短期売買で9割負ける?初心者の注意すべきポイント8選!チャートは重要?

12本目の足まで完成したチャート

株の短期売買において、初心者が陥りがちなのがチャートの暗記作業。

チャートの1000本ノックは有効なのか?

それで儲かるのでしょうか。

短期株、手法についておすすめできる注意点。

デイトレード・スイングトレードで負けないためのポイント8つをまとめました。



初心者がチャートばかりに頼るのは危険?

株を始めたばかりの頃は、ロウソク足に慣れるのにしばらく時間がかかります。

そして、ロウソク足に慣れて来た頃には、特にデイトレやスイングなどの短期売買をする際には、チャートで判断するのが当然であるかのように考えがちです。

私も当初、そのような心理におちいった一人でした。

チャートには最初から移動平均線が描かれている場合も多く、他に各種の補助線を付け加えることもあります。

様々なテクニカル指標を併用する場合も多いです。

そうしているうちに新知識が徐々に増えることになります。

しかし、これらのチャートを活用した売買法には、役に立つように思えて、実は大事なポイントを見落とす罠があるのではないか、最近ではそう考えています。

新知識への期待感で本質が見えなくなる

チャートを利用して判断するためには、ロウソク足、移動平均、その他の各種テクニカル指標に慣れておく必要があります。

もちろん移動平均やその他のテクニカル指標を使わず、ロウソク足だけを使う、あるいはロウソク足すら使わず、折れ線グラフだけで考えることも可能です。

ですが、昨今のトレード用のチャートにはロウソク足を初め、多種のテクニカル指標を含む機能が当然のごとく備わっているため、折れ線グラフのみを使う人はあまりいません。

「この機能、何だろう?調べてみるか。」と言う感じで、様々なチャートに関する新知識が次第に身につき、それを活用するのが当然になります。

最初のうちは、それが結構楽しかったりするから不思議です。

「楽しい」と「儲かる」は全く違う

株を始めたばかりの初心者にとっては、チャート分析は目新しいことであり、新知識が増えることが楽しいです。

そして、これで儲かるのではないかと期待感が先行してしまうこともあります。

言うまでもないことですが、その程度で着実にトレードで儲けられると言うことは、通常はありません。

そのくらいの知識は、株取引を始めてしばらくすれば、誰でも身につくことだからです。

9割がたの人がやっていることです。

私が申し上げる「罠」とは、チャートを重視するあまり、背景にある情報から離れ、視覚的・直感的に売買を行うことによって、気づかないうちに大事な情報を忘れてしまう心理のことを指します。

幾何学図形を覚えるだけで情報量がスゴイ

例えば、売買した銘柄の日足と分足チャートを画像として保存するとしましょう。

当日に目立った5銘柄分のチャートを毎日画像として保存していくと、一カ月で日足と分足を合わせ200程度の画像になります(5銘柄×20営業日×2=200)。

年間の分だとその12倍。

たった5銘柄ずつ日足と分足の画像を保存していくと、一年でチャート画像2,400枚に達します。

もちろん一日5銘柄以外にも注目すべき銘柄はありますので、たやすくそれ以上の件数のチャートに目を通す(画像を保存する)ことになります。

実は、株を始めた当初、私自身がそれ(多数のチャートに目を通し、画像を保存すること)をやっていました。

そして、さすがの私も、画像の数が膨大過ぎて見直すことがほとんど無理であると気づくのに、さほど時間は掛かりませんでした。

それでも頑張って、保存したチャート画像を念入りに見直して記憶に残すよう努めたこともあります。

パターンマッチングのためには能力がいる?

経験年数が長くなると、記憶力の良い人、頭の良い人は記憶するための努力をするまでもなく全てを覚えていて、売買の度に「パターン・マッチング」を行ったり、経験則で売買可能になるのかも知れません。

これらは、パターン・マッチングが株の売買に有効であるとの仮定の下に言えることです。

(それらが実は有効でない可能性もあります。ただし、現時点での私の個人的な意見では、それらがそこそこ有効に機能するのではないかと考えていますが…。あくまでたぶん…。)

この場合、おそらく売買の結果は、脳の機能が高度か否かに依存することになるのかも知れません。

ハッキリ言って、間が抜けているために勝てない。

そういうことです。

(実感こもってますね…。)

特異な能力を保持している人の人口比率

あるいは、間抜けであっても、パターン・マッチングに優れた脳をお持ちの方であれば勝てるのかも知れません。

ある種の一見間抜けな人、一般常識がないとか、何かが抜けているとか、学校の勉強が苦手な人の中にも、特異な記憶力を持ち高度な能力を発揮する場合はいくらでもありますから。

