両建てで稼ぐ株の手法?うねり取り戦略“買2売1”テクニックで儲かる?

X1から等距離の2点を決める

株の両建てと言うと同一銘柄の買いと空売りのポジションを連想しますが、別銘柄それも複数銘柄間でポジションを組む方法があります。

この場合は、選ぶ銘柄数、買いと空売りの組合せ方によって幅広い方法が有り得ます。

リスクを抑えてメリットを享受したい所です。

必勝法とはとても言えませんが、稼ぎ方を多少なりとも最適化する方法の一つとしてご紹介致します。



両建てで稼ぐ株の戦略|大損しないでうねり取り?

買いで下がれば損するし、そもそも下がるとわかっていれば買わないわけです。

買うなら上がると思っている訳で、何らかの理由があります。

その理由が本当に正しいのか、確率が高いのか、現状に即しているのか、それは自分ではわからないです。

それがわかるのだったら着実に儲けられるし、その手法を反復すれば多少なりとも複利が効いて、大儲けできる可能性もあります。

つまり、右も左もわからない、五里霧中の中で何とか利確しなければならない、うねり取りと言う“海の波間の藻屑リスク” と戦わなければならない訳です。

藻屑になるリスク。

その中で必死に浮上するべくあがき続け、せめて大損しないで降りる必勝法を常に考えています。

それ、デイトレーダーの宿命。

結論から言うと、藻屑は藻屑として、「せめて波間に浮かんでついて行きましょうよ」と言う…。

利確は目指さずトントン降りの低リスクテクニック

それで考えたのがこのコンセプト。

トントン降り。

儲かる、儲からないではなく、何とかイーブンで降りましょうよ…と。

相場がわからないと言うのは、明日の寄り値が分からないと言うこと。

ギャップアップなのかギャップダウンなのか、同値なのか。

わからないなら浅く広く張るのも一法。

網をできるだけ広く張る訳です。

どうせ魚が捕まらないにしても、網を狭く張っていたのでは最初から確率が落ちてしまいます。

網を広く張って、万が一、魚がつかまったら儲けものですから。

FXでは難しい両建て同時分散売買

考えてみると、株のメリットは多数の銘柄に同時分散できることです。

FXでは50銘柄以上に分散と言うのは、原則できません。

株を多数銘柄と言っても資金が少なければ限界がある訳で、私の場合は数銘柄程度に分散するだけです。

20万円の株だったら、5~6銘柄買い持っても120万円で収まりますから。

その5~6の銘柄に買いと売りを混ぜておけば、さらに分散効果があるのではないかと。

本日は米朝会談と言うイベントがありましたから、それを受けて今夜にも相場が大きく動く可能性がないではない訳で、買い・売りどちらか一方の片張りはちょっと自信がありません。

問題は、買いと売りのパーセンテージです。

どちらを優勢のポジションとするか。

迷ったときは、私はいつもコレ。

「買い:売り=2:1」

手出し無用の難しい相場であえて両建てスイング駆使の戦略

2:1の理由ですが、まず判断に迷う場合はたいてい、膠着気味、閑散気味の時です。

イケイケどんどんの場合、逆に妙に相場の雲行きがあやしい場合は、“迷う” 範疇(はんちゅう)からは除外されます。

私の範疇ですが…。

そんな方向感なし系の相場では、「閑散に売りなし」の言葉があるように、買いと売りのどちらかを無理矢理に選ぶとすれば買い。

それより何より、私の場合は普段、買いスイングが多い訳で、常に買える銘柄を探している訳です。

上がると思う株をスイングで買います。

思うに確率と言うのは、猿にダーツを投げさせた場合、ダーツ痕の分散具合はランダムウオークになる筈で、どちら側に偏るかは半々くらいの確率です。

上がる、下がるを当てるとするなら双方ともに確率50%と。

以下は、両建てに関する関連記事です。
ザラ場日経下落で買い5銘柄・売り2銘柄、両建て主力株売りの手法を公開

地合い悪化?ツイッターの声に月末1営業日は守りに入り両建てポジ

確率計算皮算用の低リスク降り“逃げ手法”とは

買い:売り=1:1が猿のダーツ。

どっちに偏るとは言い難い。

しかし、ある程度経験のある人間の場合、「これ、買いじゃね?」と思ったら、どちらかと言うと“買い” で正しい場合が多いのではないでしょうか。

それが私の2:1の根拠です。

もともと無作為に買ったら確率はイーブンの筈で、儲かるか損するかは50%。

そこで、全体相場が明日どっちに行くか迷っている状態。

経験則で分散して買ったら、多少は50%より確率が上がっている訳で、それを打ち消す空売りの玉をポジションの半分、追加しておけばイーブンでしょうと言う…。

実にド文系、どんぶり勘定満載の手法?

