下げ買い・戻り売りの方法

この記事は約3分で読めます。

マザーズ指数、よう下げまんな。

陰線が連続しておる。

個人は相当やられていると考えて間違いありません。

しかし、こういう時は同時にチャンスも落ちているものであります。

下げで買い、戻りで売る。

これが出来て一人前。

ある意味、相場の基本事項であります。

ただし、この基本事項、少なからぬリスクがあります。

チャンスの脇にひっそりとたたずむリスクが。

スポンサーリンク

下げたらチャンス

売られ続ける株はありません。

下げたらチャンスに他ならないのであります。

特に新興株の爆下げは見逃せません。

値動きの大きい銘柄群ですから。

戻りだけで5%は取れるのでは?

いや、2割くらいは取れるかも。

わくわくドキドキのアレな株の下げであります。

さあ、どこで買うべきか。

全てはタイミング次第であります。

買いのタイミング

タイミングを誤ると、エライ目にあいます。

そもそもボラティリティが高まっているのです。

下げの頂点ではボラが大きくなる、これが普通。

だからこそ、戻りで大きく取ることができるわけです。

すなわち、チャンスとリスクが背中合わせになっている。

世の中の全てがこのシステムを取っております。

であるからして、タイミングの精選。

戻り始めるのはどこなのか。

それを目を皿のようにして探すのであります。

タイミングには2種類があります。

  • 頑強な強さを買う
  • 下げ過ぎを買う

の2種類のタイミングです。

頑強な強さを買う

強い銘柄は、相場がどうあろうとも上げ続けるのであります。

ですから、頑強な強さを買うのも一つの方法。

相場が下げているのに上昇傾向の株、これをピックアップしておく。

大事な手法であります。

例えば、◯◯ショックの時にも、たいていは上げ続ける株があるものです。

そして、そのような株は、その後も上げ続ける場合が多い。

すなわち、下げ相場は強い株を選ぶに好都合なのであります。

しかし、本当に相場が強力に下げてきますと、さすがにどの銘柄も下げ出す場合があります。

全ての銘柄が一斉下げ。

その場合は、下げ過ぎた銘柄を狙うのも一法であります。

下げ過ぎを買う

こんなに下げて良いのでしょうか。

そんな下げ過ぎ銘柄は、常に存在します。

特に下げ相場においては、個別銘柄が日替わりで「なにこれ安い」となるのであります。

まあ、ダダ下げ3陰線から、さらにドカン下げ。

そこを買っておけば、多少のリバはあるような。

リバれば、それなりのボラを取ることができます。

あくまで、リバれば、ね。

リバウンドがなかった場合、それはそれで、いささか恐ろしいことになります。

すなわち、ドッカン下げの後のドッカン下げ。

アリ地獄

下げのアリ地獄にハマったら、まずは即刻降りることであります。

もがけばもがくほど、抜けられなくなると言うのがまずい。

脱出が遅れれば遅れるほど、事態はシリアスを極めることとなります。

そもそも、下げ相場においては、安い銘柄が続出しています。

あわてずタイミングを見計らえば、チャンスは落ちているのであります。

にも関わらず、相場にハマるのは避けたい。

降りてから、入り直せば良いのであります。

降りられれば、のお話ですが。

さて、本日のトレードはデイ負け、スイング勝ち。

いきなり寝坊。

スマホを目覚ましにしていたら、バッテリーが切れていた。

目覚まし時計もかけておらず。

それでも9時10分にはマウスを握っているあたり、執念であります。

デイはいきなりチャンスを逃して連続負け。

しかしスイングでイケたのでまあいいかと。

マザーズがどんどん下げ。

こいつはチャンスやー。

仕込むでー。

と言うことでアレな株いろいろ買い持ち。