軽量小型株の手法

この記事は約4分で読めます。

当方、軽量小型株がメインであります。

すなわち新興市場。

とは言え、東証プライム(往年の東証1部に相当)にも低位株はあり、IPOもあります。

早い話、値動きがあれば市場区分はあまり関係ありません。

全市場対応型、値動き追随手法。

その心は、端的に言えば、以下のようなものであります。

スポンサーリンク

値動きあっての軽量小型

値動きが全てと言っても良い。

動かない株で取ろうとしても、苦労するだけです。

長期投資ならともかく。

長期の場合は、後々値上がりする場合もあるし、配当もある。

しかし、短期では配当など期待するまでもない。

値動きがなければどうしようもないのであります。

しかし、危険な株を買い持つには勇気がいります。

勇気をもって値動きを狙いに行く、その前提とは何か。

一つがファンダメンタルであります。

ファンダメンタル

ファンダメンタルと言っても、当方、神経質になることはありません。

1日か2日で降りるのに、財務を気にし過ぎるのは意味がないからであります。

当方が注目するのは、

  • 自己資本比率
  • 利益剰余金
  • 有利子負債
  • 総資産と有利子負債のバランス

程度であります。

確認するに数秒。

これらが悪いと、いきなりドボンが来る場合があります。

ドボンが来そうだな、と思った場合には、玉を小さくします。

命をつなぐために。

低位株などの場合、これらが壊滅的に悪化している場合が多い。

だからロットはたいてい小さめであります。

ロットが小さくとも、値動きは大きいので、そこそこ利益は出ます。

(やられる時もそこそこ痛いですが。)

株主構成

ファンダメンタルと同程度に勘案するのは、株主構成であります。

ファンダメンタルに問題がなく、さらに株主構成において、有力な企業が含まれている場合は、イケる、と判断します。

イケる、とは玉を厚く持つ、と言うことであります。

ロットをガツンと入れて行く。

ロットの背中を押してくれる条件、それは

(ファンダメンタル)+(株主構成)=(ロットをガツン)+(利益もガツン)

と言う式であります。

これを当方の株用語で、相場の熱化学方程式と呼びます。

配当

当方、相場の熱化学方程式に加え、配当の有無もざっと見ておきます。

配当を出しているなら、プラス材料。

しかし、であります。

値動きの観点からすると、実は配当は足手まといなのであります。

なぜか?

高配当の株は値動きがイマイチな場合が多い。

医薬品株や通信株、電力株を見ればわかります。

動きゃしない。

これ以外のセクターでも、高配当銘柄は同様であります。

しかし、中には高配当なのにも関わらず、そこそこ値動きのある銘柄もあります。

例えば、非鉄金属セクターの銅関連銘柄など。

これらは景気敏感セクターですので。

シクリカル銘柄はディフェンシブ系に比べ、高配当であってもそこそこ動く。

とは言え、万一減配や無配発表などがあると、株価はドカンと下がります。

そんなの食らったら、一大事です。

したがって、値動きだけを考えるなら、配当など最初から無い方が良いくらいに考えているのですが、何か?

軽量小型がわらわら来る

このようにして、軽量小型の値動きを虎視眈々。

日々、当方、グイグイ来る銘柄を追い求めている、と言う訳であります。

軽量小型が来る場合には、わらわらと来るのであります。

例えば、低位株の銘柄群。

これらは意味もなく、釣られて上がって来る場合があります。

材料など、関係ありません。

と言うより、材料の確認に回っていては買い遅れてしまいます。

値動きを狙うとは、いわば軽薄な行為なのであります。

しかし、これだけは言っておきたい。

いささか軽薄だからと言って簡単な訳ではなく、リスクが無い訳でもない。

食らったら仕舞い。

朝っぱらからギャッと言う悲鳴が出る。

これを相場用語で、おはぎゃーの目覚め、と呼びます。

ペラペラの軽薄短小株には、その恐怖が常に付きまとうのであります。

本日もそうでした。

結果はデイなし・スイング勝ち。

思いのほか持ち株が上がってくれて値幅が取れました。

しかし、玉が小さく残念。

がっつり持っていれば満面の笑みだったのに。

ま、こんなもの。

どうもここのところ、ペラペラの株がグイグイ来る傾向にあるようです。

と言う訳で、ペラペラ狙いの買い持ち。

上がってお願い。