米国中間選挙と日経平均株価リバウンドの相関性|4つのアノマリー確認?

直近の日経平均、日足チャート、イメージ図

アメリカ株と日本株の相関アノマリー。

米国中間選挙との関連性。

10年分のデータを振り返ると4つの結論らしきものが浮かび上がります。

株式投資で成功率を上げるには、過去の例をまとめる事が必要。

これらの数値から何が読み取れるのでしょうか。

ご判断は自己責任で。


スポンサーリンク


米国の中間選挙前の日経平均、相場のアノマリー

参考までに、米国の中間選挙直前の日経平均株価について、高値・安値を列挙します。

終値ベースです。

なお、アメリカの中間選挙は、4年おきの11月第1月曜日の翌日に行われ、選挙の日(Election Day)と呼ばれます。

選挙日時1994年11月8日

  • 高値20862.77円(1994年8月18日)
  • 安値19468.89円(1994年9月27日)
  • リバウンド高値20148.83円(1994年10月13日)
  • 安値からの上昇率+3.5%

選挙日時1998年11月3日

  • 高値14913.49円(1998年9月8日)
  • 安値12879.97円(1998年10月9日)
  • リバウンド高値14295.56円(1998年10月22日)
  • 安値からの上昇率+10.1%

選挙日時2002年11月5日

  • 高値9669.62円(2002年9月19日)
  • 安値8439.62円(2002年10月10日)
  • リバウンド高値9086.13円(2002年10月18日)
  • 安値からの上昇率+7.7%

選挙日時2006年11月7日

  • 高値16385.96円(2006年9月5日)
  • 安値15557.45円(2006年9月26日)
  • リバウンド高値16811.60円(2006年10月26日)
  • 安値からの上昇率+8.0%

選挙日時2010年11月2日

  • 高値9753.27円(2010年7月28日)
  • 安値8824.06円(2010年8月31日)
  • リバウンド高値9626.09円(2010年9月17日)
  • 安値からの上昇率+9.1%

選挙日時2014年11月4日

  • 高値16374.14円(2014年9月25日)
  • 安値14532.51円(2014年10月17日)
  • リバウンド高値16862.47円(2018年11月4日)
  • 安値からの上昇率+16.0%

選挙日時2018年11月6日

  • 高値2018年24270.62円(2018年10月2日)
  • 安値21149.8円(2018年10月29日)
  • リバウンド高値22243.66円(2018年11月2日)
  • 安値からの上昇率+5.2%

(以上、筆者調べ、多少の誤差があるやも知れませんがご容赦ください。)

米国中間選挙前の日経平均の動き雑感

ざっとですが、気づいたことを上げますと…。

  1. 高値と安値の間の期間はおおむね1カ月程度
  2. 高値は9月頃、安値はその1カ月後が多い
  3. 高値と安値の間の期間に比べるとリバウンドの期間は短い
  4. リバウンドの率としては、日経平均にして5%上がれば十分である

などです。

そもそもがアノマリーなどと言う物は偶然の傾向に過ぎませんので、今後どうなるかは全くもって不明です。

当然ながら、思わぬ不慮の出来事があれば、想定外の予測を超えた動きになります。

ご注意ください。

注目記事

日経平均株価とニューヨークダウで株式投資|上げ下げ中にインする方法とは

日経平均株価予想リアルタイム|マザーズ指数壊滅的下げが意味するもの

アメリカの株価が日経平均を押し下げ|あと1日下落で全力買いを想定

リアルタイム世界の株価“俺的” 速報|日経平均腰折れの危機?空売り開始

IPOスケジュールと日経平均株価|秋・冬相場の正念場来たる?


広告

本日のトレード結果及びポジション

日経平均が微妙な位置からリバウンド。

このくらい下げで、もうリバウンドに入ってしまうのでしょうか?

