デイがスイングより難しい理由

この記事は約4分で読めます。

経験則上、デイはスイングより難しい。

ただし、デイの方が有利な面もあります。

スイングトレードに比べ、試行回数が増えると言うこと。

試行回数が増えれば、より複利が効きやすいし、トレードの分散にもなります。

すなわち、究極的には、スイングよりデイの方が優れたトレード形態です。

勝ち続けられるなら、ですが。

デイがスイングより難しいと考える理由を、以下、まとめました。

スポンサーリンク

行き過ぎが取れない

デイにおいては、行き過ぎを取ることが難しいのであります。

例えば、スイングの場合、日をまたいで持ち越した時にギャップアップが取れる場合があります。

場合によっては、ここで大きな利益が取れるのです。

デイでギャップアップはあまりありません。

と言うか、ほとんど期待できません。

何しろ、すぐ決済する訳ですので。

スキャのつもりでインして、ギャップアップを待っている人など一人もいないでしょう。

期待薄だから、待つ人などいないのです。

すなわち、デイトレードでは行き過ぎが取りにくい。

常に利幅が限定的になる傾向があるのであります。

にも関わらず、ストレスはスイングと同じか、それ以上。

ストレスの度合い

ロットの大きさにもよりますが、デイだからと言って、ストレスが低いなんてことはありません。

極小ロットならストレスが低いですが、同時に利益も極小です。

上で述べたように、行き過ぎも取れず、常に利幅が狭い。

ですから、負けが込むと、じわじわと追いつめられるような心理状態になります。

にも関わらず、継続的に、何度も繰り返さなくてはなりません。

ロットが大きければ、ストレスの度合いはスイングより遥かに上です。

なぜなら、損切り幅は、スイングと大差ないのであります。

損切りが遅れたら、スイングよりも損切り幅が大きくなる場合も普通にあります。

損切り幅はスイングと同じ

スイングよりデイの方が損切りの幅が小さいなんてことはありません。

あっと言う間にデイトレで大損をすることもあります。

これはロットの大きさに依存しますが。

しかし、それはスイングも同じです。

投入資金額に対する損切り金額の比率を求めると、デイの方が比率が小さいなんてことはないのであります。

ロットが小さいから損が小さく見えるだけ。

すくなくとも当方の場合、デイもスイングも大差なし。

損切りの幅は、率において、差がありません。

まあ2~3%とか、3~5%とか。

この率は、回数を重ねた場合の平均値です。

いつかドカンとやられます。

そこまで含めた場合の平均値です。

そんなことは記録を残していけばわかります。

データ量が多い

スイングトレードの場合、データと言えば、せいぜい当日の四本値(始値、高値、安値、終値)と出来高くらい。

売買代金は、出来高と株価を見れば大体推測できますし。

あとはチャート画像を残せば、後日振り返って、ほとんどのことはわかります。

しかし、デイトレードについては、それだけでは何もわかりません。

分足データ、歩み値、1分単位の出来高や、板情報など、キリがないくらいにデータ量が多いのです。

板情報なんて、映像データを残しておかなければ、消えてなくなってしまいます。

データ量が多すぎて、何をどうやって情報を管理すれば良いかわからないレベルであります。

デイトレーダーはどうやってデータの集計をしているのでしょうか。

たいていの場合、勘ピュータであります。

勘に依存し、おぼろげな記憶をたどりながら、エイヤッとトレード。

裁量判断の度合い

記憶をたどってトレードする、すなわち裁量判断。

これではトレードの根拠がはっきりしません。

わいの勘ピュータがこうだと言っている。

だからわいはインしたんや、文句があるか。

いろいろなデイトレーダーに質問をしても、結局のところ、最後はコレであります。

裁量判断とは、すなわち、脳の出来の違いであります。

脳みその出来は、実は先天的にある程度、決まっています。

それを無理矢理底上げしよう、等という魂胆が間違っているのです。

知識を入れたり、訓練で上がるなんて部分は小さい。

第一、「わいの勘ピュータがこう言っている」等と言われましても、何も学ぶところがないではありませんか。

学べないにも関わらず、デイトレの作業は慌ただしいと来ています。

単純に慌ただしい

損切りしようと思っていたら、見る見るうちに底が抜けた。

一瞬の判断の遅れで特売りに巻き込まれた。

そんなことはザラ。

そもそも朝の30分かそこらで利益を出さなければなりません。

そこで勝てなければ、どこで勝つのでしょうか。

となりますと、必然的に作業が慌ただしくなります。

判断も、大急ぎでしなければなりません。

迷うとか、あり得ません。

迷いは遅れに結びつきます。

勘ピュータが明晰でない限り。

以上がスイングよりデイトレが難しい理由であります。

では、スイングなら勝てるのか?

その答えは…。

さて、本日のトレードは、デイ負け、スイング負け。

もうデイ、やめよ。

スイングもやめよかな。

完全ノーポジ。