しかし、いったい人口の何%がそういう稀有な才能を持った人なのでしょうか。

大勢いる訳ではないでしょう。

その都度チャートを視覚的に脳内で反芻して、幾何学形状の一致・不一致を確認する行為。

そのためには一定の特殊な能力が求められる訳です。

それと言うのも、サンプル数が非常に多いためです。

チャート記憶作業で儲かるか

チャートの形状を記憶に残し、あるいは画像データとして残し、あとで振り返って検証する作業。

これだけでも結構な時間と手間を食います。

果たしてその分だけの見返り(儲け)が本当に生まれるのでしょうか。

結論を申し上げると、私の場合には期待したほどの儲けは出ませんでした。

能力が足りないのかも知れません。

あるいは努力が足りないのかも知れません。

原因は不明です。

しかし、費やした労力を考えたら、やらなくても良かったのではないか、と思います。


広告

チャート重視のスクリーニングの難しさ

あくまで私の個人的な経験をもとにお話ししますが、チャートに依存した判断は、

  • 視覚的・直感的に判断するようになる(あるいはし易くなる)。
    → 値動きを把握した「ような」心理になる。
  • あいまいな記憶が残りやすい。
    → 売買の細部、時系列の数値データ各種をあまり覚えていない。

と言う、注意すべき事態が起こり得ます。

少なくとも、私は今まで長きに渡りそうでした。

しかもそのことを見過ごしていました。

一例を挙げると、株価が一旦上がってから下がり、次に直近の高値に近づくチャートについて考えましょう。

その直後に

  1. 上にブレークする場合
  2. ブレーク出来ずに下に行く場合
  3. 「横ヨコ」的に動かない場合

大まかに3種類の場合分けをしたとしましょう。

その全てを画像として残した(覚えようとした)場合、労力に対する効果とはどのくらいなのでしょうか。

実は、その大まかな3種の結果を大別し集計するために、チャートを記憶している必要はありません。

1、2、3の件数を調べ、その数を記録しておけば良いだけです。

問題は、どこまでの範囲の情報を記憶(記録)しておくか、と言うことになります。

言い換えると、どの情報を捨てても構わないのか。

一種の「捨てる技術」なのかも知れません。

これについては、次回に追記したいと思います。
短期売買おいしい情報?絞り込み抽出9選!脳内スクリーニングの重要性!


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 株の函数

    仮想通貨、株、どっち?上がる・上がらない、値幅・変動率比較で一目瞭然

  2. 空中を逆さで泳ぐ人の図

    株を始めるなら必読|注意点とおすすめのやり方|失敗を糧にする方法

  3. 停滞し動かないチャート形状

    株の上昇トレンド銘柄|注意するべき3つのポイント|KOされないコツ

  4. 急落を食らい真っ逆さまの図

    デッドキャットバウンスから脱出する方法|天国をめぐる3つの攻防

  5. 価格差と現実の利益

    デイトレ手法検証|“ぶっこめる” 投資法1年の軌跡|薄利11連勝何これエモい

  6. つなぎ合わせグラフの後、急落の図

    株で儲ける最も確実な方法とは?トンデモ結論と4つの理由これマジか?

  7. 1分足チャートの出来高が薄いパターン

    出来高を見て株で勝つ私の5つの方法|これで身ぐるみ剥がされました

  8. 3本の陽線上昇のチャート

    デイトレードコツ探しとデータ収集|日経平均と値動き、夢物語の関係

  9. 急騰する1分足チャートの拡大イメージ図

    株ブログランキング最下位から“ぶっこみ”投資法で一発逆転を目指せるのかよ

  10. 寄り付き直後デイトレ!朝30分の上昇時間帯は初心者向けゴールデンタイム?

  11. 平面に閉じ込められた人間が考える立方体

    株の手法検証|3次元空間から脱出する方法|戻れなければ即アウト

  12. 11本目の足まで作成終了のチャート

    デイトレーダーとは|株を始める資金は?信用余力マイナス発生どうなる?

  13. 急騰してから下落する分足チャート

    株の大損を取り返す3つの手法【リスクあり】利益・退場どちらを取る?

  14. 海で流れから離脱する方法

    株大損ブログ、デイトレ退場も忘れ更新!微益の反省なしトレーダー

  15. カフェの看板を見上げた空の図

    株デイトレ手法タイミング厳選1年|手動トレ駆逐の恐怖がわいらを襲う

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. 2019年6月第4週|日々のトレード結果|スタートからドボンする男

  2. 孤独に傘をさす男のシルエット画像

    2019年6月第3週|日々のトレード結果|雨の中相場の幸運を待つ男

  3. アルゴらしき注文の入った板

    売買ルールの作り方|2つの私の方法|これで株のやまいになりました

  4. 最も合理的な買い・売りポイント

    2019年6月第2週|日々のトレード結果|これでOK?デイトレ検証中

  5. ピボットの同心円と半径

    男の簡単料理|10分完了昼飯OKの5メニュー|これで追証耐えました

  6. 同心円を追加した図

    株のピボットとは|仕組みを理解する法|これでスルー力増強しました

  7. 秋相場のアノマリー

    土日に株の何を調べるか|私のトレード研究法|これで涙をふきました

  8. アナログの波形

    デイトレ30万回転|当初の目標初めて達成|2019年5月月次成績詳細

  9. 激しい値動きと単純なローソク足

    デイトレード スイング2019年5月下旬【当日収支】大負けなしの巻

  10. 10個に割る=10分割 の図解

    投資の研究|上級者になる道のり6選|これで株の迷宮入りしました

広告
広告