交通機関の換気対応を1分チェック|時差通勤で賢く3密を避ける方法

この記事は約2分で読めます。

代表的な交通機関の換気対応を調べてみました。

外出の自粛が要請されているとは言え、交通機関を毎日利用せざるを得ない方は少なくありません。

神経質になり過ぎず、正しい情報をもとに賢い行動を取る必要がありそうです。

スポンサーリンク

交通機関での換気対応の例

大手航空会社
  • おおむね2分から3分ですべて入れ替え
  • 高性能フィルター
JR東日本新幹線おおむね6~8分程度で入れ替わる
在来線の特急車両
在来線の普通列車等空調装置により外気温や車内の温度、乗車率等に応じて適宜換気
東京メトロ(東京地下鉄)空調の使用と一部窓開け(1車両につき2カ所程度)
都営地下鉄車両の一部の窓を開けて運行

このご時世、飛行機はすいていることが多い上、空調が効いているため神経質になる必要はなさそうです。

電車については、山手線のように30秒から数分に一度ドアの開閉をする場合、あまり心配する必要はありません。

ただし、それはすいている車両の場合であって、満員電車のような状況ではその限りではありません。

時差出勤などにより、人との間に空間を取る必要がありそうです。

とは言え、最近では電車もすいていること多し。

ラッシュアワーを避け、スマートに行きたいところです。

3つの密を避ける理由

「3つの密をさけましょう」(厚生労働省ホームページ)と言う標語は、新型コロナウィルスの感染者を追跡した結果によるもの。

  • 密閉空間
  • 密集場所
  • 密接場面

を避けなければいけない理由は、これら3条件がそろう場所での感染リスクの高さです。

感染のプロセスとしては

  • 飛沫感染
  • 接触感染

が上げられています。

これらについて、厚生労働省ホームページでは

  • 飛沫感染はくしゃみ・咳・つばなどを吸い込む
  • 接触感染は電車やバスのつり革、ドアノブ、エスカレーターの手すり、スイッチなどへの接触

によるものとされています。

この二点とは別に、NHKのホームページでは「マイクロ飛沫感染」の可能性が指摘されています。

厚生労働省ホームページでは「空気感染は起きていないと考えられていますが、閉鎖した空間・近距離での多人数の会話等には注意が必要」との表記があります。

と言う訳で、定期的に外気を取り入れることの重要性。

そして、電車に乗る際には時間帯を考え、余裕を持った行動を取る必要がありそうです。