手法

手法

物色の矛先を探す方法

動きやしない、冴えない相場。 ここでの生き残りには物色の矛先を探す必要性。 買いが集まる場所を探すのであります。 神輿に乗る。 担がれてわっしょいするのです。 空売りで踏み上げられてはなりません。 あくま...
手法

ダウ下げのいっちょ買い理論

ダウが下がれば、日経は追随せざるを得ない。 相場において、この流れは長らく変わっておりません。 全くと言ってほど頑強に、微動だにしない流れであります。 正直に言いましょう。 日経なんざ、ダウにはとても太刀打ちできませ...
手法

グイグイ来る銘柄を探す方法

相場と言うもの、一番「きている」銘柄を買えれば、そこそこイケるものです。 逆に言えば、「きていない」銘柄に入ることほど、効率の悪いものはありません。 きている銘柄が見つからない日は、じっとしているに限る。 そんなグイグイ銘...
手法

新高値対策|下り最速に慣れるべし

新高値とは、高値更新に次ぐ更新。 強い銘柄の筆頭であります。 にも関わらず、なぜ、ここで勝負できないのか? その理由は、高所恐怖症であります。 すなわち、ビルの屋上で綱渡りができるか? この恐怖により、新高値を...
手法

買いの狙い

買いで入るに、狙いは一つであります。 買った後に下げを願う者はいません。 買ったらすぐに上がってくれること。 有無を言わさず含み益となり、すかさず利益確定の準備に入る。 これが理想であります。 相場の理想に必要...
手法

相場に向かう手法

相場の旗色が悪くなり、多くの人がポジションを投げる時。 下げ相場の中、一人買いに走る者がいます。 これを相場用語で、「向かう」と言います。 相場に向かうとは、一歩間違えれば玉砕。 生還できない可能性あり。 にも...
手法

相場の本質は運を拾うこと

相場とは運を拾うことであります。 必然ではなく、偶然を狙うのであります。 確かに、相場の必然と言うものは存在します。 一応ですが。 しかし、それを追えば追うほど、本来の目的から離れて行く。 ここで本来の目的とは...
手法

鯨幕相場で取る方法

鯨幕相場とは、陽線・陰線が交互に続き、かつ方向感に欠ける、いわゆる横ヨコ相場のことです。 印象としては、あまり強い相場とは言えません。 難しい相場に分類されます。 しかし、こんな相場は、年間にすれば結構多いものであります。...
手法

決め打ちの方法

決め打ちとは、決めてから打つ。 すなわち、狙いを定め、確信を持って手を打つことであります。 トレードにおいては、この決め打ちの確度が求められます。 信頼に足る決め打ちができない以上、易々と相場に手出しをするべきではありませ...
手法

軽量小型株の手法

当方、軽量小型株がメインであります。 すなわち新興市場。 とは言え、東証プライム(往年の東証1部に相当)にも低位株はあり、IPOもあります。 早い話、値動きがあれば市場区分はあまり関係ありません。 全市場対応型、値動...