ストップ高張り付けを買う方法

この記事は約4分で読めます。

S高張り付きが買えれば、そこそこの安心感。

しかし、そこにいたる道のりはなかなかにして困難。

損切りあり、狼狽売りあり。

仮に思惑通り張り付いてくれたとしても、足元をさらわれる可能性あり。

一言で言えば、うかつに手を出せない方法。

使い古され尽くしたとも言える、リスク満載の手法。

それがS高張り付けを買う方法。

そう言っても過言ではないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

S高買いが有効だった時代

2003年~2004年頃の某匿名掲示板。

株に関するスレッドにおいては、ストップ高買いの有効性を言う者がいました。

そして、その手法によって億った、などと言うツワモノも。

嘘かホントか。

まことしやかに語られていた手法であります。

この手法が、果たして今では使い古され尽くし、優位性なしとなったとするならば、その理由は一体なぜなのでしょうか。

母集団の少なさ

当時、ストップ高を狙って買って行く者は、確かに今より少なかった、そう言えます。

そもそも、ネット証券が始まったばかりの時代。

ネットで株を発注する者自体の数が、今より少なかったのであります。

すなわち、競争率が低かった。

であるからして、ほんの少し他者より優位であるというだけで、利益が出しやすかったのかも知れません。

しかし、それだけではありません。

天井の低さ

当時の値幅制限は、今よりも低い場合が多かったと言えます。

2010年初頭、東証の新システム、アローヘッドが導入されたのを契機に、多くの価格帯において値幅制限が拡大されました。

それ以前は、今と比べてストップ高の制限、すなわち天井は低かった(場合が多かった)のであります。

このため、何かとS高に付く傾向にあっただろうことは推測できます。

すなわち、今と比べればS高銘柄、選び放題。

その上、いったん張り付いてしまうとエラいことになると言う恐怖感。

その感覚は今より強かったと思われます。

なぜなら、制限値幅の拡大措置と言うのがありませんでした。

連続ストップの記録

例えば、某銘柄のストップ高連続記録。

2009年、とある小型株がストップ高18日連続と言う記録を打ち出しました。

今であれば、連続ストップ高が2日続いた時点で、一定条件のもとに制限値幅の拡大措置が取られます。

これにより、ストップ張り付けが連続する機会は減っている筈です。

とっ捕まった空売り勢が逃げられなくなる、そんな恐怖は、今より昔のほうが強かったと想像できます。

ストップ値幅が狭い上に、連続ストップも起こりやすい。

これでは、空売り勢がヒヨったとしても不思議はありません。

さらに言いますと、PTSで逃げる方法も不可能でした。

PTSで逃げられなかった

日本でPTSが始まったのは2007年であり、それ以前は存在していませんでした。

このため、ストップ高で張り付いた銘柄を、PTS市場で売買することはできなかったのです。

すなわち、とっ捕まった空売りの主がPTS市場で逃げるのは不可能。

すなわち、現在のストップ高はかりそめ。

15時に逃げられなくともしばらく待てば、逃げられなくはないのであります。

翌日に大きなギャップアップを期待する筋としては、いささかつらいお話ではあります。

ストップ高狙いでやられた例

当方、ストップ高張り付け銘柄を買うことができ、ほっと一息。

にも関わらず、大引け前30秒で張り付きが崩れて大損。

そんな経験もあります。

今では、PTSで逃げられないのはストップ高を買った筋。

なんてことも、ないことはないのであります。

つまり、このストップ高狙いの方法、ラクではありませんよ、と。

そう言いたいのであります。

さて、そんなわけで本日もストップ高狙いの当方。

買っては崩れ、ストップ高ならず、損切りが連発。

したがいまして、本日のデイは負け。

スイングも負けて、机をへし折ってマウスをぶん投げ、モニターを破壊したい気持ちにならざるを得ない。

そんな心理的犠牲の上に、S高張り付き銘柄、やっとホールド。

さらに日経上昇の余波に乗り、主力株も買い持ち。

これで週明け相場が上がらなければ、踏んだり蹴ったりであります。