即金規制の銘柄でデイトレをしない理由|指をくわえて1日傍観する男

運動場の中央に円の中心を描く

即金規制のIPO銘柄でデイトレしない理由について、個人的な考えをまとめました。

インしたいのに一日中傍観する男。

まことに情けない限りです。

これも相場が活況でないおかげ。

もう少し日本市場は元気になっても良いのではないか?

そう思うのは私だけではないでしょう。


スポンサーリンク


救いのIPO銘柄の筈が…

前場10時前に見渡すと、ある程度の出来高を伴い上がっていく銘柄が1銘柄ほどしかありません。

直近IPO株の4421DIシステム。

普通なら迷いなくインするところですが、例によってこの銘柄、即金規制。

新規公開株(IPO)の即金規制とは

新規公開株が上場初日に寄り付かなかった時などに出される規制で、買い付け代金が即日徴収されます。

即日徴収とは、手つかずの(3営業日の間、株の売買をしていない)現金が手元にないと、売買できないと言うことです。

信用取引はできません。

IPO株が初日に寄らない場合には長年、この規制をかけるのが通例となっています。

しかし、この即金規制、増担保規制に比べてもどうも好きになれません。

増担保規制とは

信用取引において、委託保証金が通常より多く必要となる規制です。

この規制が実施されると、委託保証金が30%、50%などの指定が入り、その率に応じて信用取引で建てられる建玉の大きさが小さくなります。

例えば、通常は信用取引において、30万円の運用資金では100万円を超える程度の建玉が建てられます。

増担保規制が入ると、建てられる玉の金額が60万円までとなったり、場合によっては30万円までしか建てられなくなります。

増担保規制は、その銘柄の売買が活況になり過ぎた場合などに実施されます。

条件はいくつかあり、東証で公表されています。

概ね、日々公表銘柄に指定された後に実施されることが多いです。

証券会社が独自に実施する場合もあります。

増担保規制では、それでもいちおう信用枠は残る訳です。

しかし、即金規制の場合には、インした後に他の銘柄で使う分の信用枠までなくなってしまうので、心理的な障壁が高いです。

“規制” は参加者を減らしてしまう

増担保規制もそうですが、このような規制による価格の調整をやると、出来高がスカスカの銘柄が増えてしまいます。

そして、ただでさえ出来高不足で参加者が不足気味の相場に輪をかけてしまいます。

しかし、仮想通貨とか、為替、米国株、その他のデリバティブなど様々なマーケットに資金が分散してしまっている現状を考えると、この出来高が減ってしまう規制にはあまり賛成ができません。

そうは言っても現実が変わる訳ではないので、やはり売買を手控えるしかない本日の前場となりました。

低迷気味の新興株市場では、デイトレーダーが手を引いたら参加者が異様に少なくなってしまいます。

個人投資家が参加しづらい状況を作るのはいかがなものでしょうか。


広告

売買する側には出来高が命

案の定、4421DIシステムの分足も前場後半では冴えない動き。

出来高も微妙に不足した感じになり、監視銘柄から外さざるを得なくなりました。

私の場合、出来高が減って来たら即座に監視銘柄から外すことが多いです。

そのような人は多いのではないでしょうか。

そうなると、出来高が減れば減る程、相乗効果でさらに出来高が減ってしまいます。

本日前場、10時以降は新興株全体でも監視候補となる銘柄がなくなってしまいました。

もちろんもっと上手な人は、絶妙な相場勘でトレードに適した銘柄を見つけているのかも知れません。

そのあたりは個人の能力差ですので、いかんともしがたいところ。

デイトレードは結局のところ、自分の能力や経験値に合わせてやるしかありません。

無理をしてインすることはかえって命取りになります。

新興株に手が出ない理由

そんな相場概況の中、前場10時30分頃より上がり始めた4582シンバイオ株。

本日の新興市場唯一の活況銘柄と言っても差し支えない状況です。

ところがこの銘柄は、例によって板が詰まった膠着した値動きでしたので、1ティックを取るのが至難の技。

インするのに二の足を踏まざるを得ませんでした。

前場は結局、1銘柄しかトレードする銘柄が見つかりませんでした。

後場においても、今一つ盛り上がりにかける状態は変わらず、本日は手出し無用の日となりました。

小型株のIPOに手が出しにくい理由

明日はIPO株が1銘柄設定されているので、そちらに期待したいと思います。

しかし、初日に寄らずにまた即金規制になると、手が出しにくくなります。

新興株のマーケットとIPOについて考えさせられた本日の相場でした。

関連記事

IPO初値予想|安寄り後のデイトレード|急落の恐怖とスキャルピング

IPOスケジュールと日経平均株価|秋・冬相場の正念場来たる?

