クレジットカード デビットカードどこが違う?3分理解23項目一覧表

この記事は約7分で読めます。

クレジットカードとデビットカードの違い。

23項目について比較表を作りました。

どちらのカードを作るか迷っている場合のご参考としてください。

両者を比べることで、双方のカードの特性を把握することができます。

最も利便性が高い使い方は、状況に合わせての使い分けです。



クレジットカード・デビットカードの違い【外形】2項目

クレジットカードデビットカード
名称の意味Credit:信用Debit:引落す
見分け方エンボス加工多いエンボスレス

名称の意味

クレジット(Credit)とデビット(Debit)は簿記用語でもあります。

簿記では、クレジットが「貸し方(負債)」、デビットが「借り方(資産)」を意味し、対となる言葉です。

見分け方

クレジットカードにエンボス加工(でこぼこの加工)が多い理由は、海外の一部の国で、この加工がないと決済できない場合があるからです。

最近では、エンボス加工のないクレジットカードが増えています。

デビットカードの場合には、この加工がないほうがスムーズに決済できるため、エンボスレスの仕様になっています。

クレジットカード・デビットカードの違い【発行】3項目

クレジットカードデビットカード
発行元銀行or法人銀行
審査ありなし
年齢制限18歳以上15歳以上

発行元

クレジットカードの発行元は複雑で、銀行やクレジット会社など、様々な形態となっています。

デビットカードの発行元は銀行です。

クレジットカード、デビットカードともに国際ブランド(VISA、Master Card、JCB、American Express等)と提携しています。

審査

クレジットカードは、様々な条件を審査の上、発行されます。

デビットカードは、特に審査は行われません。

年齢制限

クレジットカードは18歳以上(高校生を除く)、デビットカードは15歳以上が概ねの年齢制限になっています。

クレジットカード・デビットカードの違い【利用条件】4項目

クレジットカードデビットカード
決済日後払い即時払い
支払回数分割払い可1回払い
利用限度額審査後決定預金残高額
キャッシングありなし

決済日

クレジットカードでは、使った時点でお金が引き落とされることはありません。

デビットカードでは、使ったらすぐにに引き落としがかかります。

支払い回数

支払い回数については、クレジットカードでは一括払い、分割払い、リボ払いなど様々なやり方があります。

デビットカードでは1回払いのみです。

利用限度額

クレジットカードの利用限度額は、審査により決められます。

一般カードでは概ね50万円ほど、ゴールドカードでは100~500万円ほどになる場合が多いです。

デビットカードでは、預金残高が上限となります。

キャッシング

キャッシングとは、ATMなどから現金を借りることを意味します。

クレジットカードではキャッシングが可能であり、デビットカードではできません。


広告

クレジットカード・デビットカードの違い【海外利用】2項目

クレジットカードデビットカード
海外で買物可能可能
海外ATM現金引出可現金引出可

海外での買い物

クレジットカード、デビットカードともに国際ブランドと提携しています。

いずれも、海外での買い物で利用することは可能です。

海外のATM

海外のATMで現地通貨を引き出すことは、クレジットカード、デビットカード、いずれも可能です。

クレジットカード・デビットカードの違い【使い勝手】5項目

クレジットカードデビットカード
使い過ぎしやすいしにくい
買物キャンセルしやすいしにくい
ポイント還元率1%以上多い1%以下多い
ETCカード発行可発行不可
デポジット払いしやすい注意必要

使い過ぎ

クレジットカードでは、ついつい使い過ぎとなる場合があります。

デビットカードの場合、預金残高が上限となるため、それ以上の金額まで使い過ぎることはありません。

買い物のキャンセル

商品・サービスを購入した後にキャンセルする場合。

クレジットカードの場合、使った時点で引き落としはされておらず、キャンセルしやすいです。

デビットカード経由ですと、買い物をした時点で銀行残高から引き落としされるため、場合によってはキャンセルに時間がかかります。

ポイント還元率

企業にとって、クレジットカードはデビットカードより収益性が良いため、還元率も高くなっている場合が多いです。

ETCカード

デビットカードでETCカードが作れない理由

クレジットカードではETCカードが作れますが、デビットカードでは作れません。

デビットカードでは、料金が即時に引き落とされるからです。

仮にデビットカード経由でETCカードを使うとすると、残高不足の場合に不都合が生じます。

クレジットカードは後払いのシステムですので、ETC料金の引き落としの際、問題が起きにくい仕組みになっています。

ETCカードとは

高速道路や有料道路の料金所で、車を停止させることなく通過するためのカードです。

車のカード読み取り機にETCカードを挿入し、ETCレーンを通ることによって、後日料金が引き落とされる仕組みです。

デポジット払いのしやすさ

デポジットとは

海外ではデポジット(Deposit:預り金)と言うシステムがあります。

ホテルやレンタカー等のサービスを利用する際、いったん保証金などが必要となる場合があります。

この保証金に相当するものがデポジットです。

デポジットによる支払いは、最終的に利用料金が確定した後、差額が戻される仕組みになっています。

デポジット払いではクレジットカードが便利

デポジットの支払いをする際、デビットカードでは残額が不足し利用停止になる場合があります。

口座残高に注意する必要があります。

そもそも、デポジット払いにデビットカードが使えない場合もあります。

その意味では、クレジットカードを併せ持ったほうが便利と言うことになります。


広告

クレジットカード・デビットカードの違い【補償】3項目

クレジットカードデビットカード
不正利用の補償ありあり
不正利用の対処しやすいしにくい
補償額限度なし多い限度あり

不正利用を受けた際の補償

クレジットカード、デビットカード、いずれの場合も不正利用を受けた場合、補償するための制度があります。

不正利用を受けた際の対処のしやすさ

クレジットカードの場合は決済日が後日。

このため、引き落とし前の対処(引き落としを停止する等)が可能な場合があります。

これに対し、デビットカードは即時引き落とし。

不正利用に気づいたとしても、預金からお金が引き出されていることになります。

このため、補償手続きに時間がかかる場合もあります。

不正利用を受け損失があった際の補償額

クレジットカードの場合は、特に限度額が設けられていない場合が多いです。

(規定に基づき補償される仕組みですので、必ずしも全ての損失が補償される訳ではありません。)

デビットカードについては、補償の限度額が設けられている場合が多いです。

クレジットカード・デビットカードの違い【諸費用】3項目

クレジットカードデビットカード
年会費さまざま無料多い
海外手数料2%前後3%前後
利子負担ありなし

年会費

クレジットカードの年会費については、無料のものを含めさまざまなケースがあります。

デビットカードについては、無料の場合が多いです。

海外で利用する際の手数料

海外でクレジットカードを使う場合には、概ね2%前後の手数料。

デビットカードでは、概ね3%前後の手数料がかかる場合が多いです。

利子の負担

クレジットカードで分割払い、リボ払い、キャッシングを利用する際には利子がかかります。

さらに、支払いが遅延した場合、日数に応じて遅延損害金を支払う必要があります。

デビットカードでは預金から即時に引き落とされる仕組みであり、利子はかかりません。


広告