反騰相場の手法

この記事は約4分で読めます。

反騰相場は相場の全てであります。

もっとも利益を稼げる相場。

年に数度ある下げ相場からの反騰、これがもっとも利益を伸ばしやすいのであります。

では、どのように相場を張れば良いのか。

以下、あくまで素人のたわごとですので、鵜呑みにはなさらず。

スポンサーリンク

相場が好転したなら

相場が良い、リバった、この時に逆張りをするのは、いかがなものでしょう。

なぜグイグイ上がる株を横目に、上がらない株を買うのでしょうか。

素直に上がる株を買えば良いのであります。

なぜ下がっている株を買い、上がるのを待ちたいのか。

その理由は、恐怖心であります。

持ち株に下げられたら困る。

怖い。

だから下で買いたい。

一番下に行っている株を買いたい。

ここまで下がっていれば、もう下がらないだろう。

その心理、わからないでもありません。

誰しも一度はそういう気持ちになるものです。

下がる理由

下がっている株には、それ相応の理由があるものであります。

どこまで下がるかなんて、わかったものではありません。

下値の目途?

その目途に根拠など、どこにもありません。

チャートに線を引き引き、足が出る。

これは相場の知る人ぞ知る慣用句であります。

仮に全体相場が上がったとしても、下値から戻るなんて保証はどこにもありません。

どこにもないどころか、上がりゃしない、それが当方の感想であります。

人気の株は、たいてい高い位置にあるものです。

そして、高い位置の株が買えて一人前。

要は、恐怖心を越え、銘柄を選び、最も合理的な行動が取れるかどうかです。

逆張りからの脱却

はっきり言いましょう。

逆張りから脱することができて初めて、相場の初心者から脱することができるのです。

けっして逆張りをするな等と言うつもりはありません。

そうではなく、逆張りは一般に思われているほど、簡単な手法ではないのであります。

底値で買いを入れる行為が、必ずしも有利には働かない。

そんな場合が少なくないのであります。

同じ利益であれば、難しいところで取ったところで何も偉くはありません。

これを理解して初めて、相場初心者を卒業できるのであります。

平易に簡単な手法で、しっかり利益を取ること。

反騰のヒント

本格的なリバウンド相場なんて、年に数度しかないものであります。

ここで取らねば相場をやる意味がありません。

下げ切った銘柄にこだわり、逆に張っているばかりでは、せっかくのリバウンド・チャンスを逃してしまいます。

最も強力にリバる銘柄は、先んじてグイグイと上がり始めるものだからです。

ではどうすれば良いのか。

グイグイ来る銘柄はどれなのか。

最も合理的なリバウンド手法。

当方、これに気づくのに、長らく時間を無為に過ごしてきました。

合理的リバ・ゲット法については、ここでベラベラ話す訳には行きません。

飯の種をベラベラと話すわけにはいかないではありませんか。

しかし、ヒントは相場に落ちています。

全て相場の中にきれいに表れていると言って良い。

反騰相場になった時、最もグイグイ来ている銘柄を研究するのであります。

ある銘柄は1%しか上がっていないのに、5%も10%も、中には20%以上、上がっている銘柄がたいていはあるものです。

グイグイ銘柄がよろしゅうございます。

逆張りでは、1%取って喜ぶのが関の山であります。

1%は、100回やらないと、100%になりません。

そんなに何度も反騰相場は来やしないのであります。

順張りこそ

正直に言いましょう。

手法は順張りであります。

当方、この手法を探し当てるのに、マウスクリック手首痛、腱鞘炎にまでなっています。

半狂乱でエクセルに向かい、マウスをモニターに投げつけながら、徹夜でクリックしまくったがために。

(その後、痛みは軽快はしたものの、まだ完治には至らず、慢性的な手首・親指痛へ。)

リバウンド相場、反騰相場で順張りができるなら、手首痛など、なんぼのもんじゃい。

当方、今では、相場が少しでも良くなったら、瞬時に順張りに切り替える習慣であります。

どこかに順張りできないか、目を皿のようにして探す。

これが好転相場の要諦であり、むしろ、これこそ相場の全てであります。

まとめて、いちどきに20パーせんと取ったるで、と。

「では、おまえは今日、勝ったんだよな?

20%分、利確したんだよな?

そこまで言うんなら、当然だろう。

結果を教えろや?」

そんな声が聞こえます。

お答え致しましょう、本日の結果を。

デイなし・スイング負け。

なんじゃごりゃ。

机、たたき割ったるわ。

そりゃ、手首痛くなるわな。

やけっぱちでリベンジ、アレな株買い持ち。