Q:こんなんで勝てるの?
A:いいえ、わかりません。

また今夜、株のお祈りの時間が来ます。

注目記事

出来高を見て株で勝つ私の5つの方法|これで身ぐるみ剥がされました

即金規制のIPO株で私がぶっこく5つの理由|悶絶顔がヤバ過ぎ恐い

株の勝ち方|私のデータ洪水5つの脱出法|勝敗2択迫られた顔が凄い

勝率の計算方法|私の具体的事例|3つの結果論のヤバ過ぎる懐具合

チャートの見方|私の5つのローソク足手法 “これで相場をやめました”


広告

本日のトレード結果

【デイ新規建代金合計】買建50万円(概算)
【デイ売買銘柄】(買建)5940不二サッシ
(売建)なし
【デイ損益合計】+0.3万円
【持越決済】-0.5万円
【本日のトータル結果】-0.2万円
【今月の損益】+6.3万円
【持越ポジション】買建4銘柄(東証1部×2、新興株×2)、売建2銘柄(東証1部主力大型×2)
【含み益】0万円
【225オプション】ポジションなし


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 分類系統図から要素を消去すると

    株のデータ分析|値動きの悪魔から逃れる3段階の方法|私の脱出法

  2. 価格下落の不確実性

    サラリーマンが株をやる時の注意|行きつく先が2択だったら恐すぎる

  3. 価格上昇の不確実性

    株の失敗を取り返す2つの対策|リアルな退場脱出法|何これヤバイ!

  4. 株失敗を避けるデイトレ|ルール破りは退場の香り|弾丸よけ生き残る方法

  5. デイトレードと言う名の砂漠

    なぜ空売りは長く持っていられないのか?保有時間とトレードの関係性

  6. 急騰してから下落する分足チャート

    デイトレードと出来高の豆知識5選|ブン回してこの結果!何コレ凄い

  7. 1606日本海洋掘削 分足 概略図

    上場廃止株でマネーゲーム?株失敗を取返す?バケツリレーが恐すぎる

  8. 損切りが難しいパターンの分足

    スルースキルがデイトレ生き残りを左右する3つの理由|これマジかよ?

  9. 東証上場市場の区分け(予想)

    東証の上場市場再編のニュース|4→3分野に移行?どうなるわいらの株

  10. 同心円を追加した図

    株のピボットとは|仕組みを理解する法|これでスルー力増強しました

  11. 値動きとローソク足の比較図

    株ツールのランキング|15年前の情報を調べたらエラい事に気づいた

  12. 3本の陽線上昇のチャート

    少額投資で株式投資専業が失敗を避け成功率を上げ生き延びる10年計画

  13. 歩み値データの例

    歩み値の見方と分足チャート復元2つの鍵!過去データ活用法がヤバい

  14. 10本目チャートまで作成したチャート

    ロスカット!株に失敗したらどうする?売買マシーン化で機械人間に…

  15. 日経平均月足チャート60年分

    デイトレの利回りと複利手法|利益3%で30万暴威が億り人なるか?

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. 900円→1000円の値動きを示すチャート

    2019年11月第3週|日々のトレード結果|損切り連続への忍耐力

  2. 最も合理的な買い・売りポイント

    2019年10月月間損益|デイトレ下手クソ 元の木阿弥すってんてん

  3. 難易度の低い上昇トレンドのチャート形状

    2019年11月第2週|日々のトレード結果|高値更新追っかけたい

  4. ピボット値、高値、安値の関係

    2019年10月第5週~11月第1週|日々のトレード結果|勝つで!

  5. 価格差と現実の利益

    2019年10月第4週|日々のトレード結果|不屈の精神投げ捨て?

  6. 2019年10月第3週|日々のトレード結果|閑散相場つれーつれー

  7. デイトレに適したボトムスの選び方|崖っぷちのパンツに合理性ありか

  8. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年9月月間損益|デイトレード年間損益マイナスが見えて来た

  9. コツコツドカンを図示すると…

    2019年10月第2週|日々のトレード結果|退場秒読み御開帳相場

  10. 波間で溺れる人の図

    2019年10月第1週|日々のトレード結果|オレまだやるの相場乙

広告
広告