クソ株が買えない相場

この記事は約4分で読めます。

クソ株が買えない、そんな相場。

クソ株専門トレーダーにとっては、つらい状況であります。

なぜ買えないかと言えば、動きにメリハリがないからであります。

メリハリがないままに、じわじわ下げていく。

時間軸の短いトレーダーにとっては、これが一番やりにくい。

下げるのだから、空売りをかければ良い

これが難しいところであります。

売りたい銘柄に限って、売れない場合が多い。

その界隈の相場感想文は、以下となります。

スポンサーリンク

クソ株が買えない理由

マザーズ指数が安値を取る時

たいていの場合は、信じられないくらい下げるクソ株が出て来るものです。

そこを買って行く。

リバ狙いであります。

ところが、クソ株の銘柄群が微妙な下げにとどまる時、さすがのクソ株専門屋も手が出なくなるのであります。

何せ、じわじわ下げるばかりで、リバウンドがない。

微妙に短い陰線がダラダラと続いて行きます。

にも関わらず、マザーズ指数はしっかり下げている。

この相場、おかしくはありませんか?

マザーズ指数の難解性

マザーズ指数は、マザーズに上場する全銘柄の株価が反映されている指数です。

しかし、時価総額加重平均。

時価総額の大きい銘柄がマザーズ指数に寄与します。

それ以外の銘柄群、すなわち、きわめて軽量小型で、誰にも相手にされないようなクソ株の面々。

そんな銘柄は、どっちに動こうがあまり影響しないのであります。

これが意外にもマザーズ指数とクソ株の非連動性を生みます。

マザーズ指数が爆下げをしているのに、クソ株はそれほどではない。

こういうことは珍しいことではありますが、たまにあるのです。

値動きにキレがなく、がっつり下げないので、リバウンドも期待できない、そんな相場です。

では、どうすれば良いのか。

リバ狙いの難解性

相場が戻せば、リバウンドはやってきます。

当たり前のことです。

しかし、リバ狙いとは、相場が戻そうが戻すまいが、リバってくれなければやりにくいのであります。

仮に相場が下に行っても、多少の下げでとどまってくれる。

だからこそ、そこで逃げてもう一度トライできるのであります。

全てはガッツリ下げの有難いクソ株様のおかげなのであります。

ところが、じわじわと下げられたらどうでしょう。

とてもではないが、エイヤッと買うわけには行きません。

むしろ空売りしたくなってくるものであります。

空売りすれば、必ず取れそう。

間違いない。

さあ、空売ろう、そう思ったせつな。

クソ株の諸事情

そんなとき、クソ株にまつわる悲しい事情が登場します。

いろいろな理由をつけて、空売りができない場合が実に多いのであります。

そりゃそうだ。

空売りできれば儲かるのだから。

どこかの誰かがたっぷり空売りの玉を持っているに違いない。

売り禁、在庫切れ、その他。

理由はいろいろありますが、とにかくイケそうな銘柄に限って空売りができない。

売れないものは仕方がありません。

結局、やればやるほど空売りの機会は減り、買い専にならざるを得ない

これがクソ株にまつわる悲しい諸事情であります。

手出し無用の相場とは

しかるに、じわじわ下げるクソ株には、結局手が出せないことが多いのであります。

無理に手を出しても、やられるだけ。

しばらく待つのが無難であります。

相場はそのうち戻り始めるか、ドカンと大きく下げます。

どっちに行くかはわかりません。

ある程度、結果が出てから動き出すのがよろし。

いわば、じわじわ下げは、退屈な相場であります。

退屈なだけで済んでいれば、まだマシですが。

さて、本日の結果は、デイ負け、スイング負け。

スイングは寄りとともにぶん投げ。

思いのほか傷は小さく済んだのですが。

しかし、デイで取り返そうとしてやられました。

結局、ダブルで損。

マザーズ指数が異様に下げてきました。

にも関わらず、新興株の下げにキレがない。

何か、ガツンと下げない感じ。

読みにくい相場です。

市場の改変が影響しているのでしょうか。

今月マイ転。

相場が安くなり、チャンスはそこそこあるので、タイミングを待ちたいと思います。

アレなクソ株持ち越し。