日経平均チャート|トレンドの読み方|リアルタイム主力大型トリオ株

6本の足の作成が完了したチャート

株式投資では個別株のチャートの見方以外に、全体相場の判断も大事です。

日経平均のみならず、世界の平均株価や為替。

時価総額の大きい銘柄群。

それらのチャートを頭に入れ、明日の動向を探る私のやり方。

ご参考までにご紹介いたします。

相場勘を作る一助となれば幸いです。



日経平均のチャート:トレンドって何?

もともとTrendと言う英語は、方向、傾向の意味です。

以下、全体相場の方向性、全体的な傾向を読むため、私が日常的に行っている手順をご紹介します。

なお、これはあくまで私見に基づく一つの方法であって、決しておすすめするものではありません。

また、以下に出て来る用語などの使用法も厳密に正確なものではない場合があります。

素人相場師の個人的見方だとお考えください。

私のトレンドの読み方概要

・日経平均、米国株などの各国指数の日足
・日本株の代表銘柄の日足
・メガバンクの日足
の三点から買いか売りかを判断すると言うことです。

所要時間は15分程度です。

日経平均、米国株などの各国指数の日足を見る

まず全体相場の方向性を判断する際には、私の場合、後場の14時過ぎに行います。

その理由は、その日の日本株の日足、ローソクの形状がほぼ決定されるであろう時刻が14時過ぎだからです。

もちろん、ボラティリティ(価格変動率)が急上昇しているような荒れた相場の場合には、14時30分以降に急速に当日のローソク足の形状が変わるような急変動が、ないとは言えません。

ですので、あくまで目安としての大まかな時刻です。

14時過ぎに

①日経平均
②為替(ドル円のみ)
③昨日の米国株(ダウ平均、ナスダック、S&P500)
④マザーズ指数
⑤ジャスダック指数
⑥ジャスダック平均
⑦イギリス株

などの日足を見て、明日、上に行きそうか下に行きそうかの判断をします。

判断をすると言ってもあてになりはしないので、あくまで仮のものです。

上の①~⑦に加えて欧州株、中国株も見ることも多いです。

相場が“ヤバい”、“急落しそう” と感じた場合には見ることが多い気がします。

たくさん見たところで、自分の売買にプラスに働いているのかどうかはわかりませんが、追い込まれた心境になると、いろいろと見てしまいます。

例えば、本日の日経平均、昨夜の米国株は概ねこのようなイメージの日足です。

微妙に高安値が開いて行く保ちあい相場

微妙に高安値が開いて行く保ちあい相場

この図形を見ると、このまま下に行きそうな気もしますが、実際の話、明日寄り付くまではわかりません。

予想と逆に行くことなど数限りない程、体験していますので。

日本株の代表銘柄の日足を見る

さらに付け加えて私が気にするのは、時価総額、売買代金ともに最も大きい銘柄群の動向です。

代表的なものを上げますと、以下のようになります。

名付けて、“主力大型トリオ株”です。

(トリオになっていない場合も多いですが…。)

主力大型トリオ株一覧

鉄鋼:5401新日鉄住金、5411JFE
電機:6501日立、6701NEC、6752パナソニック、6758ソニー、7751キヤノン など
機械:6954ファナック
自動車:7201日産、7203トヨタ、7267ホンダ、7261マツダ
商社:8058三菱商事、8031三井物産、8053住友商事
メガバンク:8306三菱UFJ、8316三井住友、8411みずほ銀
証券:7604野村
海運:9101日本郵船、9104商船三井、9107川崎汽船
保険:8750第一生命、8766東京海上、8591オリックス
不動産:8801三井不動産、8802三菱地所、8830住友不動産
電力:9501東京電力、9503関西電力
通信:9432NTT、9433KDDI、9984ソフトバンク、9437ドコモ
小売:9983ファーストリテ

などです。

なお、これらの銘柄を選んだ根拠は、特に厳密なものではありません。

「一般的に大体これが代表的な株じゃね?」と言う感じ。

ずいぶん以前にコア30とか日経300のような代表銘柄をざっと見ています(東証のサイトで)が、ほとんど忘れてしまっています。

と言うか、最近ではそういうデータを見返すこともしなくなりました。

(見返しても大損したことが度々あったからです。)

ですので、「なぜこの銘柄は抜けている?」などとおっしゃらないでください。

業態の分類も私流です。

あまり細かく厳密にやろうとすると、そこで悩んでしまってそれ以上判断を進めることができなくなりますので、結構、大まかに判断することが多いです。

だから損ばかりしているのかも知れませんが。

これらの銘柄は株のツールに登録して、日足を概観できるようにしています。

一周するのに3分くらい?

それで、これらの銘柄の日足を見て、平均的なイメージの日足を頭に入れておきます。

本日については、上記の画像(微妙に高安値が開いて行く保ちあい相場)に概ね重なります。

メガバンクの日足を見る

毎回注意していることは、時価総額がトップで売買代金も最上位に近い銘柄、メガバンクについては、別個に注目しています。

メガバンクは株主に巨大“大物” 株主(機関投資家?)が数多くいて、時価総額の金額も物凄く、売買代金も最上位クラスですので、全体相場に最も強く影響を与えると勝手に考えているからです。

例えば、本日は日経平均や欧米諸国の日足は下に行きそうな印象ですが、メガバンクは出来高が上がり、上昇しています。

だから、明日はそんなに下には行かないのではないか?と言う感想。

あくまで感想です。

何の科学的根拠もありません。

メガバンクをその時刻の株価より上で買った人が多くいるため、結果的に終値の株価も上がって、売買代金も上がりました。

その買いの金額はものすごく大きいし、値上りによって増えた時価総額の増加分もものすごく大きい訳です。

ですから、明日も上がるんじゃないですか?と言う…。

実際にはわかりません。

この見方で裏切られたことも数多くありますので。

仕方ないですよね、わからないものは。

ただ、そうやって“トレンドを読む” ことで、私個人的には買いか売りかの判断をしていると言うことです。

トレンドの判断材料については、以下の記事もご覧ください。
相場の大局観?利益を生む2つの極意?流れを見極め仕掛ける私の方法

膠着相場は適温か?3匹の熊と目が合うまで手詰まり?損失抑え次へ視線

買い持ちスイングについては、以下の記事を。
私のトレード手法|1泊2日スイング|カイジ流一か八か手法は捨てる?

