フリーメイソンのマークと都市伝説|全知全能のメッセージを見逃すな

この記事は約5分で読めます。

フリーメイソン。

ある人は身分を隠し、またある人はメイスンであると宣言します。

何らかの意図を持った彼らが世界中に存在します。

日本も例外ではありません。

全能たるプロビデンスの目が世界情勢を静かに見ています。

時には不吉な数字をもって何かを暗示し、語りかけているのかも知れません。


スポンサーリンク



フリーメイソンとは簡単に言うと何か?

【例文】「彼女は友人とのフリーメーソンを楽しんだ。」

フリーメイソン(Freemasonry)と言う単語は、英語では日常的にこのような使い方をします。

もともと「友愛感情」を意味する語です。

「友愛…?どこかで聞いたような語だな。」

ふと、そう思ったのは私だけでしょうか。

そして、もう一つの意味。

友愛感情に隠されているとも言うべき、ベールに包まれた存在。

実在する謎の団体、フリーメイソンです。

西洋史の随所において神出鬼没(しんしゅつきぼつ)。

今もって世界各国に様々な形態で展開する、いわば秘密結社。

フリーメイソンのマーク

筆者自筆によるフリーメーソン的な図柄
(当ブログ筆者、自筆によるイメージ図。)

図柄のパーツとなっているのは、上下にコンパスと定規。

それらは、石工職人に起源をもつフリーメイソンを意味します。

そして中央の目は、“プロビデンスの目”。

実際には各国様々な図案が採用されており、日本のフリーメイソンでは中央にGの文字を配したデザインになっています。

Gの意味は定かではなく、GodのGであると言う説も…。

プロビデンスの目とは

ピラミッド形状の中に、何かを見すえる瞳。

アメリカ合衆国の国章、裏面にも同様のデザインが施されています。

プロビデンスの目は「全能の目」とも言われます。

全能であればこそ、あらゆるものをお見通し。

その支配下にあるのが人間だ、そう言わんばかりにさえ感じられます。

ドル紙幣に刻印された“プロビデンスの目”

1ドル紙幣をよく見たことがありますか?

まぎれもなく、プロビデンスの目が描かれています。

米国の初代大統領ジョージ・ワシントンの図柄と表裏一体。

基軸通貨、米ドルに描かれた目は、今まさに世界中の人々を見つめています。

私はドル紙幣を使わないので関係ない?

あなた、“全能の目” を甘く見てはいませんか?

日本円は“プロビデンスの目” の支配下にある?

千円札を光にかざして見てください。

富士山の三角形と野口英世の目が重なり、まさにプロビデンスの目になっています。

これは偶然の一致でしょうか。

それとも、日本円は既に、全能の目に見すえられている証左でしょうか。

そうだとすれば…。

フリーメイソンの暗号

この無機質な数字の羅列は、いったい何を意味するのでしょうか。

少なくとも

  • 1918
  • 1945
  • 1789

これは、年号なのではないか、そう捉える方は多いでしょう。

  • 1918年 第一次世界大戦が終結
  • 1945年 第二次世界大戦が終結
  • 1789年 ジョージ・ワシントンが初代米国大統領に就任

歴史が動いた重要な年です。

そして、振り返ればこのツイートが世に出た2018年6月。

くしくもホワイトハウスで日米首脳会談、続いてシンガポールで米朝首脳会談が催された月。

払拭できない米国の重要な役割

「第一次世界大戦、第二次世界大戦、これらは全て米国の関与をもって終結した。

今もその立場は同じである。

わかっていますか?」

「そうとでも言うのかよ!

わいらの鍵はかの国が握り、そしてその行く末はプロビデンスの目がお見通しである。

そう言いたいのかよ!

友愛とはなんだ?

そしてフリーメイスンの目が見ているものは何だ?」

思わず声が震えたのは私だけでしょうか?

それより何よりこの数列、先頭の数字は全て6。

「666は不吉な数字!

なにコレやばい!!!」

プロビデンスの目、全能の目が世界を見ている、そう物語っていると考えられなくもありません。


広告


全能の目は静かにあらゆる出来事を見ている

夢に出て来る謎の男の顔

この男の目、どこかで見たことがないですか?

そう。

あなたの夢にたびたび出てくる、あの男の目です。

十分にご注意ください。

プロビデンスの目。

ある時は1ドル紙幣、またある時は千円札。

あなたの夢の中では、通りすがりの男。

気づかぬうちにあなたに近寄り、世の中の至るところで、何食わぬ顔でそっと見つめているのです。

「全てはお見通しだ。」

そう言わんばかりに…。


広告