スルースキルでデイトレ生き残りをかける3つの理由|そろそろたのむ

この記事は約4分で読めます。

スルースキルと言うと、現実を上手く受け流す術。

難しい局面に首を突っ込み過ぎると、糸がこんがらがる場合もあります。

それは株の短期売買でも同じ。

デイトレード生き残りの術として、トレードを見送る私のやり方をご紹介します。

スルーすればするほど、効率的な売買が可能かも…?

スポンサーリンク

【結論】利益が出ない銘柄をスルー(見送り)する

普通にやればデイトレードは負けます。

あるいは、やっているうちに確実に負けがこんできます。

ですから、負ける銘柄をスルーするスキル。

それがデイトレで重要なポイントの1つ。

スルースキルがデイトレ生き残りを左右する、最近ではそういう結論に達しつつあります。

世の中の渡り方と似ているかも知れません。

1.デイトレード(買い)失敗例の研究

デイトレードにおいて買いから入る場合、上手く行かないパターン。

私の場合、ある程度決まっています。

超短期売買ですから、広い値幅は望んでいません。

「目標の株価に達したらすぐに売ろう。」

それがほとんどのデイトレーダーの考えていることでしょう。

ところが、目標価格に達しそうになりながらも、じわじわと下に落ちて来る銘柄の多いこと。

そうなると、もはや利益確定すると言うより、どこで損切りをするかの問題に…。

損切りし易いパターン

損切りし易いパターンの分足

損切りし易い分足はこのような形状。

いったん下がるものの、しっかりと戻りを見せてくれ、しかも何度も買値近くまで戻ってきてくれます。

この図ですと4回戻っていますので、少なくとも4回は損切りするか否かの判断ができる訳です。

ところが、このような“良心的な” 分足チャートは、あまり多くはありません。

それが損切りの難しさです。

スポンサーリンク

損切りの難しいパターン

損切りが難しいパターンの分足

このような分足は、もっとも損切りが難しい分足です。

戻るかと思いきや戻りません。

迷いを誘う上下動がありながら、結局だらだらと下がります。

しかも、下に行けば行くほど、出来高はスカスカに…。

(点線の部分。)

点線の部分は出来高がないことを意味しています。

板も薄すぎ、もし自分が損切りをしたら、自分の売りでさらに下で約定してしまう可能性も…。

空売りすれば良いのでは?

含み損を抱えてから、新たに空売りを追加する方法。

これにトライしたこともあります。

しかし、続けて新たなトレードに入ることになり、勝敗が決するまでの時間が長くなります。

「損切りの引き延ばしと大差ないのでは…?」

そう考えて、そのようなやり方は避けるようになりました。

2.デイトレに適性のある銘柄とは

結局のところ、なぜこのような損切りの難しい分足チャートばかりなのでしょうか。

それを考え続けて出た結論。

当たり前ですが、自分が買いを入れた後に他の買いが入らないと言うこと。

買いが入ったとしても、量が少なすぎる訳です。

買いの量、つまりボリューム。

買いのボリューム(出来高)が入る銘柄とは

理由は良くわかりません。

とにかくポンポンと買いが入る銘柄があります。

そのような場合、ほとんどは上手く利益確定できますし、損切りとなっても買値近くで降りることができます。

そういう銘柄を予め察知するのは難しいです。

銘柄のせいだけではなく、インのタイミングにも依存します。

スポンサーリンク

ボリューム(出来高)の大きい銘柄ならOK?

出来高の大きい銘柄にインすれば良いかと言うと、必ずしもそうとは限りません。

出来高が大きい銘柄では、板が厚く、板同士も詰まっている場合が多いです。

そうすると、いくら買いが入ろうとも膠着するような値動きになります。

長い行列の最後尾にならぶ形になって、なかなか先頭にたどりつけません。

結局、利益確定できないまま待っていると、そのうち株価が下がり始めます。

3.スルーしまくりで効率を上げる

デイトレードし易かった銘柄を逐一ピックアップしていき、データを保存。

これは生き残りに必須の作業。

そこから何を読み取るか?

これが株の短期売買成功の鍵です。

「デイトレーダーは、思いのほかスルーが多いのかも知れない。」

最近では、その思いが強くなりつつあります。

果たしてその答えが正しいのかどうか、いずれ判明することでしょう。

3月28日のトレード結果

直近3カ月のデータを集計した結果、インのポイントを3分の2程度まで絞り込むことに…。

今までなら必ずインしていたデイトレの機会。

本日は結構見送りました。

これで大負けの回数が減るならOK。

減る筈です。

(まーた、“はず” かよ!)

【デイトレード売買銘柄】
(買建)4588オンコリスバイオ、6177AppBank
(売建)なし

デイトレード新規建売買代金(買建)概算140万円
デイトレード新規建売買代金(売建)なし
デイトレード損益+1.3万円
スイングトレード損益なし
本日のトータル結果+1.3万円
今月の損益-0.8万円
持越ポジション(新規買建)1銘柄(新興株)
持越ポジション(新規売建)なし
含み益+0.1万円
225オプションなし