日経平均の株価を追う新興市場|IPO株攻略法|トレードは活況と閑散の間

IPOスケジュールと初値予想でデイトレード?利益を出すやり方と公募価格

IPOの値幅とリスク、背中合せの皮算用とは?1枚買いで持越すGU手法!

IPOセカンダリ―の方法!偶然性に賭け1枚引けに買持ちで来月を占う

IPOスケジュール2018を見直す|カレンダーで一覧チェックしてる?


広告

本日のトレード結果

【デイ新規建売買代金合計】(買建)概算90万円
(売建)なし
【デイ売買銘柄】(買建)4335アイ・ピー・エス
(売建)なし
【デイトレード損益】+0.3万円
【スイングトレード損益】なし
【本日のトータル結果】+0.3万円
【今月の損益】-4.3万円
【持越ポジション】新規買建1銘柄(東証1部)
新規売建なし
【含み益】なし
【225オプション】ポジションなし


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. ストップ高をつけた後にストップ安をつける分足チャート

    IPO株で利益を出す方法の考察|株歴15年これで大損ぶっこきました

  2. 2本の陽線上昇のチャート

    IPOスケジュールに値動きを取る|デイトレするならコレをやれ?

  3. X2から等距離の2点を決める

    売買代金とIPO株|インを決める私の方法|これでドカンを食らいました

  4. 10本目チャートまで作成したチャート

    IPOの値幅とリスク皮算用とは?1枚買いで持越すGU手法がヤバい

  5. IPO株でのデイトレードの急落

    直近IPO初値寄り付き後の注意すべきデイトレード|こわすぎやばい

  6. テニスの厚いグリップ・薄いグリップ

    IPOのスケジュール|私のデイトレ参戦法|これで爆下げを食らいました

  7. 急騰後急落する1分足チャートの拡大イメージ図

    IPO株の初値予想なしに2018スケジュールを追いデイトレするコツ5選

  8. カイジ風の筆者びびり顔

    即金規制のIPO株で私がぶっこく5つの理由|悶絶顔がヤバ過ぎ恐い

  9. 特別売り気配からのギャップアップティック足

    IPO株スキャルピング手法2つの究極的選択“瞬トレ or 電気椅子”

  10. 滝壺へ落下の曲線グラフ

    値がさ株デイトレ損切りで途方に暮れる!IPOワープ上げ下げの恐怖

  11. 下ひげ陽線の図

    IPOセカンダリ―の方法!1枚引けに買い持ちのビビり具合が半端ない

  12. 海で流れから離脱する方法

    IPO株のデイトレードは地味に初値安寄りがやりやすい?年末5営業日

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. 価格上昇の不確実性

    2019年7月第3週|日々のトレード結果|日常茶飯事誤発注で血の気引く

  2. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    東京の公営ジム139選|一覧表で3分決定 格安トレーニングスポット

  3. デイトレーダーが望む上下動を繰り返す値動き

    2019年7月第2週|日々のトレード結果|有限利確と無限損切りの戦い

  4. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年7月第1週|日々のトレード結果|ワンショット増量にかける男

  5. 某新興株の3営業日連続ストップ安の日足チャート

    ストップ安 致命傷さける為の2つの方法|2019年6月月間損益結果

  6. テンキーの文字配列

    2019年6月第5週|日々のトレード結果|月末ふっ飛ばしたら退場マジ?

  7. 前日のローソク足とピボット値

    株の値動きを分析する方法|私の3つの考え方|これで丸裸になりま…

  8. 値動きがないまま下げる値動き

    デイトレしやすい分足の研究|私の超短期売買|これで文無しになり…

  9. 2019年6月第4週|日々のトレード結果|スタートからドボンする男

  10. 孤独に傘をさす男のシルエット画像

    2019年6月第3週|日々のトレード結果|雨の中相場の幸運を待つ男

広告
広告