地合いが悪い時のデイ手法

この記事は約4分で読めます。

デイトレなど、所詮は勘。

なぜなら、それ以外のやり方がわからないから。

ただ、もりもり盛り上がった板についていく。

それでチマチマは取れるのであります。

しかし、やられる時が問題。

一気に一直線にやられてしまいます。

このやられの対策としては、普段から利幅を多く取っておかねばなりません。

利幅の薄いトレードは、やられる時に一気に持って行かれてしまう結果となります。

どうすれば利幅を伸ばせるのでしょうか。

これが相場の一大テーマであります。

スポンサーリンク

利幅は地合い

地合いが良ければ利幅はイケます。

しかし地合いが悪ければ、1ティックをこそぎ取るトレードに走らされやすい。

グイグイ来る銘柄であれば、利幅を伸ばすことも不可能ではありません。

しかし、ショボい値動きで誰も買わない、この銘柄、一人で回してるんじゃないか?

そんな銘柄で利幅を稼ぐのは不可能と言っても良いのであります。

地合いが悪ければ、利幅は稼げない。

チマチマと利を積み上げては、ある時ドカンとやられてしまうのであります。

結局は、完全なる地合い依存。

少なくとも当方の場合のデイは、そうであります。

そこでやりがちになるのが、地合いの悪い時特有の危険な手法。

悪地合いのデイ

その危険な手法は、たいていの場合、逆張りであります。

これ、パターン。

下げたところに入って、利幅を頂く。

しかし、この手法、地合いが悪くなればなるほど、同じことをやる人が増えるのであります。

そこそこ稼げるが、ある時、ガラが来る。

人が集まり過ぎて、段ボールの底が抜けるのです。

それでまたトライして、取り返しながら、徐々に玉が増えていく。

取り返すために多く張るようになるのであります。

いわゆる、相場のアリ地獄であります。

そして、逆張りである以上、インするのは谷底。

場合によってはストップ安に近いところで買っていたりするものです。

それで、ガラが来て、今度こそやられる。

ストップ張り付けの刑であります。

大やられのパターン

大きくやられるパターンはたいていの場合、特売りか、ストップ安にハマった場合です。

ここで利益を吐いてしまいます。

利益を吐くどころか、胃液まで吐く場合があります。

パターンは決まっているのであります。

やればやるほど、そのパターンにハマる可能性が増えていく。

そもそもチャンスが少なくなっているところに、皆がそこに吸い寄せられていく悲しさ。

世に言う、相場のアリ地獄であります。

もがけばもがくほど、じりじりと落ちていく。

そして、最終的には相場の養分に。

これが大方の典型事例であります。

この典型事例に備える必要があります。

悪地合いの手数

地合いが悪くなったら、まず様子を見る。

手数を減らしておいて損はありません。

アリ地獄に引き込まれないための対策であります。

ともかく、相場の荒野では、アリ地獄がそこいらじゅうに仕掛けてあります。

そして、できれば逆張りには慎重になったほうが良いのであります。

当方、最近のデイでは特に逆張りはやりません。

大ヤラレを防ぐためであります。

それで、素っ高値を買うようにしているのであります。

しかし、素っ高値をつけている銘柄は、地合いが悪くなると必然的に少なくなります。

これで手数を減らせるのであります。

手数の連動性

常に素っ高値を狙うことで、自動的に地合いに合わせて手数を調整することができます。

地合いが悪くなったのに、ここぞとばかりにインするのは危険。

逆に言いますと、地合いが良い時には、チャンスがたくさんあります。

相場が下げ始めてから、なぜ手数を増やす必要があるのか。

それは一種の錯覚に基づくトレードであります。

どっちにせよ、そのうちやられるのだから、地合いの悪い時にはなるべく手を出さない。

チャンスの限定。

これを自分のトレードに組み込むこと。

しかも、自動的にそうなるような仕組みが大事なのであります。

さて、本日の結果は、デイ勝ち、スイング負け。

朝から気配が激弱く、スイング玉は即刻ぶん投げ。

スカスカの誰も買わない相場。

出来高の全く流行らない相場であり、デイはじりじりと損失が膨らみ、前場やられ。

チマチマ取り返して後場、デイ・プラ転、+0.2万円。

何やコレ。

しかし、やる銘柄がない。

マザーズも弱いが、今日の個別は微妙に下げていない。

かと言って、ぶち上げている銘柄もない。

どうすりゃいいのか。

トータル負け、地団駄のヤケっぱちでアレな株含み益買い持ち。