株の聖杯|デイトレ一日5000円!株退場から必勝法への遥かなる旅路

急騰する1分足チャートの拡大イメージ図

株の聖杯とは、自分独自の必勝法を指します。

聖杯を皆が持っている等と言うことは有り得ません。

株で勝ち続け、退場しないための“コロンブスの卵” とは何か?

ローリスク投資法で毎日5000円の利益を稼ぎ続ける、それがデイトレーダー成功への第一歩です。



株の聖杯は「強い」「弱い」の判定から

個別株で「強い」「弱い」と言う用語を安易に使う傾向がありますが、明確に判断を下すにはどうすれば良いでしょうか。

何かと比較して「強い」「弱い」と言うのは、比較対象が変われば成り立ちません。

「強い」銘柄よりさらに強いものが現れれば、相対的に「強くはない」と言うことになります。

あくまで相対的かつ、一時的な指標である訳です。

トレードに関する強弱判定の方法は、自分で決めてトレードに生かす必要があります。

自分で決めるまでもなく、テクニカル指標の数値を使って判断しても問題はありません。

ただし、その判定方法が多くの人と同じである場合、大勢が同じ判断を下すことになりますので、同じポイントで同じ銘柄に買いを入れることにもなり兼ねませんが…。

それは、果たして勝ちに近づいていることになるでしょうか。

デイトレで一日5000円を稼ぎ出すための強弱判定

「強い」銘柄だけを売買していれば、大きく損をすることは“多少は” 少なくなります。

“多少” と言うのは、どんなに強い銘柄でも上で買って下で売れば損をすることになりますので、絶対はあり得ません。

そして、短期トレードにおいては10分おき、あるいは数分おきにこれらの判定を更新していく必要があります。

「強さ」の判定に時間や手間が掛かるようでは、実用的ではありません。

そのような「強さ」についてのルール及び判定条件は、日常的に活用できるようにする必要がある訳です。

「強さ」の判定に限らず、トレードをする上での手順については、①ある条件のもとで、②ある事象を満たす、この2点を決め、その判定を繰り返すことによって結論を出す必要があるのかも知れません。

それらの手順を脳内ブラックボックスの直観的作業に頼っている、いわゆる「天才」は存在するのかも知れませんが、なかなか真似できるものではありません。

株、退場への道:気づいたら聖杯が鉛のさかずきに

勝つための手法は、ほとんど誰も手にしていないような「聖杯」である必要があります。

そうでなければ、勝ち続けられない可能性が高いです。

そして、その「聖杯」は、意外と身近なところに転がっており、多くの人が見過ごしているようなことです。

だからこそ発見できない訳です。

聖杯は、多くに人が手にすると、いつのまにか「銀の杯」から「銅の杯」に変化し、気づいたら普通のコップに格落ちしている可能性すらあります。

これはちょっと恐いことです。

時間経過による陳腐化。

株関連の書籍・雑誌に「聖杯」の詳述が一切書いておらず、書いてあったとしても心構え的な事柄にとどまっているのは、そのあたりの「タイム・ディケイ」的な性質によるものなのかも知れません。

聖杯はどこにあるか?

運の良い人、あるいは、トレード能力の高い人なら、これらの探求に時間は掛からない筈ですが、実際には能力が高いからと言って、必ずしも結果を出せると保証はできません。

それは、書籍に書かれている内容を理解し活用する能力とは別の能力が求められるからです。

「目の付け所」が大切で、補助的に確率や統計の能力が必要な程度。

その補助的知識も義務教育~高校1年程度の算術レベル。

コンピューターで力技で探しても見つかるとは限りません。

所詮が「目の付け所」に過ぎないからです。

計算なんてほとんどいらないかも知れませんし…。

AIが探す新しいコロンブスの卵

新しい「コロンブスの卵」を近い将来、AIが発見できるのでしょうか。

誰も気づいていない、卵を立てる方法。

卵を茹でて殻の一部を一定程度、微小に破壊、球体曲面の一部に平らな箇所を作り、安定性を持たせて立たせる。

いくつかの要素を組み合わせてストーリーを作る必要があります。

筋書を作った上でそれが上手く現実に合致し、思いもよらぬ効果を発揮すると言うことです。


広告

デイトレード夢物語“必勝法” はあり得るか?

