順張りが難しい理由

この記事は約4分で読めます。

順張りとは、順方向に張ること。

例えば、株価が100円から300円に動くのであれば、ただ100円で買って、300円まで持っていればよろしい。

これを3倍相場と呼びます。

一見、あまりにもたやすく見える、この順張り。

なぜそれを達成できる人が少ないのか?

その理由は、逆張りよりも順張りの方が遥かに難しいからです。

なぜ遥かに難しいのか?

それは相場の幾何学的事情によるものです。

スポンサーリンク

相場の幾何学

相場は複雑怪奇なジグザグの挙動を常とします。

すなわち、一直線には動いてくれません。

そもそも、自然界には直線が存在しません。

直線とは、人間の概念に過ぎないのであります。

さらに、相場においてはなおのこと、直線が存在しません。

正確に言いますと、直線が存在したとしても、極めて短い距離においてのみ。

その他は全て、ジグザグであります。

例えば、100円から101円への値動き。

この1ティックは、直線的値動きです。

しかし、株価がそのまま300円まで直進することがないのは、経験則上、明らかであります。

距離に比例した複雑性

出発点から目的地までの距離が長ければ長いほど、そのジグザグの複雑性は増すのであります。

誰が100円から300円まで、一直線に取れるでしょうか。

もし相場に一直線の値動きが存在するならば、これほど簡単なものはありません。

途中の130円で買ったとしても、300円までたどりつけないにせよ、参加者全員が着実に利益を得ることができるでしょう。

しかし、ジグザグの複雑性は相場において極まれり、であります。

行ったり来たり、ジグザグの中に無限かつ不規則なジグザグを含む。

そもそも、目的地は上にあるとは限らないのです。

途中で随時、目的地は変更されます。

すなわち到達点が100円以下もあるよ、と。

人は直進性に囚われる

人はカオスを嫌い、概念に過ぎない直線に囚われるようになります。

そして、少なくとも、100円から101円の値動き、これは直線であると。

であるからして、ここで1円を取ろうと、思わずデイトレをし始めるのであります。

そして、いったん100円から直進し130円に達した後に、下に行く場合。

ジグザグの折り返し地点、ここで空売りをかけたくなります。

120円まで落ちて反転するのであれば、今度は逆張りの買い。

すなわち、直進性に囚われてはデイトレをし、直線の折れ曲がりに惹かれ、逆張りで入ることとなります。

これが順張りが難しく、何かと逆張りになる理由です。

放っておけばデイトレ・逆張り

人は、放っておけば、デイトレをし、逆張りをするようになります。

なぜなら、カオスを拒絶したいからであります。

値動きに直進性を求め、折り返し地点で入ろうとするからであります。

カオスを拒絶しようったって、相場の本質がカオスそのものなのであります。

順張りを成功させるためには、これらの心理を乗り越えなくてはなりません。

カオスを受け入れ、カオスを超越した順方向の値動きを手に入れる。

これが出来て初めて、順張りは成功するのであります。

すなわち、逆張りより順張りの方が遥かに難しい。

そして、順張りの成功なくして3倍相場なし。

順張りなくして3倍相場なし

100円から300円の3倍相場は、順張りが出来て初めて成功します。

逆張りでは決してないのであります。

多くの人は、この3倍相場は無理なので諦めて、チマチマと積み上げる手法となります。

これがデイトレおよび逆張りであります。

しかし、3倍相場を諦めると言うことは、2倍相場も1.2倍相場も諦めることに他なりません。

なぜなら、握力のないところに順張りなし。

握力をもってカオスを取る。

そんな気概を持って、相場を攻略したいところであります。

本日も例にもれず、思わずスイングの損を取り返そうとし、デイトレに。

スイングの損と言っても、ロットは小さく、微損で済んでいたのであります。

にも関わらず、ヘンテコな銘柄でデイ。

しかも逆張りと来とる。

パターンだな。

傷はさらに深まったのであります。

やられちゃったよ、と。

涙目でヘンテコな銘柄買い持ち。