買が盛り上がり、全員参加型となっている場合。

そのうち、ごく一部のタイミングにおいては、多少機能していると感じる場合も無い訳ではありません。

しかし、たまにそう感じられるくらいの事で、サポートが機能したと威張ることでもないでしょう。

機能するならいつ何時でも機能してもらわにゃ、困るのであります。

こちとら身銭を切って相場に向かっているのであります。

効くんだか効かないんだかわからないサポートなど、サポートとは言えない。

当方はそう考えております。

とある方がこう言いました。

「サポして」と。

サポートは心もとない

当方、この「サポ」ご請求のお方に対し、こう答えました。

「オレのサポートラインは機能するかしないか、あやしいんだよね」と。

機能しない場合は機能しないし、時折り気まぐれで機能する場合もある。

実に心もとないサポートライン、それが相場であります。

狐につままれた顔で、サポご請求の方は去っていきました。

相場の世界は実に当てにならないのであります。

そして、これだけは言えます。

当てにならないものを当てにしてはいけないのである、と。

さて、本日のトレード、持ち越し株はほぼ同値降り。

デイは思い切り負け。

今月の上がりを飛ばしました。

しかし、東1でやっている分には新興株より打撃が少ない。

少ないとは言え、やられたことに変わりはありませんが。

当方も相場にお願いしようと思います。

「サポして、ピンチなの」と。