一つ一つの手順は単純でありふれたものですが、それらの組み合わせによって予想外の結果が生まれます。

パーツとパーツの組み合わせを総当たり・しらみつぶしに調べていくのであれば、人間よりコンピューターのほうが得意である可能性もあります。

コロンブスの卵を自分で発見する?

「そんなの無理だよ~」と私も当初は思っていました。

でも、それができると、年間数パーセントの利益を継続して出すことはさほど難しいことではなくなり、それはつまり「億れる」と言うことになるのではないでしょうか。

せめて劣化しないゴールドやプラチナのさかずきを、是非とも手に入れたいものです。
デイトレ必勝法?負けの教訓から手法改善!売買手順に注意し薄利を積む

株必勝法?デイトレ手法改善!負け教訓から売買手順に注意し薄利を積む

在宅副業?株価チャートを見ずに板だけでデイトレード12営業日目


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 激しい値動きと単純なローソク足

    株の変動はなぜ起こる?値動きの不条理への2つの対抗策に効果あり?

  2. 波間で溺れる人の図

    株で儲かる人儲からない人のまとめ|9割退場残り1割が儲ける理由

  3. デイトレードと言う名の砂漠

    日経平均株価予想|素直に日本経済についていくのが得策?短期売買克服法

  4. 値動きがないまま下げる値動き

    デイトレしやすい分足の研究|私の超短期売買|これで文無しになりました

  5. 下ひげ陽線の図

    株の下ひげ陽線とは?底値か高値圏か?株5つの注意点|ローソク足勉強法

  6. 経験則をどう身に付けるか

    100株いくら?安い株を買う分散投資の基本5選【ヤバい裏技あり】

  7. 価格上昇の不確実性

    株の失敗を取り返す2つの対策|リアルな退場脱出法|何これヤバイ!

  8. 秋相場のアノマリー

    土日に株の何を調べるか|私のトレード研究法|これで涙をふきました

  9. 損切りが難しいパターンの分足

    スルースキルがデイトレ生き残りを左右する3つの理由|これマジかよ?

  10. 買いで値が上がり売りで値が下がる図

    デイトレードのコツはエントロピー?短期筋0?駆逐で狙う5つの要点

  11. デイトレーダーが望む上下動を繰り返す値動き

    株の短期売買のコツ|値動きをめぐる5つの探求|私には無理でした

  12. 歩み値データの例

    歩み値の見方と分足チャート復元2つの鍵!過去データ活用法がヤバい

  13. フィルターを設定したエクセルの表

    エクセルのフィルターでトレードルールを探す方法|分析はこれが便利

  14. 値動きとローソク足の比較図

    株ツールのランキング|15年前の情報を調べたらエラい事に気づいた

  15. X1から等距離の2点を決める

    両建てで稼ぐ株の手法?うねり取り戦略“買2売1”テクニックで儲かる?

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. 価格上昇の不確実性

    2019年7月第3週|日々のトレード結果|日常茶飯事誤発注で血の気引く

  2. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    東京の公営ジム139選|一覧表で3分決定 格安トレーニングスポット

  3. デイトレーダーが望む上下動を繰り返す値動き

    2019年7月第2週|日々のトレード結果|有限利確と無限損切りの戦い

  4. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年7月第1週|日々のトレード結果|ワンショット増量にかける男

  5. 某新興株の3営業日連続ストップ安の日足チャート

    ストップ安 致命傷さける為の2つの方法|2019年6月月間損益結果

  6. テンキーの文字配列

    2019年6月第5週|日々のトレード結果|月末ふっ飛ばしたら退場マジ?

  7. 前日のローソク足とピボット値

    株の値動きを分析する方法|私の3つの考え方|これで丸裸になりま…

  8. 値動きがないまま下げる値動き

    デイトレしやすい分足の研究|私の超短期売買|これで文無しになり…

  9. 2019年6月第4週|日々のトレード結果|スタートからドボンする男

  10. 孤独に傘をさす男のシルエット画像

    2019年6月第3週|日々のトレード結果|雨の中相場の幸運を待つ男

広告
広告