必勝ポイント1ヵ所だけで勝負する方法

この記事は約3分で読めます。

理屈から言えば、必勝法は一つで良し。

必勝法さえあれば、わずらわしい相場観などいりません。

なぜなら、必勝ポイント1ヵ所のみにベットすれば良いからです。

後は徐々にワンショットを大きくして行けば良いのであります。

特に短期的売買において、この効果は顕著です。

勝ち続ける限り、多かれ少なかれ複利の効果が効きます。

その結果、資産はチマチマ増えるのではなく、グイグイ増えることとなるでしょう。

すなわち、必勝法、聖杯、それが何より大事であると言えるのであります。

スポンサーリンク

必勝法の定義

言葉通りの必勝法は存在しません。

世の中に「必ず」と言うことはありえないからです。

相場において必勝法とは、資産を最も効率的に増やしていける手法を指します。

では、最も効率的に資産を増やせる手法とは、何か。

  • ある程度の高確率で利益確定できる
  • 負ける時に大きくやられない

この2点。

これが相場における必勝法の定義と言えるでしょう。

2つのうちどちらが欠けても必勝法にはなりません。

高確率で勝てても負ける時に爆損したのでは、トータル大負けとなります。

定義の1番目はザラバの至るところに落ちていると言えます。

ところが2番目については、これを満たす手法はそうそう易々と見つけることはできません。

多くの人はここで上手くいかないのであります。

すなわち、上記において、2番目が最も重要。

負ける時なぜ大きくやられるのか

確率的に優位であると信じ込めば信じ込むほど、損切りが遅くなります。

実際にデータを取り、高確率で勝てるとわかっている訳ですので、奢りが出るのであります。

さらに、勝てるからこそワンショット金額は増加していきます。

ここで玉をぶち込めないと、いつまでたっても資金は増加しません。

それが計算上の理屈です。

つまり効率良く事を進めようとすればするほど、負ける時にドカンと食らう確率が上がる。

剣の達人になればなるほど、一瞬にして致命傷を食らう機会が増えてしまうのであります。

では、一瞬にして致命傷を食らわない方法はないのでしょうか。

本物の刀で切り合っているのにも関わらず、自分だけは切られずに済む。

もしくは、切られたとしてもかすり傷。

やればやるほど切られる

いかに剣の達人と言えども、致命傷を食らう機会は常にあります。

相手が初心者だろうが、若輩者だろうが、本物の剣を持って切り合う以上、リスクをゼロにすることはできません。

ましてや、私たちは剣の達人ではないのであります。

やればやるほど「食らう」確率は上がりますので、おいそれと真剣勝負に挑んではいけないと言う事になります。

真剣勝負はやらない。

その上で、もしやるなら、絶対の確信を持って勝つ。

負ける勝負は決してやってはいけないのであります。

すなわち、必勝法を見つけるまでは勝負をしてはならず、やるとすればその必勝法のみを使い必ず勝つ。

で見つかったの?その必勝法

長らく相場における必勝法を探し、何度も打ち破られてきました。

致命傷を食らいつつ、生きながらえてきました。

満身創痍の崖っぷち。

本日もデイトレ、スイング、必勝法を試してみました。

絶対に勝つぞ、と。

するとどうでしょう。

昨日からのスイングはプラマイゼロ。

素っ高値のクソ株がギャップアップしてくれましたが、他でやられてしまいました。

デイトレは最近、主戦場を東証一部大型株に移行。

こちらもプラマイゼロで引け。

いやー恐い。

毎日が怖い。

日々、真剣勝負の恐さを実感しております。

すなわち、トホホの大引けであります。