株のルール破りは退場の香り|この感情を排し弾丸をよけ生き残る方法

この記事は約3分で読めます。

完璧にゲームをすすめたい?

それなら感情を冷徹な機械仕掛けに交換することです。

トレードルールを守ること。

それが株の売買に求められるポイントで、退場から離れる大事な方法です。

スポンサーリンク

ルールを作る理由

冷静沈着、機械のように正確に、最短の時間で仕事をこなす男。

実際にそんな男がいたら、日本では「ラクをしている、余裕がある」、「仕事量が少ないからだ」、「仕事を早く終わらそうとしている」等の批判を受けそうです。

仕事を抱え過ぎて体調を崩しながら、他人に手伝ってもらいながら頭を下げて残業。

それで何とか消化するくらいでないと、評価されません。

ヘンなポーズを取りながら、周りの顔色を伺いながら仕事をする必要があり、無意識にそれを実行している場合すらあります。

完璧なトレードとは?

完璧な仕事術。

デイトレードにおいては、それが求められます。

完璧でなかったら、ただ損をするだけです。

「やってるアピール」のためにヘンな仕事術を駆使するのは、全くもって意味がありません。

結果が全てで、出来たか出来なかったか、ただそれだけです。

評価は稼げたかどうかだけ。

そもそもが他人から評価される必要など皆無です。

結果次第で即、退場ですが…。

デイトレ評価の優先順位

デイトレの評価は一目瞭然で、損益が第一であり、第二、第三がなくて、その次に来るのが「ルールを守れたかどうか」。

ルールを守ったのに損失が出た場合は多少マシ。

ルールが守れなかったら、たとえ利益が出ていたとしてもマイナス評価です。

例えば、「よそ見をしない」と言うルールがあったとして、ルールを破ったのに利益が出ていたとしても、それはマイナス評価です。

その理由は、次回以降、大損をする可能性があるからです。

ルールを守ると言うのは、新たな問題を発生させないための予防線です。

ルールの守り方

不思議なことに、一旦ルール破りをすると、次々となし崩し的にルールを破ると言う、デイトレでは最もやってはいけない状態に突入しがちです。

ナンピン禁止ルールを設定していたのに、たった一度ナンピンをしたおかげでどんどん窮地に追いやられて、さらにナンピンを繰り返してしまった、等と言うのはよくある失敗です。

人間は感情の動物ですので、機械のように行動することが難しいです。

誘惑に流されたり、恐怖に負けたりして、余計な手出しをしてしまう訳です。

ルール遵守のためには、感情を排することが必須。

機械のように。

スポンサーリンク

映画“トランスポーター”主人公に見るルール破りの顛末

ずいぶん前の映画ですが、イギリスの俳優、ジェイソン・ステイサムによるトランスポーターと言う映画(シリーズものの一本目)。

テレビでも放映されご覧になった方も多いと思いますが、この中でジェイソン・ステイサム演じる主人公は、海沿いの城のような家で、一人で生活しています。

ドイツ車を駆り、地中海沿いの城で一人暮らし。

人との関わりを断っているような、どことなく厭世的な雰囲気が漂います。

謎めいた主人公ですが、デイトレーダーであれば、共感できる部分はあると思います。

単純極まりないアクション映画ですが、トレードに通ずるものがあります。

そもそも株取引とは、株の銘柄を価格から価格へトランスポートすることですから。

それに、株の売買はあまり人に言えないじゃないですか。

それが共通点。

何度か見直しました。

彼の信条はルールを守ることです。

仕事中にたった一つのルールを破ったことから、次々とトラブルに巻き込まれます。

でも、そこは映画です。

主人公の実力で全て解決。

言っておきますが、デイトレでこんなことをやったら、完全アウト。

退場です。

映画ではないので。

The Transporter (2002年フランス)

【ユーチューブ動画】ジェイソン・ステイサムのたった一つのルール破りとは…?

そのきっかけは女性。

女性の誘惑に負けるって、ありがちです。

ぜひともお気を付けください。