寄り天相場の対処法

この記事は約4分で読めます。

長らく寄り天で、こんがり焼かれてきました。

今も寄り天で揚げられています。

焦げるほどに。

すなわち、寄り天相場を上手く受け流す。

これが相場で勝つための一大事であります。

結論を言いましょう。

この寄り天相場への対処法、ベストの回答。

当方の考える限りにおいて、それは休むも相場。

相場が上がったのであれば休め、と。

実に面白みのない回答であります。

なぜそう考えるか。

以下まとめました。

スポンサーリンク

儲かった日に限ってやられる

当方、この儲かった日に限ってやられると言うのを、数限りなく体験しております。

儲かった日に限って、デイでやられる。

大きくやられてしまい、利益を思い切りすっ飛ばす。

不思議なことにガッツリ儲かった日に限って、デイで大負け、これが信じられないくらい多い。

理由は今一つはっきりしないのですが、事実、長きに渡ってそうであります。

当方が買い専だからなのか。

儲かった日のデイは、空売りをしたほうが良いのではないか。

そんなことを考えながら、大幅に削った利益が涙目に霞むのであります。

相場を休んでさえいれば、利益は温存できたのに。

利益の温存が全て

せっかく大儲けできたのに、それを削った上に、退場。

そんなことでさえ、相場では良くあるお話です。

名うての有名トレーダーが破産し、最後に自らの命を絶ったなんて話すら、この世界ではゴロゴロ転がっています。

すなわち、儲かったなら相場を休め。

これが何を隠そう、相場で生き残るコツなのであります。

なぜなら、誰しも偶然大きく儲かることはあります。

そして、その後が大事なのです。

自分が大きく儲かったと言うことは、同じように儲かった人達が大勢いる筈。

中には巨額の資金を運用するトレーダーもいるでしょう。

彼らがその莫大な資金を持って利益確定をしてきたり、複雑怪奇な取引を仕掛けて来る。

そう考えただけでも、ザラバでの値動きが難解極まりなくなる気がします。

彼らはその巨体ゆえ、簡単に相場を去ることは難しい。

そのため、普段とは違う規模の資金の出入りが発生するのかも知れません。

真相は不明。

ともかく、寄り天の日に大波に飲み込まれ、利益を失うことだけは避けねばならないのであります。

儲かった朝にはデイをしない

儲かった日の前場ではデイトレをしない。

これも当方の経験則によれば、有効。

あるいは、ワンショットを極小にする。

ともかく、せっかく得た利益を不意にすることだけは避ける必要があります。

本日、海運の主力株において、当方、思いがけない利益が出たものの。

この儲かった朝に、デイをしないと言う鉄則を完全に忘れておりました。

まず、一発目のデイで損切り。

悔しいので二発目、三発目と資金投入、三連続負け。

しかも三回目は玉を大きくしてしまいました。

大幅に利益を削ったところで、泣く泣くやっとデイ撤退。

大損をぶっこいてから、ようやく休むも相場へ。

遅すぎるっつーの。

休むも相場ができなければ

にしても、本日の海運株のギャップアップはなかなかのものでした。

デイで大負けを喫したにも関わらず、まだ利益が残っていますので。

ギャップアップに賭けた勇気もよろしゅーございました。

このように、利益とは、リスクを押してベットした、血と汗の結晶の上に成り立っているのであります。

そして、休むも相場が実践できない以上、さらなる血と汗をザラバに吸い取られてしまうのです。

相場とは、反省あるのみ。

スイングの利益は、数回のデイで簡単に失ってしまう。

すなわち、デイの利益よりスイングの利益を温存したほうが良いのではないか?

相場に向かえば向かうほど、そのような結論が見え隠れしてきます。

デイトレードの不安定性

デイトレで安定して勝てるのであれば、寄り天などと言う現象は関係ありません。

逆に言えば、寄り天でやられると言うことは、デイが安定して勝てないと言うこと。

特に相場が上がった日には、その傾向が顕著なのであります。

一回の利幅が小さいデイトレードにおいては、何より安定性が求められるにも関わらず。

一回の損切りでドカンとやられるデイトレ。

それを忘れてはいけないと思いました。

本日、デイ大負け、スイング勝ち。

持っていた海運が大幅ギャップアップ。

その利益を思い切り削って茫然自失。

いくらか利益は残っています。

しかし、いろいろあちこちクソ株を持ち越し、含み損。

S高を買えたのは良かったんですが。

まだまだ、相場克服には程遠い。

そんなわけで、涙の大引けです。