相場に適応し損切りを賢く行う方法|原始時代からの脳習慣を切り離す

この記事は約4分で読めます。

投資の失敗原因は原始時代の脳の仕組みに依存します。

損切りと言う概念に人間の脳が慣れていないのです。

大損を避けるためには、損切りしないで耐えてしまう行動を変える必要があります。

忍耐の使い所を相場に合わせるのです。

スポンサーリンク

なぜ損切りに失敗するのか

何万年の原始人的な生活から、ごく最近になって時代が急速に変わりました。

相場がその良い例です。

忍耐力の使い方も、間違えるとトンデモない結果になることがあります。

必死に含み損を耐えてしまう、などです。

原始人の脳が更新されずに残っていると言うことでしょう。

損切りなどと言う概念は、原始時代には重要でなかったからです。

相場の歴史は、人間にとってはあまりに浅すぎます。

江戸時代以前の脳から脱却できない?

私たちに出来ることは、自分の相場観を鍛え、知識を増やしつつ経験則を積み上げることです。

その意味では、短期売買でも中長期投資でも同じこと。

勉強と言うと堅苦しいですが、結局のところ、頭にいろいろな情報が入っているほうが助かる確率は高いのです。

勘ピューターの精度を上げること。

人間は数万年以上に渡る長きに渡り、狩猟や農耕に頼る原始時代を過ごして来ました。

産業が生まれ、科学が発達し、相場が出来たのは、最近の100年くらいのお話です。

米相場が江戸時代に生まれ、世界初の先物取引を開始したのは、何を隠そうこの日本。

スポンサーリンク

リスクはあらゆる場所に落ちている

短期売買をメインとするのは、「原始的な」脳には難易度が高いかも。

もちろんあらゆることには個人差があり、人によっては問題ないのかも知れません。

とんとん拍子で上手く行っているとしても、ある日突然大損をすることは十分あり得ます。

たまたま大きく買ったときに悪材料が出た、などはまだ良いほうで、原因不明の急落もないとは言えません。

安定大型株だから安心?

某超大型ディフェンシブ銘柄がとんでもない下落をしたり、実際に上場廃止になった例もあります。

その日はいつでもやって来る、そう思っていたほうが正しいです。

株主優待取りで10年相場について行く?

損することなく知識を増やし、経験を増やし、相場について行くことが大事です。

やっているうちに大損をしてしまい、続ける気力がなくなってしまうことも少なからず。

リスクはどのような投資法にもあり、大損をした時点で負けです。

長きに渡り相場について行こうとすればするほど、リスクにさらされる機会は増えます。

1つ言えるのは、株主優待投資法でとりあえず様子を見つつ、10年は損失なしで相場について行く方法が良いのかも知れません。

スポンサーリンク

株の大損は脳内で済ますべき

やっちまいました。

本日のデイトレ。

一撃!投入資金比マイナス3割越え。

とんでもデイトレードの発動。

少しのミスが大損へ。

その後、お決まりの損切り遅れ。

自分の買いルールが守れず。

後で分足チャートを見直したら、インすべきでない銘柄にインしていました。

候補銘柄が見つからなかったので、焦ったせいもあります。

大損経験は実体験するのではなく、ブログで読んで済ますのが良いです。

スポンサーリンク

1月22日のトレード結果

言い訳もありません。

大損しました。

終了です。

オワタ。

明日以降、トレードを続けるかどうか、わからなくなってきました。

デイトレード資金が30万円を割り、信用取引ができない状態です。

30万暴威の終了。

これでこのブログが終わりになるかも…。

【デイトレード売買銘柄】
(買建)3121マーチャント、6666リバーエレテック
(売建)なし

デイトレード新規建売買代金(買建)概算250万円
デイトレード新規建売買代金(売建)なし
デイトレード損益-8.3万円
スイングトレード損益+0.1万円
本日のトータル結果-8.2万円
今月の損益-9.7万円
持越ポジション(新規買建)なし
持越ポジション(新規売建)なし
含み益なし
225オプションなし