ワープを取る

この記事は約4分で読めます。

相場の鍵はワープを取ることにあります。

ワープが取れないならば、1円ずつ地道に積み重ねなければなりません。

すなわち、価格の刻みを素っ飛ばすこと。

ティックを素っ飛ばし、行き過ぎを取ること。

これが利益を最大限に伸ばすコツであります。

以下、あくまで当方の感想につき、そのままにご参考とされるのは何卒お控えくださいますよう。

スポンサーリンク

最割安を狙う

最も割安なところを拾えば、その上昇余地も最大限取れる。

理屈から言えば、その筈であります。

とは言え、必ずしも

(割安)=(価格の安さ)

ではありません。

高値の割安と言うのも存在します。

ですから、見た目ではなく、実現可能な上昇余地を内に秘めた、ぶっ飛び前の割安さ。

この意味における最割安を狙う必要があります。

すなわち、本当の割安とは何か。

その答えは、相対的な安さを捉えることです。

相対的な安さとは

皆が買いを入れれば高くなる。

皆が見向きもしなければ安くなる。

たとえ高値であっても、皆が手を出さない・出せない価格。

これが相対的な安さであります。

いわば、皆の考えの逆をつく、一種の逆張りであります。

逆張りと言えば、値動きの逆に張る方法と思いがちです。

しかし、実際はそうではありません。

順張りをしつつ、皆の思いと逆に張ると言うことは十分可能。

見た目ではない、真の逆張り手法。

これこそ、相対的安さに近づく方法であります。

本当の逆張り

一般論が一般化すればするほど、その逆に張ってみる。

心理の逆を突くのであります。

例えば、皆が一番買えない株を買って行く。

買えない株とは、上がらない株を意味するものではありません。

こんなヤバい株、買えない。

相対的な安さの表れは、ここにあります。

皆がダメだと思い、絶対に買い持ちできないと思えば思うほど、上昇余地が発生する。

そんな場合が無きにしもあらず。

この事象を利用した手法に、上場廃止懸念株でトレードする方法があります。

廃止懸念でなくとも、何らかの理由でとても買えない、そういう銘柄がある場合。

そこに一抹のチャンスが生まれる可能性。

すなわち、買えない株こそ、買える余地が生まれる。

逆説的な買い余地の不可思議であります。

逆説的買いの例

例えば、下値抵抗線を割ったから買えない。

当方、その言葉を聞いたなら、思わず、ほくそ笑まずにいられません。

このラインを割ったから買えない。

買えない理由が共通認識として、皆に行き渡っている。

相場の一般論がそこに生じたのであります。

そして、わざわざその理論を大っぴらに公開している。

これをほくそ笑まずして、何をほくそ笑むのでしょう。

皆が買えないと思った時、そこにチャンスが生まれる。

下げの限界目途をぶち破って下がり、皆がこれはヤバいと、顔を見合わせて目くばせした時。

価格は一瞬、相対的に割安となります。

反対の論も言えます。

高値の目途を越えたから、これは買い。

当方、その言葉には本当かよ、と思います。

実際の話、目途なんざ、関係ありません。

テクニカルの節目、すなわち相場によくある一般論。

皆の見方がある程度一致した時、そこに利益を頂く隙が生まれるのであるからして。

そこを狙うのみ。

一般論は無駄

一般論は一般化すればするほど、意味を持ちません。

その隙を狙うことが可能であります。

なお、高値の空売りをすすめるものではありません。

そんなものは、危険なだけ。

そうではなくて、本当の割安は別のところに存在する、と言うことであります。

仕手株的に値動きがおかしくなり、素っ高値を取り、これは買えない・あるいは買えるとなる。

そうなったら、それは一般論に過ぎないのであります。

一般の逆とは何か?

特殊であります。

一般は無駄に過ぎず、特殊が意味を持つ。

相場においては、そういうことが往々にしてあるのであります。

ワープを取るとは、そんな特殊な状態を狙うと言うこと。

特殊を狙ってこそ、窓開けぶっ飛びワープをゲットすることができる。

これが当方の経験則です。

あくまで、感覚的なものだけれど。

さて、本日の結果は、デイ負け・スイング勝ち。

デイは後場、S高狙いで軍需株買ったら、途端に爆下げしてぶん投げ。

スイングは昨日6銘柄持ち越して1銘柄ギャッダン、1銘柄はギャップアップ爆上げ、他は同値か微上げ程度。

1銘柄のGU銘柄は前場グイグイ来たけれど、ついていくことができませんでした。

従って利益は少ない。

それでも、この相場で持ち越して損しなかったので、自分としては上出来です。

やはり買いで攻めて行こうと。

あれな株、いろいろ持ち越し。

軍需も買い直し。