面倒くさいトレードが一番儲かる

この記事は約3分で読めます。

ビーチフラッグスと言う競技、ご存じでしょうか。

単純明快、砂浜でフラッグ(旗)を取り合う競技です。

最も運動神経、体力に優れた者が勝つと言う一面がありながら、実際にはそうとばかりは限りません。

実は相場も似ていると気づきました。

多人数による椅子取りゲーム、その中で勝つのはなかなか難しい。

では、どうすれば人に先んじて、なおかつ楽にフラッグを手中に収めることができるのでしょうか。

スポンサーリンク

なぜか儲かる手法は面倒くさい

株をやっていると、面倒くさいほうが儲かります。

作業工程が多く、この発注、全てを自動でできないのか?

うざいなあ。

そんなわずらわしいトレードのほうが勝率が高いし、実際に儲かります。

あくまで当方の印象ですが。

逆に簡単にイン出来て、自動返済予約にてワンボタンで設定完了、そんなトレードのほうが簡単に利益が出ず、大損することも多いのです。

微妙な判断を強いられるような損切りも増えます。

よく考えてみると、それもその筈。

利益とは限られたパイですから、それを取りに来る人が多ければ多いほど競争が激しくなり、簡単に勝てなくなるからです。

一見簡単なトレードは競争率が高い

ビーチフラッグスとは、砂浜にフラッグを見立てた短いホースが置いてあり、複数人が「用意ドン」でそのホースを取り合います。

反射神経と体力勝負の世界。

ライバルが多ければ多いほど、フラッグを簡単に手にすることはできません。

この競技、単純なようでいて、体力面のみならず技術的な要素、戦略的な要素が大きいとされています。

例えば、味方を勝たせるために敵の邪魔をするなど。

誰にも負けない圧倒的な脚力、腕力、ダッシュ力があれば楽勝でしょうが、そんな突出した人間はそうそういません。

このビーチフラッグス状態は何としても避けたい、そう思います。

一見簡単に思えるトレード手法、実はこのビーチフラッグス状態になってはいないでしょうか?

ビーチフラッグス状態を避けるためには

誰も見ていない、気づいていないフラッグがあれば、それを独占できます。

邪魔も入らないし、急ぐ必要もありません。

相場においては、この誰も見ていない、気づいていないフラッグを発見したほうが良いと常々思います。

例えば、デイトレーダー全員が参加しているようなビーチフラッグスにおいて、フラッグを取れる自信がある人はどれだけいるでしょうか。

競争率が上がれば上がるほど、運による面も大きくなります。

割当てられたスタート地点の位置によっても、勝敗が変わって来るでしょう。

勝つためのハードルがたくさんあり過ぎるのです。

ここは一つ、ハードルの少ない勝負に入らなければなりません。

ハードルを下げる行為とは、相場で言えば、おそらく手のかかる面倒くさいトレードです。

手のかかる面倒くさいトレードとは

自分なりの作業工程がいくつかあり、目視でそれをこなしつつ、慌てながら発注を出すようなトレード。

当方にとって、それはストレスであり、できればやりたくない行為です。

しかし、その場合のほうが簡単に勝てる場合が多いし、損切りの場合にも上手に降りられる場合が多いと感じています。

その理由は、面倒くさいことは誰しもやりたくないというのがあります。

うざい工程があるからこそ、やる人が少ない。

逆に、ラクにインしたトレードはたいていやられます。

この現象を「相場のビーチフラッグス現象」と当方は呼んでいます。

そして、本日も食らいました。

ビーチフラッグスで大ケガ。

ずいぶんラクに発注出せちゃったなぁ、と思ったら運の尽き。

本日のデイ、損益は-20.4万円。

トレード銘柄数4、損切り1。

建て代金合計1300万円。

砂浜でのたうち回り、救急車で搬送されました。

軽い致命傷、きました。