スキャなら3秒理論とその実践

この記事は約6分で読めます。

値動きなんてものは、盛り上がった株なら3秒。

それ以上持ったら負けです。

スキャルピングなら速攻降りる。

でなければスキャではありません。

じゃなかったでしたっけ。

持ち時間をついつい延長してしまう。

そんなものは手前都合の、思いつきトレードに過ぎないのであります。

最初に決めたことを守ることの重要性。

3秒と決めたのなら、言い訳なんて通用しないのであります。

自分のルールはあくまで守り通す。

短期売買において大事なコンセプトであります。

なお、以下、素人の感想文につき、信じる・信じないは自己責任であります。

スポンサーリンク

最初のルール

最初のルールとは、自分の・自分による・自分のための設定であります。

他人と約束するわけではありません。

これが問題を発生させます。

自分との約束には書面も存在せず、契約違反をしても誰にも咎められません。

最初のルールはいとも簡単に破られる。

ある種、ブラック企業にも似ているのであります。

ワンマン経営。

そして自社の内規は形骸化しており、恣意的な運用がなされる。

そもそも、最初のルールは何であったのか。

スキャルピングであります。

インしたら、すぐ決済する。

すぐとは、どのくらいか。

理想を言えば、3秒であります。

3秒でないなら、3分。

それ以上はありえません。

それが最初に取り決めたルールであります。

では、3分待ってもどうにもならなかったらどうなるのでしょうか。

3分間の理由

3分後の決済は、時に自らを傷つけることになります。

肉を切らせて骨を断つ。

これが相場で利益を得るためのコンセプトであります。

自分が受ける痛手を進んで受け入れつつも、最終的にそれを上まわる利益を得る。

スキャルピングとはそういうものです。

にも関わらず、なぜ3分以上持ってしまうのか。

理由など、何とでもつけられるのです。

みずからのルールを破る人は、言い訳のプロに過ぎません。

言い訳さえ考え出せば、ルールなど守らなくて済むのです。

口では何とでも言える。

なぜ、こんなことになるのでしょうか。

ルール破りの理由

痛みを受け入れられない。

自ら課したルールを破る理由、その代表格は痛みであります。

痛みを気持ち良いと感じてしまう特異体質の人は別として、通常の場合、苦痛には耐えられません。

たとえ小さな痛みであっても、です。

これがついついルールを破ってしまう理由。

すなわち、きわめて健全な生体制御機構、痛みを避ける行動。

それがルールを破らせるのであります。

では、どうすればルールを破らず、痛みを押して適切な決済を可能たらしめるのか。

その答えは、非情なまでの理性であります。

理性こそが痛みを切り離すことができ、ルールを貫徹たらしめる条件であります。

では、その理性とやらは、どうすれば手に入るのでしょうか。

理性の方法

理性でトレードをする方法。

感情ではなく、理詰めでトレードをする。

理屈のみにより行動する、それは、実は人間技ではありません。

機械のなせる技です。

すなわち、理性でトレードをするためには、機械になる必要があるのであります。

メカニカルトレード

これこそが自分で最初に課したルールを、完全に貫徹する方法であります。

つまり、裁量トレードではいけない。

指示通り、計画通り、書き出された手順の通りにトレードをする。

機械的手順の機械的実行。

これこそ、スキャにおいて、短時間で降りるための条件であります。

感情を排斥し、機械となり、目の光を失い、トレードのためのロボットとなり切る。

このとき初めて、3秒で降り、決済を仕切ることができるのであります。

人間性を排せよ、と。

本日のトレード

本日、デイ勝ち、スイング負け。

デイ+1.5、スイング負け。

トータル普通に負け。

今朝は日経が弱く、主力株では医薬品が強いなど、デイはいささかやりにくい。

例によって大型株のうち、強そうな銘柄をセレクトしようとするも、今一つ的が絞れず。

インして微益で降りること2回。

3つめで恐らくこれだろう、こいつで間違いないと言う、お目当て銘柄にイン。

以後、やることもなく、かと言って目を離す訳にもいかず。

あまりに暇だったので、心に思ったことをそのまま、以下、メモして行きました。

心の中に浮かんだ言葉の文字起こしであります。

トレード心理文字起こし

強い銘柄に入るしかないんだと。

グイグイ銘柄に入るしかないんだと。

その思いは強く。

今の手法でイケると。

今年、ついにデイの聖杯をつかんだと。

やりおったな。

うおっしゃー。

ちょっと待て、ヘタっとるやないかい。

しかし、わいは耐えるんや。

後に引けない勝負か?

横ヨコか?

じわ下げか?

移動平均行ったり来たりの攻防。

来いや!

わかっとるんや。

今日の銘柄はココやろと。

へたるんか。

今日はこないんか。

ええからこいやと。

持ち時間、すでに20分。

横ヨコ、いったんヘタリからの陽線連続。

マジでこないんか?

バレとるんや。

今日はここやろと。

微陽線連続が来た、必死に耐える。

しかし目標値、未達やな。

耐える。

忍耐や。

あと数ティック。

そのくらい上げるやろと。

わかっとるんや。

今日の銘柄はあんさんや。

持ち時間30分経過。

耐えるなあ。

日経弱しの中。

また下に来た。

損切りか。

しかし経験則では強い銘柄は強い。

ヘタっても頑強に戻す。

その筈だ。

ある時、上にクイッと来る。

微陰線連続きた。

40分経過。

微陽線戻し。

今日はあかんな、医薬品にきとる。

あかんやないかコレ。

微陽線がまた来た。

医薬品に負けるなよ。

ハイテクやろ。

また微陽線がくる。

そろそろか。

クイッとくるアレ。

遠慮すんなや。

利確したるわ。

45分経過。

わいの指標では来とる。

あんさんにくると出ておる。

延々自問自答。

おお?

キタで!

微陽線連続。

でもここじゃ同値やん。

どうすんの?

日経弱いな。

同値で降りるんか。

スイング負けてんのやで。

また微陽線きた。

50分経過。

きたであと数ティック。

それにしても微陽線やなあ。

主力株は動かんなあ。

あともう少し、現在本日の最高値、もう一声。

日経上がって来た。

クイッと上げてしまいや。

わいの勝ちや、売るな。

買いや。

あんさんがちょっとだけ買えばいいんや。

今、今日の最高値やで。

もうちょっとイケるやろ。

含み益1.7。

単位はペソ。

日経来とるで。

これで終わりかよ。

このヘタレが。

あともうちょっとや。

4ティック上げいや。

レバかけとるとなかなか降りられんなあ。

ここまで持って同値かよ。

60分経過。

もうあかん同値降りやぶん投げあああああああああ。

デイ3秒で降りる、じゃなかったん?

あっぶね、利益少し出たけど。

実質負け。

ペソ株持ち越しで大引け。