株の売り時・買い時|株価と銘柄紙一重のタイミング|私の判断方法

22時前の日経平均先物動向

ある人は買い、ある人は売る。

それが相場の掟。

売買の基本的性質は買い手と売り手が相互に握手を交わすこと。

双方のいずれか一方では成り立ちません。

これが売り時・買い時の判断の難しさ。

買う側は上がる、売る側は下がると想定しています。

果たしてどちらの考えに軍配が上がるのでしょうか。



日経平均と米国株の難しい判断

相場は実にわかりません。

米国市場は史上最高値も狙える水準。

NASDAQ(米国の新興株の市場)では既に史上最高値を達成。

株は必ずしも実態経済に連動するとも限らず、不景気の株高と言う現象もあります。

理屈を並べて株価がこうなる筈だと言うのは、あまり意味のないことです。

経済学者の言うことは、実際に相場を張る立場から言うとあくまで参考程度にしかなりません。

話している内容が面白いので、ついつい一生懸命に話を聞いてしまったりしますけど。

NASDAQが史上最高値更新、米国株堅調。

しかし、日本株はどうも怪しいです。

主力の大型株をざっと見たところ、7203トヨタ自動車は日足チャートで10連続陰線。

日経平均の日足も5月中旬からボックス圏内をフラフラと行ったり来たり。

昨日・本日と急落。

明確な陰線が2本出ました。

アメリカの相場が「これ、場合によってはバブルになる?」と思えるほど高値圏にありながら、景気敏感セクターの一角である日本株は、どうも弱すぎます。

日本株の主力大型株のチャート

本日になってから、慌てて日本の全体相場、主力の大型株の日足のチャートを見て回ると言うのを、気合いを入れて再開しました。

自分の中では相場が上に行く気満々で、夏枯れ相場観測もあって注意深くは見ていませんでした。

主力株については。

すると、この一カ月くらいで右肩下がりの日足チャートを描いている銘柄が多く、7203トヨタ自のみならず、陰線が連続していることに今さら気づきました。

(本当、気づくのが遅いです。)

経験上、主力の大型株が一旦こういう感じになると、戻るのには結構時間がかかります。

もちろん何らかの政策的な大ニュースなどがあれば別ですが。

新興株及び非鉄金属、銅関連

新興株についても、ジャスダック指数、マザーズ指数ともに春から低迷中。

2月の初旬から下げ続けている格好になりますので、もう7カ月、低迷中です。

2~3年単位のスパンで日本株を見ると、主力株は相当上げていますので、これでも米国株に十分ついていっている状況ではあります。

それでも自動車、電機などの値がさの輸出株、不動産などの内需の大型が下げ始めているのを見ると、大丈夫なのかと不安になります。

値下がり率ランキングを見ていたら、非鉄金属の一角、5706三井金属が大きく下げています。

三井金属は銅を扱う企業。

銅は電極部品などハイテクに欠かせない素材です。

このため、銅関連セクターは極めて景気動向に敏感とも言われています。

ちょっと嫌な感じがしてきました。

慌てて何年かぶりで、三菱マテリアル、東邦亜鉛、住友鉱山、DOWA、などの非鉄金属セクターの日足を確認してみました。

下げ相場に浮気

非鉄金属セクターはどれもこれも、2017年の末くらいから一貫して8カ月くらい下げ続けています。

高値圏で銅関連セクターが下げ、値がさの輸出系株、自動車や電機も軟調気味。

非鉄金属関連は、何カ月か前に「下げてるなぁ」とは思ったのですが、そのまま忘れていました。

「下げ?」

もう、一旦考えがそちらに動いてしまうと、気持ちは売り時一色です。

早速空売りを始めました。

何と言う短絡的、何と言う単純な思考。

さっきまで、相場は史上最高値を更新がどうのとのたまっておきながら、もう空売り。

まだ史上最高値更新、バブル相場の可能性は残されています。

であるのに、なぜ空売りよ。

ドル円の日足を見ても何となく下向きになってきているような。

“得意” のフィラディルフィア半導体指数も下向きに跳ねています。

(筆者は何かとフィラディルフィア半導体指数を気にします。)


広告

相場には常に二通りの解釈

実はこういう時には二通りの解釈があって、

①相場は押し目をつけている。買い時である。
②相場は下げ相場に転換している。売り時である。

のいずれにもなり得る訳です。

相反する真逆の結論を自分の判断で選択しなければなりません。

それが相場です。

相場が暴落した時、悲観して誰も株に見向きもしない時、1人で株を買いに回る事、それを相場用語で「向かう」と言います。

皆と違う動きをし、「向かう」ことのない限り、相場で大きく利益を出すことは難しい訳です。

実はこれ、どんな局面でも同じです。

自分独自の判断を下し、それが利益に結びつかなければ、相場で生き残ることはできません。

私は私で、本日、相場に「向かった」訳です。

空売り開始。

そして、大引け後の夜半、現在時刻は22時前。

日経平均先物動向、リアルタイム(夜半22時前)