寄り付きギャップアップ狙いの手法とは?自分独自の方法論を探し出す?

以上、三点から判断した株のポジション

本日はそういう訳で、全体相場が下に行きそうな印象はあるものの、メガバンクの動きで、必ずしも“売り判断” とは決められません。

ですので、空売りはなし。

(欧州株は現在下げているので、失敗したかも…。)

結局、小型株の買いを数銘柄。

おそらく、メガバンクがもっと下に行っていたら、主力株の空売りを付け加えていたと思います。

明日以降、さらに下に行ったら空売りを増やしたり、プットを買ったりします。

果たしてこのやり方、このままで良いのかはわかりません。

現状、私はそうしていると言うことです。

ご参考になりますでしょうか。

真似をして大損をなさらないようにしてください。

正直な話、これだけでは相場には勝てませんので。

いつか、天才トレーダーの人とか、もの凄く儲けている人にやり方を教えてほしいと思っています。

まあ、教えてくれないでしょうけど。

皆さんのご健闘をお祈りしつつ、また、自分の持ち株が上がるよう願いつつ、明日の相場を待ちたいと思います。


広告

本日のトレード結果

【デイ新規建代金合計】(買建)概算80万円
(売建)なし
【デイ売買銘柄】(買建)4764SAMURAI、9399ビート
(売建)なし
【デイ損益合計】+0.4万円
【持越決済】-0.9万円
【本日のトータル結果】-0.5万円
【今月の損益】+9.8万円
【持越ポジション】買建3銘柄(新興株×1、東証1部×2)
【含み益】なし
【225オプション】ポジションなし


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 11本目の足まで作成終了のチャート

    株初心者におすすめできないデイトレ銘柄の買い方|ストレス卵めし手法

  2. 4本目の足が下落しているチャート

    日経平均チャート10年|長期の記憶をさかのぼり傍観?スイング持越なし

  3. 4本目の足が下落しているチャート

    日経平均先物リアルタイムチャートを追え!これが世に言う売り仕掛け?

  4. 経験則をどう身に付けるか

    株の失敗を防ぐやり方|気候と錯覚による先送り|手法改善の為の4選

  5. 2本の陽線上昇のチャート

    デイトレーダー株誤発注で飲まず食わずの来月が近づきとんでもない目に

  6. 膠着ベア相場の意味とは?ゴルディロックス3匹の熊と目が合うまでのお伽噺

  7. 秋相場のアノマリー

    株の買い時|10月に下がる?スイングトレード経験則|私の相場アノマリー

  8. 相場の森と言う名の生態系

    株初心者の基礎|3分でマスター心構え5選|相場の森がヤバすぎる

  9. 微妙に高安値が開いて行く保ちあい相場

    株の出来高、儲かる地合い|持ち合い相場でポジション買持ちの理由

  10. スケボーのトラックとベアリング、ウィール

    消費増税延期の可否は?相場の方向性どうなる?2019年前半の大問題

  11. 経験則をどう身に付けるか

    バブル崩壊!株初心者が日経平均の動向を把握する2つの方法|全体相場把握法

  12. 8月上旬~中旬のトヨタ株のイメージ図

    地合いとは?チャートで判断する?私の全体相場判定法と空売りのやり方

  13. ローソク足(陽線)の始値・高値・安値・終値

    ツイッターメッセージに地合い悪化|両建てポジで澄まし顔が変すぎる

  14. 11本目の足まで作成終了のチャート

    米国株見通し楽観後、下落|ぬか喜びの睡眠後、奈落の底|情報に踊る

  15. ギャップアップの日足

    ストップ高持ち越し狙いのバケツリレーブログ|アクセスがぴゅっ!

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年8月第4週|日々のトレード結果|ブランク明けビビり売買発動

  2. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    全米オープンテニス 2019 錦織圭 大坂なおみ【ハイライト動画】

  3. 1分足チャートの出来高が薄いパターン

    2019年8月第2週~第3週|日々のトレード結果|損切り2発KO

  4. 分足チャートのどこで利幅を取るか

    2019年8月第1週|日々のトレード結果|つれない相場の女神に頼みたい

  5. 値がそれほど詰まっていない板状況

    株の出来高の見方に注意し大損をのがれた結果 2019年7月月間損益

  6. 難しい上昇トレンドのチャート形状

    2019年7月第5週|日々のトレード結果|夏枯れ相場に様子見益なし?

  7. 同心円を追加した図

    2019年7月第4週|日々のトレード結果|参院選後に相場は動くか?

  8. 価格上昇の不確実性

    2019年7月第3週|日々のトレード結果|日常茶飯事誤発注で血の気引く

  9. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    東京の公営ジム139選|一覧表で3分決定 格安トレーニングスポット

  10. デイトレーダーが望む上下動を繰り返す値動き

    2019年7月第2週|日々のトレード結果|有限利確と無限損切りの戦い

広告
広告