動かない相場の方法

この記事は約3分で読めます。

振り返れば、相場なんてものは、動かないことの方が多い。

1年間を振り返れば、閑散続きもいいところです。

例えば、時系列に

  • 年始
  • ゴールデンウィーク
  • 真夏
  • クリスマス
  • 年末

の各時期においては、相場が動かなくなることが少なくありません。

たいていは連休の影響。

真夏の時期は、お盆休みが取れる人を除き、連休ではありませんが、暑さの影響でしょうか。

いわゆる夏枯れ相場と言うもの。

クリスマスの期間は欧米圏の連休です。

こうして見ると、下手をすれば1年中、閑散相場になりかねない。

動かない相場をどう乗り越えるか。

当方が思う、その方法は概ね以下のようなものです。

スポンサーリンク

仕手株に乗る

相場とは無関係に、グイグイ来る銘柄。

相場が動かない場合には、嫌でもこの銘柄が目に入ってきます。

仕手株とは、実体不明の仕手筋によって動かされている、とされる銘柄。

あるいは、そうであるかのように見える、極端に値動きの大きい銘柄を指します。

これは、あくまで相場における俗語であり、明確な定義がある訳ではありません。

閑散相場においては、この仕手株が異彩を放ち、視野に入ってくることが多い。

なお、仕手株でのトレードを推奨する訳ではありません。

なぜなら、あまりに危険が多い。

しかし、危険を考慮に入れ、小ロットでトレードするならば、それはそれでよろし。

本当の閑散相場においては、ここでしかトレードができない場面も少なくないのです。

やむなく手を出さざるを得ない、相場の必要悪的存在、それが仕手株であります。

爆下げを探す

動かない相場においては、爆下げ株がチャンスとなる場合が少なくありません。

なぜなら、大きく下げた後の戻しは明瞭。

リバウンド狙いであります。

実は、大きく値が下がった直後のリバウンドは、一見小さくしか戻っていないように見えます。

チャート上では少し戻すだけ。

ところが、率を調べると、思いのほか大きく上がっている場合が少なくないのであります。

10%くらいのリバウンドならば、よくあること。

場合によっては、平気で2割・3割上がる。

銘柄によっては、2日で倍、なんてことも。

戻しの率に注目し、そこから頂くと言う手法は、なかなかにおいしい。

ハズすと痛いですが。

ひたすら待つ

閑散相場における正攻法は、待つと言うこと。

一番まずいのが、待つべき相場で下手に手を出し、かえって大損すること。

大きくやられるくらいなら、何もしない方がマシであります。

腕に自信がないのであれば、ひたすら待つ。

そして、相場が活況になった時だけ、参加するのです。

1年のうち、数回だけトレードをして、十分な利益を出している人がいます。

実はこのやり方は効率的であります。

なぜなら、チャンスはどこかに固まって落ちているからです。

チャンスの固め取り。

このためにはひたすら待つことが必要です。

膠着には勝てない

結局のところ、膠着相場には勝てないのであります。

膠着しない、値動きの軽いところを探す。

これが当方の結論であります。

そして、GOサインをすかさずとらえる。

GOサインを見抜くプロとならなければなりません。

Goプロを目指す、と言う訳であります。

さて、本日の結果はプラマイゼロ。

昨日はノーポジ。

しかしアレな株を買っておけば、まあ勝てたかな、と言う感じ。

米株も大きく下げる素振りを見せておいて、結構戻しました。

相場としては、総じて冴えない印象。

日経は場中、一貫して下げ続けました。

下げ相場か。

それとも夏枯れ相場の影響か。

嫌な汗がしたたりました。

ノートレ・ノーポジで引け。