複利30万円運用|幾何級数グラフで相場を切る男がとんでもない目に

この記事は約7分で読めます。

複利厨(ふくりちゅう)とは、複利効果を夢見て皮算用ばかりしている人を揶揄(やゆ)する語。

複利を夢見る中学生が語源。

確かに計算だけなら誰でもできます。

そう思って、株の短期売買での複利運用はあきらめていました。

しかし最近になってそのノリが復活。

デイトレの偽らざるデータを公開します。



短期投資では何かの間違いで億万長者になる人はいない?

短期的に株の運用を志す者にとって、急激な資産増大がなければ、たち変わって急激な資産縮小あるのみ。

実はこの現象、資金の大小に関わらず同じです。

急上昇する幾何級数グラフと、急降下するグラフ。

下に凸(したにトツ)のグラフとは資産急増。

上に凸(うえにトツ)のグラフは、世にも怖ろしい退場のグラフを意味します。

デイトレ複利運用の幾何級数グラフ

下に凸・上に凸の幾何級数グラフ
(右方向が時間経過、上方向が資産額を意味します。)

運用の結果、資産トントンで推移するのは、まだマシです。

と言うか、そのままずっとイケるなら優秀。

短期投資の実態は、これらのグラフを部分的に切り出し、上手くつなげていく作業。

資産トントンの推移とは、交互にこのグラフを連結させている状態。

微細にハサミで切り取りながら…。

これを複利厨用語で、“微分したグラフのつなぎ合わせ” と言います。

微分したグラフの連結(トントン系)

幾何級数グラフのつなぎ合わせ

これを続けていると、いつの間にか急激な下降グラフの波に引き込まれることがあります。

「さようなら、また来てね」の図

つなぎ合わせグラフの後、急落の図

なぜ急激な資産増加が偶然に起こらず、急激な資産減少ばかりが起こりやすいのでしょうか?

その理由は、手数料や金利、不慮のミス(人間の不注意)、その他マイナスのファクター。

初期条件として、様々な資産減少の要因、そのきっかけが当然のごとく含まれているからです。

その初期条件が、“損しろ圧力” となって参加者を襲うと言うシステム。

したがって、短期投資で意図的に資産急上昇の構図に持っていくためには、それらの影響下にあることを頭に入れ、より強力な“トレード連勝体制” に持ち込む必要があります。

デイトレード30万円運用【実際の記録】

以下は時系列に並べた日ごとの収支です。

0の日は、ほとんどがスルーした日(トレードの見送りをした日)。

▼マークはドカンとやられた日です。

(単位は万円。)

2019年1月【日次】営業日ベース

+0.7
-0.8
+0.4
0
+0.6
+0.1
+1.4
-0.4
-6.1
+1.2
+0.8
-8.3
0 (この日から同じやり方でトレード)
0
+0.2
+0.2
+0.2
+0.2

(合計)-9.4

2019年2月【日次】営業日ベース

+0.1
0
+0.8
0
+0.1
+0.3
+0.5
0
+1.1
0
0
+0.3
-0.3
0
0.4
+0.2
+0.1
+0.3 (ここでロット増を意識)
-3.8

(合計)+0.1

2019年3月【日次】営業日ベース

0
+0.8
+0.5
0
+0.4
+0.7
0
-0.8
+0.3
+0.6
+0.8
+1.6
+0.3
+1.6
+1.5
-10.2
0
+0.3
+1.4
-1.4

(合計)-1.1

損切り一発、全てがパー

月にたった一度の厚めの損切り。

それで全てを吐き出します。

ロット(ワンショットの金額)を増やして行く中ですので、やむを得ないと言えばそうとも言えます。

(信用二階建ても時折りあり。)

せめてこの“ドカン損切り” を上手く降りるか、月間全勝体制に持ち込まない限り、事態は厳しいです。

あるいは、たまにドカンと勝つか…。

トータル試行回数の中のリスク要因

3カ月間で抽出したインのタイミングは245回。

ざっくり3カ月を60営業日として割ると、1日当たり4回。

これは実感に近いです。

ところが、エクセル等にまとめたデータを集計。

この回数をさらに絞り込まねばマズイとの結果が出てきました。

おおむね245回のうち80回分はパスしろと。

その80回が大きくやられる可能性のあるタイミング。

実際に“やられた” のは、指折り数える回数しかありませんが…。

この80回分をパスしても160回以上は残りますので、トレード回数としては十分。

皮算用、恐縮です。


広告

複利厨御用達【複利計算表】

増加率10%増加率30%
11.1001.300
21.2101.690
31.3312.197
41.4642.856
51.6103.712
61.7714.826
71.9486.274
82.1438.157
92.35710.604
102.59313.785

左端の縦列、1、2、3…は、試行回数です。

増加率30パーセントを10回繰り返すと、計算上、資金は13.785倍になります。

資金増加率30パーセント、マジ?

-10.2の大損日(3月末)の直前においては、2カ月ほどで30万資金に対し10万円弱の資金増加。

その資金増加率は

10÷30=0.333…

およそ30パーセントです。

ひと月15%ペース。

これが継続できれば、資金はあっと言う間に増えます。

(涙をふきながら書いていますが…。)

幾何級数とは何?

幾何級数とは、高校で習う等比数列に同じ。

冒頭のグラフがそれ。

等比数列のグラフの増加率は、右方向へ行けば行くほど増加率が高まります。

(下に凸のグラフ。)

これが急上昇、複利爆発の状態です。

これを複利厨用語で、“微分係数が脱出速度を得る” と言います。

微分係数とは、単に“傾き” をまどろっこしく表現した言い方。

傾きを急上昇させ、大気圏外に脱出する夢物語。

微分係数の脱出速度獲得

幾何級数グラフの傾き

脱出速度とは、物体が引力を打ち破り、宇宙空間に解き放たれるための速度です。

たとえ資金30万円と言えども、利益分を再投資しつつ、一定の増加率をキープすること。

これが第一歩。

それさえ実現できれば、思いのほか急速に資金は増える筈。

(ハズかよ!)

直近の2カ月では、その一歩手前まで実現できていたような…。

(あぶら汗…。)

複利厨、脱出速度への軌跡

理屈の上から言えば、利益再投資のデイトレ全勝で、1年で資金は10倍。

30万暴威、夢の300万暴威へ。

しかもそれを続ければさらに…。

複利厨の夢は果てしなく続きます。

その実現はトレードが上手いか下手か、それが全て。

幾何級数グラフを一生懸命ハサミで切り取り、巧みにつなげて行くしかありません。

まことに悩ましい短期投資の日々が続きます。

注目記事

株初心者がデイトレーダーに1日でなるコツ5選|とんでもないぞコレは

サラリーマンが株をやる時の注意|行きつく先が2択だったら恐すぎる

サラリーマンの株手法|トイレーダーの発注方法|これやっちゃダメ!

5のつく日にお得なキャンペーンを実施している企業・店舗10選まとめ

フィボナッチリトレースメントと黄金比で株取引のドヤ顔5つのヒント


広告

3月27日のトレード結果

デイトレードの回数は3回。

1回は同値降り。

実力通りの結果。

この調子で行くしかないようです。

【デイトレード売買銘柄】
(買建)3935エディア、6779日本電波工業、4437gooddaysホールディングス
(売建)なし

デイトレード新規建売買代金(買建)概算80万円
デイトレード新規建売買代金(売建)なし
デイトレード損益+0.4万円
スイングトレード損益±0
本日のトータル結果+0.4万円
今月の損益-2.0万円
持越ポジション(新規買建)なし
持越ポジション(新規売建)なし
含み益なし
225オプションなし

広告