クソ株がなぜ上がるのか

この記事は約3分で読めます。

クソ株とは通俗的相場用語。

どうにもならない株を総称したものであります。

上がりゃしない、誰にも相手にされない株。

おもにネット界隈で多用される語。

まあこれ系の株に引っ掛かったら、万年ジリ下げもいいところ。

だいじょぶか?

ぶっつぶれはしないだろうな。

そんな状況が平気で何年も続きます。

しかし、ある時、突然にしてブチ上がる場合があります。

材料があったのか?

なぜ上がったのか?

そう考えても結論が出ないことも多いのであります。

スポンサーリンク

ダメな株がなぜ上がる?

突如として吹き上げるクソ株。

なぜ吹き上がったのか、その理由は不明。

材料が出て上がることもありますが、その実態は真偽不明、奇々怪々の場合も少なくありません。

上がる理由をあえて挙げるならば、以下。

下がり切っている

誰にも買われず、相手にされず。

従って、株価は下がり切っているのです。

だからこそ、それ以上、下がりようがない。

もちろん上場廃止の危険性すらあります。

しかし、今すぐどうと言う訳ではありません。

その企業が今後どうなるかは、そうそう言い当てることはできないのです。

その状態において、ある時、意味のわからない、理由なき上昇が発生する場合があります。

理由なき上昇

そもそも、その企業の調子が悪いからと言って、必ずしも株価が下がるとは決まっていません。

下がるとわかっているなら、空売りをかければ儲かってしまうのです。

株と言うものは、空中をさまよう風船のように、上がったり下がったり。

またある時は気まぐれの風によって、吹き上がる場合もあります。

なぜ急に風が吹いたのか?

必ずしも理由をつけることはできないのであります。

これは相場において、普通にあることです。

そして、その気まぐれが急上昇・爆上げにまで発展する場合があります。

おそらくはその筋のショートカバー。

空売りがたまっている

空売りポジションが解消されることをショートカバーと言います。

もとより冴えない、フラフラと下げていくようなクソ株。

しかるに、空売りの玉がじわじわ仕込まれていることも少なくありません。

ショートカバーで株価が上がる場合には、じわじわ上がるのではなく、急騰する感じになる場合も多いのであります。

例えば、通常ある銘柄を買おうとする時、高値を買い上がるのように買うと、買い付け単価が上がってしまいます。

ですから、一気にまとめて買うのではなく、じわじわとタイミングを見て買って行く人は多いでしょう。

ところが、ショートカバーが解消される場合には、高値を買い上がるような買われ方をする場合があります。

いわゆるぶち抜き買いです。

ぶち抜き買い

薄い板をぶち抜いて素っ飛び上げ。

これがクソ株の謎事象。

ショートカバーか、はたまた誰かの思惑買いか。

正体不明の上昇に上手く乗れば、普通の銘柄では得ることのできない、大きい値幅を取ることができます。

クソ株の上昇に理由などないのです。

さあ、上手いこと、上げに乗っかりたい。

そう思い、本日も低位のぶち上げに飛び乗り。

するとどうでしょう。

買った途端にドン下げ。

デイ、思い切り損切り。

昨日からの持ち越しは微益。

トータル普通に損。

涙の大引けがやってまいりました。