株取引の手法を探しデイトレの砂漠でオアシスを求めてスイングバイ航法

経験則をどう身に付けるか

無作為な乱数標的カオス、データ砂漠の中、デイトレは蜃気楼の真ん中でオアシスを求めて彷徨う旅。

株取引の手法、聖杯に巡り合えるまで、株の手法探索の旅は続く。

大儲けを夢見るスイングバイ航法の効果はいかに。

難しい地震予知に匹敵する手法探しの旅は、今日も続く。



株取引の手法:聖杯って何?

100%勝ちのポイントを見つける、それがどれだけ難しいか。

そもそも答えが存在しないかもしれない。

幻を追いかける作業。砂漠の真ん中で蜃気楼を追い求める男。

砂漠とは、私にとっては表計算ソフトの中の数値の羅列。

意味のわからない怒涛の乱数表的カオス。

その中でひたすら存在するとも知れないオアシスを探しているだけなのか…。

必死に探しています。

真の手法、聖杯を。

恒星と惑星の地震の相関:経済にまで及ぶ関係性

ずいぶん以前に太陽の黒点数を数えて一覧表とし、その動向と地球上の地震の発生数の相関を研究している人がいました。

(今でもいると思いますが…。)

黒点数は太陽内部・表面のエネルギー動向をとらえる際に好都合であり、それが地球に対し何らかの影響を与えるであろうことは素人でも考えつくことですが、地震のみならず天候や経済の動向にまで影響を与えるとの仮説があります。

太陽が活発に動けば、地球上の作物の取れ高にも影響し、結果として経済活動にも寄与する。

それらの影響は数年単位あるいは数十年単位の周期的動向であるとする仮説があり、株価の上下動にも相関している。

あくまで確証がある話ではありません。

オアシスを求めて:難しいピンポイント対策

太陽黒点数と世界の平均株価を付き合わせグラフにして見比べると、相関があると言えないこともないです。

(単なる偶然の可能性もありますが…。)

私は2012年の夏頃、そういったデータから以降、平均株価が上がるかも知れないと見込みを立てていましたが、実際にはどこで何をどうするべきか、皆目わかりませんでしたので、利益に寄与することはありませんでした。

つまり、大まかな見込みを立ててそれが当たっていようが、その見込みから実際に利益を出すことは難しい。

地震を予測しピンポイントで対策をするのが難しいのと同じです。

地震発生数が増える、あるいは減るであろうことを見込んだとしても、どこで何をすればよいか、なかなか手を打つことができない訳です。

おカネが無限にあればあらゆる策を講じて完璧に対策できますが、それでは太陽黒点数を調べた意味があまりない。

闇雲に良いと思われる対策をしても費用対効果の意味では弱いですから。

つまり、必要なのは観測データから「ピンポイントの対策」が打てるかどうか、と言うことです。

蜃気楼の真ん中で:デイトレ手法へのデータの寄与

乱数表の中に規則性を求めると言う、無駄極まりない行為。

まさに蜃気楼を追い求める行為は避けたいところですが、そう言われても何をどうすれば良いのかわかりません。

ですので、とりあえず表計算ソフトにデータを集めていじくりまわす。

ずっと以前からそうです。それで、今年の4月からデイトレで少し安定性が出たような気がしているのですが、これもしばらく継続していかないと本当の効果の程はわかりません。

