含み損は負け

この記事は約3分で読めます。

短期売買の譲れない原則、それは含み損になったら負けであると言うことです。

確かに含み損を耐え、利益が出ることはあります。

中長期投資であれば、それもありでしょう。

しかし、短期でトレードする以上、含み損になった時点で負けであります。

なぜなら、何のための短期投資でしょうか。

含み損を耐えるためではありません。

あくまで、短期投資の目的は、時間短縮にあります。

時短によって、試行回数を増やし、結果として利益を得る、それが当初の目的です。

含み損がすなわち負けを意味する理由は、以下であります。

スポンサーリンク

忍耐と時短

忍耐は時間短縮に相反する行為であります。

忍耐すればするほど、時短にはならないのです。

もちろん少々の忍耐で、すぐに相場が戻り、利益が出るのなら問題ありません。

しかし、忍耐はたいていの場合、次の忍耐を要求して来るものであります。

我慢すればするほど、相場はつけあがってくるもの。

次の図を見てください。

含み損を耐える次に来るもの。

それはこの二者一択であります。

図の矢印のいずれかが選択されます。

しかも、選択するのは当事者ではなく、相場の側と来ています。

思惑と逆に動いたらどうするの?と言う話であります。

逆に動いたら最後、忍耐が忍耐を呼ぶことになります。

これが忍耐と時短の相性の悪さであります。

なぜこうなるのでしょうか。

そもそも外れ

含み損になる時点で、読みが外れているのです。

何のための短期トレードなのでしょうか?

その答えはシンプルに時短のためです。

そして、その短時間における読みが、そもそも当たらない。

短時間とは具体的に、数秒、数分、あるいは半日。

人によって時間単位は違います。

しかし、なぜ短時間のトレードを選んだのかと言えば、時間が短ければ読みやすい筈である、という理屈があります。

読みやすい筈なのに、読めていない。

できると言ったのに、最初っからできていない。

全く外れ。

想定が全部揺らいでくる、この恐怖。

前提の否定

前提が間違えていると言うことは、全てが間違えていると言うことであります。

これはあらゆる理屈に当てはまる原則であります。

短期売買において、最初から読みが外れると言うことは、当初の前提が崩れかねない、恐ろしい事象。

ひょっとして、短期売買そのものの意味がないのではないか?

そんな疑念が生じる瞬間。

  • なぜ忍耐しているのか。
  • なぜ含み損を耐えているのか。
  • なぜ最初から読みが外れるのか。
  • そもそも短期売買に意味があるのか。

疑念が噴出し、当初の目的そのものの信頼性が危うくなる。

すなわち、やり続ける意志があるのなら、決して前提を崩してはならないのであります。

前提が崩れた瞬間、全てが意味を持たなくなるのです。

すなわち、含み損になったら負け。

相場のアンビバレント性

そこで登場するのが、前提を崩さないため、含み損を全て投げると言う手法であります。

その手法を取りますと、今度は損切りが多すぎて、損切り貧乏なんてことになります。

すなわち、理屈を通せば、損切り貧乏。

含み損を耐えれば、理屈が成り立たない。

この両者のせめぎあいを、相場のアンビバレントと呼びます。

(ほんとかよ。)

アンビバレントとは相反する2つの事象を同時に心に抱えること。

相場は容赦なく、このアンビバレント性によって心をへし折ろうとしてきます。

すなわち、アンビバレントに勝ってこそ、本当の勝ちと言うことであります。

さて、本日の結果は、デイ負け、スイング負け。

よー負けはりますな。

我ながら感心します。

こんなんでは株をやっている意味がないではありませんか。

なんでそんなに負けるのでしょうか。

その答えは、すぐぶん投げるからであります。

ちょっとやって、すぐ投げる。

ぶん投げ王者。

やけくそでアレな株と主力株、ごった煮で買い持ち。