手法

物色の矛先を探す方法

動きやしない、冴えない相場。 ここでの生き残りには物色の矛先を探す必要性。 買いが集まる場所を探すのであります。 神輿に乗る。 担がれてわっしょいするのです。 空売りで踏み上げられてはなりません。 あくま...
スイングトレード

戻り相場についていく方法

相場の中級者と上級者の違いは何か。 そう問われれば、当方、戻り相場についていけるかどうか、と答えます。 相場が下げてから、戻るかどうかはわかりません。 リーマンショックの大底でも、それは読めませんでした。 どんなに安...
株一般

膠着相場の理由

爆下げの「いっちょ買い」を狙いつつ、相場はいっこうに下がりはしません。 かと言って、グイグイ上がるコアな銘柄も不在。 失われた30年の先にあったものは、この冴えない、不透明な膠着相場と言うことなのか? アベノミクス前夜、2...
手法

ダウ下げのいっちょ買い理論

ダウが下がれば、日経は追随せざるを得ない。 相場において、この流れは長らく変わっておりません。 全くと言ってほど頑強に、微動だにしない流れであります。 正直に言いましょう。 日経なんざ、ダウにはとても太刀打ちできませ...
株一般

相対日本株強しの対処法

ここのところ、米株に比べ、日本株強し。 相対強しとは、向こうが下げてもこちらはあまり下がらないこと。 今まで通常こういうことはありませんでした。 日本株は米株の下げには率先して付き合い、上げには反応せず、なんてことが多かっ...
手法

グイグイ来る銘柄を探す方法

相場と言うもの、一番「きている」銘柄を買えれば、そこそこイケるものです。 逆に言えば、「きていない」銘柄に入ることほど、効率の悪いものはありません。 きている銘柄が見つからない日は、じっとしているに限る。 そんなグイグイ銘...
手法

新高値対策|下り最速に慣れるべし

新高値とは、高値更新に次ぐ更新。 強い銘柄の筆頭であります。 にも関わらず、なぜ、ここで勝負できないのか? その理由は、高所恐怖症であります。 すなわち、ビルの屋上で綱渡りができるか? この恐怖により、新高値を...
株一般

チャートパターンは頼れるか

チャートパターンは頼れるか? 頼るのは難しい、そう答えざるを得ません。 もしパターンに頼るとするならば、それはある意味、綱渡りを意味するのであります。 綱渡りに信頼性が持てるか、と問われれば、それは本人の能力と運に依存する...
株一般

相場の足の速い・遅い

相場には足の速い・遅いがあります。 今の相場は、極めて足の速い相場であります。 なぜそう言えるのか? 過去の相場と比較しつつ、現況を追います。 いわば、足を使い、相場の祭りを捉えたい。 神輿に乗っかって、わっし...
手法

買いの狙い

買いで入るに、狙いは一つであります。 買った後に下げを願う者はいません。 買ったらすぐに上がってくれること。 有無を言わさず含み益となり、すかさず利益確定の準備に入る。 これが理想であります。 相場の理想に必要...