手法

急務:大きく儲かったら休むべし

当方、最重要のトレードルールとして、大きく儲かったら休む、というのがあります。 これを破って得した記憶なし。 なぜだか知らぬが、儲かった後にはロクなことがありません。 儲けを削る、それも大きく吐き出すことが多い。 本...
手法

月2のチャンスを当てる方法

大きく値幅を取る、これこそが相場の聖杯。 すなわち、言うなれば、一足飛び性。 当方、以前より気づいておりました。 相場の一足飛び性こそ、トータルで大きく儲ける鍵であります。 なぜそう言えるのか。 値幅が値幅を呼...
株一般

成敗のパーセント事情

相場の成否を決するもの。 それはパーセントであります。 百分率が相場を制する。 そう思うに至った諸事情、そして当方の相場感想文をまとめました。 飯のタネはどこにあるか 値動きの大きい株なら数分。 それでしっかり利...
株一般

最近の相場が難しい理由

最近の相場は難しい、そう思う方は多いでしょう。 逆に、最近の相場はチョロい、儲かって儲かって仕方ない、等という人がいるとしましょう。 彼を信じますか? 当方は信じません。 近頃多いのは「相場が難しい、もう駄目だ、●億...
手法

動かない相場の方法

振り返れば、相場なんてものは、動かないことの方が多い。 1年間を振り返れば、閑散続きもいいところです。 例えば、時系列に 年始 ゴールデンウィーク 真夏 クリスマス 年末 の各時期において...
株一般

仕手株相場の予兆

一見閑散、実はひそかに仕手株相場。 ときおりやって来る、この謎チャンス。 これを逃がしてはもったいない、そんな話であります。 もちろん、リスクは承知の上。 損したなら、さようなら。 覚悟とともに問いたい。 ...
IPO

IPOの天井を買えるか

IPO株をどこで買うべきか。 この答えは実に難しい。 なぜなら、このハイボラチャート。 IPOを攻略できれば、相場は手中に入ったも同然であります。 IPO株は市場において、もっとも値動きが大きい部類のものです。 ...
手法

好地合いのどこで手を引くか

地合いが良くて仕方ない、そんな相場は何年に一度しかありません。 そいて、地合いの良さはどこまで続くかわかりません。 したがって、好地合いのチャンスを逃してはならないのであります。 しかし、高値掴みで丸焦げ、これも相場の常で...
手法

買い遅れ涙目の手法

買い遅れ涙目と言えば、ご存じ、相場の定番。 グイグイ来ている相場を横目に、あろうことか、ノーポジ。 なぜ買ってないんだ? そうつぶやきながら、もはや為すすべ無し。 為すすべ無しと言ったって、何とかしなければなりません...
手法

お目当て銘柄の手法

お目当て銘柄を探索し、勝つ手法。 その鍵は、眼力を鍛えることであります。 これができれば、いつなんどきでも、利益を出すことができます。 相場の成り行きに左右されることがなくなるのです。 どんな相場が来ようとも、お目当...