素っ高値で持ち越す方法

この記事は約3分で読めます。

上がっている株は買われる。

そんな俗説に従い、素っ高値を買う方法。

実は当方、時折りやっています。

最高値の更新銘柄買い。

上がるか下がるかは確率2分の1。

いくつか買い持ちして、トータルトントンなら持ち越しもアリかと。

スポンサーリンク

出来高はあるか

出来高がなくとも、どんどん上がる株はあります。

しかし、問題は降りる時です。

売ろうと思っているのに、買い板が出ていなければ、降りるに降りられません。

無理矢理板をぶち抜いてぶん投げると、自分の売りで損をします。

素っ高値を買う時点で、ぶん投げる時のことまで考えておく必要があります。

確率は2分の1であり、半分は必ずぶん投げますので。

そんなわけで、当方、出来高重視。

ギャップアップはするのか

買うからには翌日ギャップアップしてほしい。

じわじわ上がるのも悪くはありませんが、我慢力が必要となります。

上で寄ってくれれば、我慢力はいりません。

利確するのか、さらに利を伸ばすのかの選択になります。

したがって、買い持つからにはギャップアップを狙いたい。

主力の大型優良株などは、あまりギャップアップしません。

勢い余ったいわゆるクソ株。

スッカスカの板をぶち抜き買いする人がいるからこそ、ワープでぶち上がるわけです。

やはり小型株のぶち上げは強い。

下がったら切れるか

値動きの良い小型株に限って、とんでもない下げ方をしてくれることがあります。

すぐ切らないとダメな場合が多いです。

考えていたら、みるみる下がってしまいます。

当方の場合、寄り付きからぶん投げ。

そんなことがしょっちゅうです。

寄りから投げると案外同値で降りられることもあります。

しかし、様子を見ると下がってしまうことが多いのです。

ホルダーが皆、様子見しているからです。

一番まずいのが雪崩。

雪崩を避けるのが第一となります。

陽線は出ているか

陰線が出ていると言う事は、誰かが売っていると言う事。

逆に、陽線で引けていれば、誰かが買っています。

皆で一緒に買って行けば、株価はどんどん上がる筈。

そう、筈なのであります。

従いまして、当方が買うぶち上げ株は、必ず陽線と決まっています。

押し目を買おうなどと思うと、なかなか陽線は買えません。

しかし、押し目とは、誰かが売って来たところを買うに等しい。

その後、はたして買いは入るのか。

なかなか微妙な問題。

面倒くさいので、澄ました顔で陽線買い。

上髭陽線は出ているか

上髭陽線とは、言い換えれば行って来い。

ヒゲの先っちょまで言ってから、戻って来たことを意味します。

この上髭陽線は値動きに迷いがある証拠。

強いか弱いかで言えば、あまり強くはない。

ですが、当方、あまり気にしません。

思い切り上髭陽線が出ていてもギャップアップしてくれさえすれば良いのです。

さて、数々の日足はどうなっているでしょうか。

上髭陽線の翌日は下げているでしょうか。

そのあたりは綿密な調査が必要となります。

さて、本日のデイトレは微勝ち。

大損ぶっこいたばかりなのに微勝ちとは、良い度胸をしています。

スイング買い持ちは天下のヤバそうな低位株。

同値で降りられるっしょ。

そんな適当な買い持ち基準です。

だいじょぶなんでしょうか。