一番最悪なのは、期間限定で効果があってその後にダメになるパターン。

しかもなぜその期間だけ効果があったのかは永遠に解からないまま。

それ、結構多いです。

全てはカオスの中の偶然なのではないかと言う疑い。

まさに蜃気楼の中の砂上の楼閣で過ごす、つかの間の休息に過ぎないのではないかと言う怖さ。

ナノ秒取引の闇

最近では、自分の1枚(100株)の発注によって瞬時に板状況が大きく変わると言う体験が増えてきました。

例えば、100株の売り発注を下の板にぶつけたら、売れた瞬間(売れただけ良かったですが)に瞬時に売り板がたくさん出た。

本当に瞬間のことです。

あれ、何の意味があるのでしょうか。

目に見えないナノ秒の取引が行われている可能性もあります。

人間業では観測不能ですから。

それらは、ここ数年目立つようになった感がありますので、そういうことが上記の「期間限定」に寄与している可能性もあります。

全ては闇の中。

AIであろうと人間であろうと、結局はデータをもとにプログラムを組んでいる訳で、デイトレ手法の開発にはやはりデータをいじくり回す方法しか思いつきません。

個人でナノ秒は難しいので、どうしてもスイング的な手法になりますが…。


広告

スイングバイ航法で大儲け?手法の効果検証

スイングバイとは、惑星間の重力を利用し、宇宙探査機などの軌道及び速度を燃料なしに変更する技術です。

少ない元手で利益を出せるなら、それもトレード上のスイングバイ。

私の手法はスイングで、デイの場合でもそれに近い比較的時間軸の長い取引。

(追記:後にスキャルピングも検証・追加。)

これらは過去のデータを表計算ソフトでいじくりまわし、自分なりに考えて作ったシナリオの上に成り立つもの。

自分のトレードが砂上の楼閣のつかの間の夢に過ぎないのかどうか、実体験として確認していく作業。

それがこのブログの趣旨の一つと言えるかも知れません。

注目記事:
トレードとデータ収集!テクニカルと値動き、平均株価の変遷と夢物語の関係

デイトレが下手だから30万資金で上達はアリ?売買反復でデータを取る


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 湘南の混雑する地域

    ライバル不在のマーケットを占有する男|デイトレードでそれはねーよ

  2. BNFの順張り売買ポイント

    デイトレの成績悪化を防ぐ方法|5つの小問クリアで1人前|何コレ恐い

  3. 10本目チャートまで作成したチャート

    株の儲かる確率に100%神頼み?成績復調傾向!爆下げ待ちの持ち株なし

  4. 株の予想と損益の皮算用!デイトレ反省スイング特化型へコワすぎやろ

  5. 自動車依存度の棒グラフ【高い】

    株の買い方 パスする方法|私の2つの手数省略術|これで大損こきました

  6. つなぎ合わせグラフの後、急落の図

    株で儲ける最も確実な方法とは?トンデモ結論と4つの理由これマジか?

  7. 7本目の足を作成中のチャート

    押し目買いタイミングは株式投資の本質|相場の女神に聞いたら凄いの何の

  8. 株価の連続性を破壊する分足チャート

    後場のデイトレ銘柄を選別する方法5選|これで資産が吹っ飛びました

  9. アルゴらしき注文の入った板

    売買ルールの作り方|2つの私の方法|これで株のやまいになりました

  10. スイングトレード手法を改善?米国株上昇、日経平均寄り天の試行錯誤

  11. 本日の“相場の大局観”の根拠

    米国株価に追随するスクリーニング投資法|スイングトレードは新興株

  12. 自動車依存度の棒グラフ【低い】

    株シュミレーション|分散投資とリスク・チャンスのデイトレード手法

  13. 分足チャートのどこで利幅を取るか

    株の配当で生活するにはいくら必要?1粒で2度おいしい30万円投資法

  14. 急落を食らい真っ逆さまの図

    デッドキャットバウンスから脱出する方法|天国をめぐる3つの攻防

  15. ギャップアップの日足

    株寄り付きギャップアップ狙いの手法とは?自分独自の“GU”方法論を探す

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. 価格上昇の不確実性

    2019年7月第3週|日々のトレード結果|日常茶飯事誤発注で血の気引く

  2. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    東京の公営ジム139選|一覧表で3分決定 格安トレーニングスポット

  3. デイトレーダーが望む上下動を繰り返す値動き

    2019年7月第2週|日々のトレード結果|有限利確と無限損切りの戦い

  4. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年7月第1週|日々のトレード結果|ワンショット増量にかける男

  5. 某新興株の3営業日連続ストップ安の日足チャート

    ストップ安 致命傷さける為の2つの方法|2019年6月月間損益結果

  6. テンキーの文字配列

    2019年6月第5週|日々のトレード結果|月末ふっ飛ばしたら退場マジ?

  7. 前日のローソク足とピボット値

    株の値動きを分析する方法|私の3つの考え方|これで丸裸になりま…

  8. 値動きがないまま下げる値動き

    デイトレしやすい分足の研究|私の超短期売買|これで文無しになり…

  9. 2019年6月第4週|日々のトレード結果|スタートからドボンする男

  10. 孤独に傘をさす男のシルエット画像

    2019年6月第3週|日々のトレード結果|雨の中相場の幸運を待つ男

広告
広告