22時前の日経平均先物動向

「何、爆上げしてんねん。」

思わず関西弁口調になりました。

この夏枯れ相場で見る、久々のリバウンドです。

「何、空売りしたら速攻でアゲとるねん。」

あかん、あかん過ぎる。

退場がさらにひたひたと私の近くににじり寄ってきていると感じました。

一言言いたい。

「たすけて」と。

本日のトレード結果

【デイ新規建代金合計】(買建)概算400万円
(売建)なし
【デイ売買銘柄】(買建)1724シンクレイヤ、3356テリロジー、6166中村超硬、6619ダブルスコープ、7532ドン・キホーテ
(売建)なし
【デイ損益合計】+0.8万円
【持越決済】-1.5万円
【本日のトータル結果】-0.7万円
【今月の損益】+1.6万円
【持越ポジション】新規買建4銘柄(新興株×2、東証1部×2)
新規売建6銘柄(主力大型×6)
【含み益】+0.1万円
【225オプション】ポジションなし

関連記事:
トヨタの株価と日経平均のチャートを比較してみた|長期相場見える化

日経平均過去チャート20年分の日足を振返り買いポイントを分析してみた


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 某新興株の3営業日連続ストップ安の日足チャート

    デイトレーダー消滅のフローチャート|短期筋駆逐で相場はエライ事に?

  2. 6本の足の作成が完了したチャート

    空売りの方法|主力株下げチャートで売り持ち越し、結果はいかに?

  3. 10本目チャートまで作成したチャート

    日経レバETF空売り|デイトレは狼狽、予想は下|月次損益確定

  4. スイングトレードでの銘柄選定のためのベン図

    スイングトレード銘柄選定法|私のお決まり手順|これで油汗かきました

  5. 分足チャートのどこで利幅を取るか

    日経レバETF|デイトレブログ想定外のアービトラージに羨望のまなざし

  6. スイングトレード手法|持越し2週空振り損失!含み益は絵に描いた餅

  7. 株暴落vsスキャルピングはルールを守ってリスク回避|自制と撤退

  8. デイトレ損切りの目安とは?HEROZ大損?損失雨ざらしでスイングに期待

  9. 直近の日経平均、日足チャート、イメージ図

    トヨタの株価と日経平均で株の予想をするデイトレーダーの生活が辛い

  10. 急騰後急落する1分足チャートの拡大イメージ図

    デイトレーダー株大損!直撃被弾損切りが遅い!退場決定さようなら

  11. 波間で溺れる人の図

    ストップ安で株シュミレーション|手出し無用の難解値動きコイツはヤバい

  12. 退場のお知らせ

    株芸人ユーチューバーで生き残る方法|デイトレ資金30万割れをしのぐ男

  13. 株の函数

    短期売買と信用評価損益率|私の見方|一寸先は闇相場“なにこれコワい”

  14. 6本の足の作成が完了したチャート

    株のスキャルピングと他のやり方|初心者のための知識5選ヤバすぎ手法

  15. 白目となる表情を見せる著者

    株式情報をネットであさって白目をむく7つの理由|リバ狙いあるある

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. ジリ上げ後に急落するチャート形状

    2019年9月第3週|日々のトレード結果 “女心と秋の空” …

  2. 孤独に傘をさす男のシルエット画像

    2019年9月第2週|日々のトレード結果|台風一過コツドカ急先鋒

  3. トレードの結果の分類図

    2019年9月第1週|日々のトレード結果|閑散相場から脱却への道はい…

  4. デイトレの休日|無の空間から帰還できず涙する 2019年8月月間損益

  5. 2019年8月第5週|日々のトレード結果|S安助けてデイトレつれー!

  6. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年8月第4週|日々のトレード結果|ブランク明けビビり売買発動

  7. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    全米オープンテニス 2019 大坂なおみ 錦織圭【ハイライト動画】

  8. 1分足チャートの出来高が薄いパターン

    2019年8月第2週~第3週|日々のトレード結果|損切り2発KO

  9. 分足チャートのどこで利幅を取るか

    2019年8月第1週|日々のトレード結果|つれない相場の女神に頼みたい

  10. 値がそれほど詰まっていない板状況

    株の出来高の見方に注意し大損をのがれた結果 2019年7月月間損益

広告
広告