当方、一切その恩恵にあずかれず。

持ち越した“例の株” も若干のリバウンドがあったのみで、含み損の分まで取り返すことは出来ず。

印象的には大負けです。

高値圏と言えばその通りの日経平均。

27年来の高値からの下落ですから。

そのイケイケどんどん、頂点の位置では、大体このくらいの下げが来たら、すぐにリバウンドが来てしまうと言うことでしょうか。

リバウンドで大儲けを狙うのは皆同じ

当方としては、もっとニューヨークダウ、日経平均ともに爆下げしてもらって、底の位置からまるごとリバウンドを頂こうと狙っていたのですが…。

皆、誰でも考えていることは同じですから。

米国の中間選挙の前に一往復。

日経平均の日足は、もう十分に下方への“行って来い” を済ましてしまいました。

今後上がり続けるのか否かは、全くわかりませんが…。

本日は例によって、デイトレードは打ち止め状態。

スイングトレードでの買い銘柄も今一つ良い銘柄が見つけられず、ただ指をくわえて相場を眺める状況となってしまいました。

日経平均株価が日足水準でリバウンドした後は、大体こういうことが多いので、仕方ありません。

もっとトレードが上手な人は、そんなこともなく、淡々と儲けているのでしょうが…。

明日以降、相場が大きく動いてくれて、あらたな買い持ちのチャンスが出て来ることを願うばかりの日となりました。

【デイ新規建売買代金合計】(買建)なし
(売建)なし
【デイ売買銘柄】(買建)なし
(売建)なし
【デイトレード損益】なし
【スイングトレード損益】-3.2万円
【本日のトータル結果】-3.2万円
【今月の損益】-3.8万円
【持越ポジション】新規買建なし
新規売建なし
【含み益】なし
【225オプション】ポジションなし


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 急騰後急落する1分足チャートの拡大イメージ図

    デイトレーダー株大損!直撃被弾損切りが遅い!退場決定さようなら

  2. 100円台と800円台における同じ銘柄の値動きの違い

    カルロスゴーンの件でミスタービーンが話題|想定外の渋い男マジかこれ

  3. 分足チャートのどこで利幅を取るか

    日経レバETF|デイトレブログ想定外のアービトラージに羨望のまなざし

  4. 10本目チャートまで作成したチャート

    日経レバETF空売り|デイトレは狼狽、予想は下|月次損益確定

  5. 株の函数

    短期売買と信用評価損益率|私の見方|一寸先は闇相場“なにこれコワい”

  6. 22時前の日経平均先物動向

    株の売り時・買い時|株価と銘柄紙一重のタイミング|私の判断方法

  7. 休むも相場の本当の意味?

    ストップ安売れない!どうする翌日ガンジガラメ!株取引“退場”張付け刑

  8. 白目となる表情を見せる著者

    株式情報をネットであさって白目をむく7つの理由|リバ狙いあるある

  9. 秋相場のアノマリー

    投資少額持ち株の行く末は2択|休場明けたら天国地獄?呆れた単純手法

  10. スイングトレードでの銘柄選定のためのベン図

    スイングトレード銘柄選定法|私のお決まり手順|これで油汗かきました

  11. 経験則をどう身に付けるか

    株式投資の資金運用|30万暴威のすすめ|0を増やし一人前のデイトレーダーに?

  12. 退場のお知らせ

    株芸人ユーチューバーで生き残る方法|デイトレ資金30万割れをしのぐ男

  13. 某新興株、連続ストップ安4営業日目の日足チャート

    株暴落まとめ|直近40年の代表例5選+αこれで下げ相場も恐くない

  14. 株暴落vsスキャルピングはルールを守ってリスク回避|自制と撤退

  15. デイトレ損切りの目安とは?HEROZ大損?損失雨ざらしでスイングに期待

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年8月第4週|日々のトレード結果|ブランク明けビビり売買発動

  2. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    全米オープンテニス 2019 錦織圭 大坂なおみ【ハイライト動画】

  3. 1分足チャートの出来高が薄いパターン

    2019年8月第2週~第3週|日々のトレード結果|損切り2発KO

  4. 分足チャートのどこで利幅を取るか

    2019年8月第1週|日々のトレード結果|つれない相場の女神に頼みたい

  5. 値がそれほど詰まっていない板状況

    株の出来高の見方に注意し大損をのがれた結果 2019年7月月間損益

  6. 難しい上昇トレンドのチャート形状

    2019年7月第5週|日々のトレード結果|夏枯れ相場に様子見益なし?

  7. 同心円を追加した図

    2019年7月第4週|日々のトレード結果|参院選後に相場は動くか?

  8. 価格上昇の不確実性

    2019年7月第3週|日々のトレード結果|日常茶飯事誤発注で血の気引く

  9. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    東京の公営ジム139選|一覧表で3分決定 格安トレーニングスポット

  10. デイトレーダーが望む上下動を繰り返す値動き

    2019年7月第2週|日々のトレード結果|有限利確と無限損切りの戦い

広告
広告